日本一有名な「泡沫候補」が死去した。自分を生まれ変わりと信じていた「羽柴秀吉」の名で東京都知事選など多くの選挙に出馬した三上誠三氏が4月11日、肝硬変のため65歳で亡くなった。

 甲冑姿のド派手な選挙ポスターや大阪城を模した自宅などが話題となり、「泡沫候補」の中でも名の知れた存在となった。選挙にのめり込むようになったきっかけを次男の大和氏が話す。

 「父は20代の頃、青函トンネルの土砂運搬工事の仕事を、談合破りをして取ってきたことがあったそうです。そのせいで青森の業者からは締め出しをくらい、隣の秋田県まで資材を取りに行かなければならなかった。そんな経験をしたことで、政治の力で公共事業をめぐる悪しき風習を何とかしたいと思ったようです」

4月11日に亡くなった「羽柴秀吉」こと三上誠三氏
 1976年に地元・青森県金木町(現・五所川原市)での立候補を皮切りに、2011年の夕張市長選まで「計17回立候補してすべて落選」(大和氏)。2005年、五所川原市長選に立候補した際に支援した民主党青森県連副代表の今博氏が振り返る。
 
「どうやったら有権者に思いが伝わるかという情熱を持っていて、金色の名刺を配るなどして印象に残るアピールをしていました。長靴に会社の作業着姿で演説するなど庶民的な面もあって、人なつっこい笑顔が印象に残っています」

 ところが、意外にも家庭では全く別の顔を持った父親だったと大和氏はいう。

「家族の前では口答え無用の『鬼』でした。怒鳴るわ手が出るわで誰も逆らえません。子供の頃は私の友達ですら『お前の親父がいるなら家に遊びに行かない』というぐらい恐れられていた。晩年、病気で立っているのがやっとの状態でも、柱にしがみつきながら怒鳴り散らしていたくらいです。

 仕事人間で朝は早く夜は遅いため、食卓を共にした記憶もありません。しかし選挙は遊び半分でやっていたわけではなく、本気で当選しようと情熱を注いでいました。病気が発覚した後も『もう一度選挙に出たい』と漏らしていたほどです。タバコや酒、ギャンブルはやらなかったので、選挙が生きがいだったのではないでしょうか」

 2007年の夕張市長選では当選者と342票差まで詰め寄った三上氏だったが、それでも当選は叶わなかった。有権者からの支持は集まらなかったが、国民的関心を集めたことは間違いない。

関連記事