昨年5月、ある女性アーティストが世界的に有名なフランスのオルセー美術館で女性器を露出するパフォーマンスを行い、世界のメディアが大々的に報道した。

 世界を驚かせたアーティストの名は、デボラ・ドゥ・ロベルティス。フランスとドイツに挟まれたベネルクス地方の小国ルクセンブルク出身の30歳だ。

 日本ではこれまで、「性器表現は芸術か猥褻か」について、表現の自由の問題とともに議論を呼んできた。 昨年12月には女性器アーティストで漫画家のろくでなし子氏(42)が、女性器の3Dプリンター用データをメール配信した疑いで警視庁に逮捕・起訴された。

 その勾留の是非を問う法廷では、ろくでなし子氏が自らの表現活動を説明しようとして「まんこ」と口にしただけで裁判長が制止した。端から「女性器は猥褻」と決めつけているのが日本の取り締まり当局や司法の現状なのだ。

 フランスではデボラは一時的に拘束されはしたものの、芸術活動であることが認められて釈放された。同じ先進国でこの違いには愕然とするとともに、多様な表現活動を許容できない当局や社会には恐怖も覚える。

 彼女は女性器露出という物議を醸す行為をなぜわざわざ行なうのか。事件以降、長く沈黙を守っていた彼女が、あの日の「覚悟」と「信念」を初めて語った。

 「女性器は生命そのもの。それ以外に何があるというのですか?」

 デボラにとって、女性器を用いた芸術表現は「人間の真実を明かすもの」に他ならないという。だが、女性器をエロスのシンボルと捉えるのも男性心理の偽らざる一面だろう。

 「もちろん、女性器を見て性的に興奮する男性もいます。ただ、同じように芸術と見る男性だっている。だから、私のことを露出主義者とかポルノという人がいても不思議ではありません。捉え方は人それぞれでもいい。しかし、私のパフォーマンスは、私にとって決して露出でもポルノでもない」

 デボラの口調はいっそう熱を帯びる。

 「ただし、単なる露出はクリエイティブな行為とはいえません。私の女性器露出は違う。私のパフォーマンスが猥褻なら、『世界の起源』をはじめ女性器を描いた数々の世界的名画もポルノだということになります」

 デボラのパフォーマンスについて、オルセー美術館のギ・ゴジュバル館長は、「あの行為は『世界の起源』より、ずっと下品で乱暴」と現地の週刊誌の取材に不快感を露わにした。彼女の行為を報じたメディアでも批判は少なくなかった。

 デボラはこう反論する。

 「オルセー美術館では『マルキ・ド・サド展』を開催中です。サド侯爵はサディズムの語源ともなった人物で、展示スペースのいたるところで女性器が見られます。そんな展示を許しているのに、館長の私への非難は意味がわかりません」

 デボラにとってあの場にいて彼女のパフォーマンスを目撃した人々こそ、最大の理解者だった。

 「あのときの観衆の反応には本当に感謝しています。居合わせた女性の中には、涙を浮かべて私のパフォーマンスに喝采を送ってくれた人がいました」

 昨年8月、愛知県美術館で開かれた写真展で男性器が写った作品を警察が問題視し、布や紙で覆って展示を続けるという騒動があった。匿名の通報が発端だったという。日本ではその芸術性を問うことなく、「性器=猥褻」と短絡的に捉えて拒絶する人が少なくない。検閲や焚書がまかり通っていた野蛮な時代と何も変わっていないのだ。

関連記事