政治家たちは国の発展や幸福を何も考えていない

 

 織田信長の最後の居城「安土城」は、天正10(1582)年、家臣の明智光秀の謀反により、信長が京都・本能寺に没すると、13日後に原因不明の火災で炎上し灰燼(かいじん)に帰した。豪華を極め、絢爛(けんらん)と輝いていた天主(安土城のみが天守のことを天主と呼ぶ)は、わずか3年の命運であった。

 安土城天主は、それ以前の軍事的役割は減少し、信長の権勢と「天下布武(ふぶ)」の象徴としての壮大な建築物であった。近世城郭における権威の象徴としての天守は、安土城によって確立されたと言ってもいいだろう。

安土城天主に続いていた大手道
 実際、天主は不等辺八角形の天主台に、5層6階、地下1階、高さは石垣上32・5㍍、本丸から46㍍という巨大なもの。琵琶湖の湖面から計算すると、天主頂上部分までの高さは「霞が関ビル」(147㍍)に匹敵するものであった。

 安土山は高い山ではないが、近江一円を見渡すことができた。東海・北陸と京都を結ぶ要地であり、北・東・西の三方を琵琶湖に囲まれた要害の地でもあった。

 要害の地に山城を築く発想自体は、戦国大名であれば誰もが考えることではあるが、安土城の縄張は信長の画期的な発想が盛り込まれている。

 当時の城は、外敵が攻めてきたときに守りやすいように、何重にも道をくねくねさせるのが常識だったが、信長は天主へと続く一番重要な道を真っすぐにつくった。信長の心意気は、武田信玄や上杉謙信のように「領国だけを守る城」ではなく、「天下を治め統一する城」をイメージしたためといわれている。

 安土の城下には斬新な政策が次々と実行され、「楽市楽座」や「関所の撤廃」などで経済都市として繁栄し、家臣たちが在所を離れて城下に住むことで、兵農分離が進んだ。

 信長は、戦国乱世に暮らす人々に、天下統一による平和で安寧な時代の到来と織田政権の力を、安土城築城によって知らしめたかったに違いない。

 【所在地】滋賀県近江八幡市安土町下豊浦
 【城地の種類】山城
 【交通アクセス】JR東海道本線(琵琶湖線)「安土駅」から徒歩約20分。


 はまぐち・かずひさ 1968年、熊本県生まれ。防衛大学校卒業。陸上自衛隊、舛添政治経済研究所、栃木市首席政策監などを経て、現在、拓殖大学客員教授、国際地政学研究所研究員。日本の城郭についての論文多数。