古谷経衡(著述家)




 今日は竹島の日(2月22日)だ。そういえば、2012年秋に、私は韓国に不法占領されている竹島に上陸した。

 遺憾ながら、この上陸ルートは韓国に渡航してから鬱陵島まで行き、そこから民間の定期観光船を使う、というものだった。

 当然、パスポートを使って上陸するわけだから、韓国の主権を認めたもの、と取らえかねない行為だ。ともあれ、現状、民間人が竹島に上陸する方法は、韓国経由でしか存在していない。かなり悩んだ。結果、フォト・ジャーナリストの山本皓一氏や、コラムニストの勝谷誠彦氏が同じ方法で竹島に上陸しているという事実に思い至り、「赤信号・皆で渡れば~」の精神で自分を納得させたのだ。

 そうまでして、私が竹島に上陸したいと思ったのは、基本、私の人生観というか、言論方針は「実証主義」を採っているからである。竹島や、韓国のことを語るのならば、最低一回は、その地に足を運んでみるのが当然だ。

 例えば韓国の経済や政治を「けしからん」という論調で批評する評論家の中には、驚いたことに一度も韓国に行ったことがないまま、机上のデータを構成している人々も少なくはない。私は、基本そのような言論姿勢は「嘘」だと思っている。どう頑張っても到達不可能な地球外の天体や、事実上到達が難しい南極やアフリカの僻地などを除いて、基本的に外国に関する評論をやるなら、実際に行ってみないことには本当ではない。

 私は韓国による竹島の不法占領を非難し、これを継続する韓国政府の方針にもけしからん、と強く憤っている。だからこそ、それを非難するためには、実際に竹島に行ってみる必要がある。そう、思ったのである。

 とはいうものの、「竹島に行く方法」は、どの観光ガイドブックにも掲載されていない。竹島に上陸したい、と決断したは良いが、実際の方法に関しては全くのゼロ・手探り状態からスタートした。日本で調べられる範囲でわかったことは、まず鬱陵島への渡航が絶対条件とのこと。日本海に浮かぶ韓国の島・鬱陵島から竹島への定期観光船が出ている、という情報を得た。

 尤も、ソウルの観光ツアーで「竹島(独島)観光ツアー」というのが、パックで出ているという話も聞いた。くだんの勝谷氏は、このパックツアーで上陸したという情報も掴んだ。しかし、既に2010年前後から、日本人の応募を拒否している、という情報もあった。実際、鬱陵島まで行かなければ、全く分からない状況だった。
 そこで私は、まず韓国東部の浦項市(ポハン)まで行き、そこからフェリーで鬱陵島に向かった。鬱陵島には空港がなく、移動は全てフェリーに頼らなければならない。ここでまず第一の関門。浦項市から出航する際、現地の警察に入念に尋問された。尋問といえば大げさだが、「鬱陵島に渡航する目的」を入念にチェックされたのである。当然、竹島問題が念頭にある。私は、「アマチュアカメラマン」と適当に方便し、審査をパスした。しかし、警察に私の人相がすっかりファイリングされ、鬱陵島の警察分署にFAX送信されたので、「これは無理かな」と、この段階で竹島上陸には暗雲が立ち込めた。