センゴクに込めた想い


 本能寺の変で信長が横死し、政権が改変しました。これは言い換えれば、前政権に問題があったという意味でもある。前政権のやり方に問題があったのだから、それを改変するのが次の政権の役割ですよね。だからこそ、信長の次の政権を担当した秀吉は、何よりもまず信長の経済政策は危なかっしいと思ったはずなんです。後に政権交代した徳川家康も、秀吉のやり方とは違うことをやりました。これは山本七平さんの受け売りなんですけど、秀吉と家康の違いって、実は家康の方が官僚機構をちゃんとつくっていて、秀吉は「五大老五奉行」っていうのをつくったのに結果的にうまくいかなった。

織田家の新たな政略を信長に上申すべく、帷幄で謀る羽柴秀吉、石田三成、黒田官兵衛ら=「センゴク一統記」2巻(C)宮下英樹/講談社
 本来であれば、政治的には五奉行の権力を大きくすべきなのに、実際は五大老の権力の方が大きかった。でも、それをやったのが家康じゃないですか。自分が中心となり五奉行を抑えつけたのに、政権を担うことになった途端、家康は武断派を外してむしろ官僚機構を制度化した。その一方で藩ごとに政治を任せたり、ある程度は藩の中で自由に統制できる余地も残した。

 そうやって考えると、秀吉の統治のやり方は家康とは真逆で、各藩を統制しすぎたことに加え、武断派を外せなかったっていうのが禍根として残ったんだと思う。政治的にはそういう部分で秀吉の限界がきっとあったんです。

 それと、やっぱり百姓から天下統一まで成し遂げた人だから、どこか虚無的になっちゃうんだろうなあと。これは単純な見方なのかもしれないけど、プロ野球選手が日本でトップになってしまうと、「もうメジャーに行くしかない」みたいな。もちろん、秀吉には信長への憧れもあったでしょうし、信長が日の本統一後に夢見た征明も多少なりとは影響を与えていたと思います。

 武士というのはすごく不器用な生き方しかできないから、一度戦いを始めたら、すぐには止められないなんてこともよくあったそうです。信長にしろ、秀吉にしろ、どこかにそんな生き急ぐみたいな気持ちがあったと思う。僕の漫画の主人公である仙石秀久にはむしろ、そんな感じを出していきたいんですよね。
「センゴク」シリーズの主人公、仙石秀久(C)宮下英樹/講談社

 彼は一般的にはあまり知られていない存在でしたが、すごく描き甲斐があるんです。善悪の尺度がよく分かんない時代でしたから、敵には嫌われていても、味方には慕われているということがよくあります。仙石自身にしても長宗我部家とか、島津家に嫌われて、信長になぜか好かれていたとか。まあ秀吉にも好かれていたし、徳川秀忠(江戸幕府2代将軍)にも好かれていましたしね。

 半面、(ルイス・)フロイスには、ぼろくそ書かれてますよね。だけど、仙石が「悪」でフロイスが「善」であるかって一概には言えませんよね。フロイスだって、当時は日本の占領計画を密かに進めていたり、布教のために寺社をぶっ壊したりとかしてるんで。見方を変えれば、すぐに善悪が正反対になる仙石秀久というキャラは、どっちの顔も描くことができるから、描き甲斐があるんですよね。

 もちろん、彼の人生そのものもおもしろいですよね。連載を始めた動機で言うと、それが一番大きいですね。復活劇というか、彼の場合は他の復活劇とはちょっと違う。大失敗してから呼ばれてないのに自分から戦場に行って、自分で武功を挙げて復活するんです。それは他の武将にないんですよね。立花宗茂みたいに自分から浪人になってその才能がもったいないって大名に召し抱えられる人もいますけど、仙石の場合はそういうのではなくて、呼ばれてもないのに自分で機会を求めていく。まあ、昔の仲間とかが集まっては来るんですけど、美濃時代の仲間が集まって復活するっていう、そういう人柄もちょっと好きですね。


自分にも重なる部分


 実を言うと、連載当初の僕はほんとにゲームぐらいの歴史の知識しかなくて。知識がないところから始めているから、より分かりやすく描こうってことだけ気を付けています。自分が面白いと思っていた人物はどんどん分かりやすく描くっていう風に。いまさらですけど「独眼竜政宗」って、こんなに面白いのがあるんだってぐらい疎いっちゃ疎くて。歴史の知識がない分、現代にある問題と照らし合わせたりして、人間の感情とか、知性のもつれみたいなものを想像するしかないんです。でも今となれば、それが逆に武器になっているのかなとも思っています。

 歴史というのは、当事者性というか、どうしても結果だけをみて後知恵で語ることがあるじゃないですか。信長について言えば、後世の人は信長がすべて見通してやったっていうふうに見るけど、実はそうじゃない。その当時の葛藤とか苦悩とか、人知れず苦労してようやく解決策を見つけ出してきたはずなんです。

 なぜこんな戦が起こり、この戦に勝つために大将はどう悩んでどう対処したか。もっと別の視点で言えば、戦を未然に防ぐ策はなかったのかとか。現代にもつながる教訓にしたいんですよね。できれば読者には一つのイベントごとに、どうやればこの戦を未然に防ぐことができたのか、まで想像を膨らませてほしいですよね。

 仙石秀久っていう人物は、特別な才能に恵まれた人物じゃありません。自分の才能を発揮する場所を選べるような立場にはなかったと思うんです。当時、才能のない国人たちはもうどっちが生存の可能性が高いかで選ぶしかなくって、でも選んだ先によっては滅びてしまうことが当たり前だった。もちろん、武士の美学みたいな発想で奉公先を選んだ人もいたでしょうけど、仙石の場合は選んだからにはそこで突っ走るっていう考え方だったと思うんです。
宮下英樹氏=東京都文京区の講談社
 自分がここと決めたからには、ここで突っ走る。才能がなくて失敗してもいつか必ず取り返してみせる。そんな精神の持ち主というか、境遇というか、なんとなく自分にも重なるところがあるんですよね。(聞き手 iRONNA編集部、白岩賢太/川畑希望/溝川好男)

宮下英樹(みやした・ひでき) 昭和51年、石川県七尾市生まれ。富山大工学部中退後、3年間のアシスタント生活を経て、平成13年にちばてつや大賞を受賞した「春の手紙」でデビュー。センゴクシリーズのほか、今川義元が主人公の「センゴク外伝 桶狭間戦記」などの作品がある。