戦国乱世の革命児とのイメージが定着した織田信長だが、最新の研究ではこうした「破壊者」としての人物像を否定する学説に注目が集まっている。信長、豊臣秀吉、徳川家康の三英傑に仕えた戦国武将、仙石秀久の生涯を描いた人気漫画「センゴク」シリーズの著者、宮下英樹氏に自身が思う「真実」の信長像を大いに語ってもらった。


 若手研究者として注目を集める金子(拓・東大史料編纂所准教授)先生の、「革新的なイメージの強い信長が、実は保守的だった」とする説は説得力があると思います。ちょっとニュアンスが難しいんですけど、例えば、スティーブ・ジョブズってあれだけ有名なのに、でも特に新しい発明してないじゃんみたいな。実は彼の凄さはもっと違うところにあって、信長についても同じことが言えるのかなと思う。そういう意味で凄さや新しさのニュアンスっていうのが難しくなってきたと思ってます。

 昔は誰かが何かを為せば、全部が全部、新しいことをしてきたような受け止め方になっていたけど、最近はそんな新しいことしてないって否定的な見方も当たり前になってきた。でも、本当の新しさって、そこでもないっていうか、信長に関して言えば、彼がやりたかったことは、領土を拡大することだから、それ以外は政治的に何か新しいことをしないといけないわけでもなかったはずなんです。それを無視して、信長は大したことないっていうのはやっぱり違うと思う。

宮下英樹氏=東京都文京区の講談社(瀧誠四郎撮影)
 僕が描きたいのは、とにかく彼の苦労人の一面っていうか、もっと端的に言えば失敗がむちゃくちゃ多くて、失敗の連続の中で生き抜いた事実なんです。「信長公記」に書かれている信長の姿は、野営の中で鎧とか兜を枕にして寝るとか、ハンニバルのアルプス越えの苦労じゃないけど、部下のみんなに苦労しているところを見せてるところ。ルイス・フロイスも書いているように、誰よりも遅く寝て早く起きるみたいな。人一倍苦労しているからこそ、強権的なところも許されているってイメージが強いですね。

 でも僕の漫画で描く信長は、苦労人というよりは破壊者っぽいですよね。実情として考えているのは、彼が分かった上で壊してるのか、木曽義仲みたいにただ闇雲に壊してるのかということです。足利義昭(室町幕府15代将軍)の追放のやり方一つをみても、田舎者が暴れて壊すというより、かなり慎重にやっているな、という感じがします。当時の書状や記録などを読んだんですが、実際はかなり慎重に宣伝しながら、時期を見計らってまさにこの瞬間というタイミングで義昭を追放している。信長という人物を考えたとき、壊すものと残すものの取捨選択が特にうまいっていう印象もありますね。


いきなりメジャーを目指さなかった慎重さ


 金子先生が最近提唱した学説では、信長が足利義昭を奉じた目的は、京都を中心とした畿内の秩序維持であり、将軍をサポートして自分が政を執り行うという意味だったそうです。言い換えれば、信長の目指した天下とは日の本の統一ではなく、畿内制圧だったという見方ですよね。これは難しい解釈なんですけど、やっぱり僕も金子先生の言う通り、信長が義昭を奉じた時点では、全国の大名に向けて日の本を統一する宣言をしようなんて考えてなかったと思います。当時の状況を考えれば、信長がそれを宣言した瞬間、全国の大名を敵に回してしまうことになる。信長はそんなつもりではなく、やっぱり「将軍家をサポートしますよ」という宣伝が大きな目的だったのかなと思う。義昭を奉じて以降は、少しずつ周囲を観察しながら「あっ、こいつも大したことないな」「京って言ってもまあ大したことないな」って肌で感じるようになり、少しずつ野心が大きくなっていったのだと思う。

 東大史料編纂所の金子拓准教授は著書「織田信長 <天下人>の実像」で信長が早くから天下統一を意識していたという見方を否定。愛用していた「天下布武」印も天下取りの宣言ではなく、室町幕府・足利将軍家を助けて京を中心とした畿内統治への意志を示したものだという新たな信長像を提示している。


宮下英樹氏=東京都文京区の講談社
 当時は、京都で数年間過ごして、それを維持できただけでも、過去にあまりないことだった。その時点で自分の能力にある程度の確信はできたのかなって感じですね。ちょっと単純かもしれないけど、僕はこの時代に生きた人をプロ野球選手みたいに考えているんです。例えば、高校で通用したら、次はプロでもやれて、さらにその上のメジャーへ行くみたいな。信長も最初からメジャーを目指すぐらいの気概がうっすらあったとは思うんですけど、それは自分の成長とともに段階を踏まないといけないし、誰だっていきなりは通用しないことも知っていた。

 ましてや、京都のしきたりだって分かんないと壊しようもない。だからまずは京都のスタッフというか、松永弾正(久秀)とか、ああいう畿内の事情に精通した人物を集めて使ったというのは、信長が慎重にやっている表れでもある。比叡山の焼き討ちの時だって、ちゃんと周囲に相談して意見を聞いたりとか、一応念入りに下調べした上で実行した。彼の内面にはその慎重さと、いつかぶっ壊してやるという破壊的な部分がいつも同居している。すごく曖昧な見方になっちゃいますけど、自分が描いているよりはもっと理知的にやってる気がしますね。

 ところが、ある時点までは慎重にやっていながら、突然急にキレてしまうことがあるんですよね。しかも感情的に。その時には、いろんな事が一気に進んでしまう。でも、彼は下調べした上でキレるから、一気に物事が進んでもそこまで大きな問題にはならない。何かを壊したときの反発が、いつも想像の範囲内で済むっていう感じなんです。もちろん、キレすぎて、「あっ、ちょっとやりすぎかも」っていう時も、たぶんあったと思いますけどね(笑)。