森口将之(モータージャーナリスト)

「自転車は車のなかま」

 今回の道路交通法改正を前に、警察庁がオフィシャルサイトに用意した特設ページの最初に掲げられていた言葉である。たしかに日本の自転車利用者の一部は、自転車は歩行者の仲間と考えているような気がする。

 わが国の道路交通法では、自転車は軽車両に属する。 他に軽車両と言えば、荷車、馬車、人力車などがある。軽車両は自動車などが属する車両の一種となっている。なのになぜ、自転車を歩行者の仲間とみなす人がいるのか。 理由のひとつに、運転免許を必要とせず、税金は掛からず、速度制限や車検制度がなく、ヘルメットの着用義務がないなど、車両としてはルールが厳格ではないことが関係しているかもしれない。

 しかしこれらは、諸外国でもある程度共通している。大きく異なるのは、1970年の法令改正で、自転車の歩道走行を認めたことである。自動車の台数が急激に増加し、自転車と自動車の接触事故が急増したことが背景にあったらしい。 その結果、全国各地に自歩道、つまり自転車歩行者道が生まれた。

 多くの自転車が歩道を走り、自転車レーンの整理が進まない状況は、このときの判断に起因しているだろう。 自転車が車両であることを考えれば、ミスリードだった。それが近年、自転車と歩行者の接触事故が多くなってきたことで、露呈してしまった。ゆえに「自転車は車のなかま」とアピールするようになったのだろう。

 ところが依然として、安全のためやむを得ない場合など、条件付きで歩道通行を認めている。この曖昧さと、免許不要で速度制限がないという自由さが重なって、ルールは知らない、ルールは破ってもいいという風潮を生んだのではないかと考えている。

 興味深いのは、ルールを知らない人とルールを破る人とで、違反の傾向が異なることである。前者で多いのは右側通行や歩道での歩行者優先義務違反、後者で多いのは信号無視や一時停止違反である。

 歩道を通行する自転車利用者で多いのは、車道は危ないという意見である。しかしドライバーやライダーからの目線では、同じ道路の左側を同方向に走行する自転車はもっとも認識しやすい。逆に歩道は、車道との間に街路樹がある場合もあり、存在が確認できない場合も多く、肝を冷やすことがある。

 右側通行は、目的地が右側にあるからという言い訳が多い。しかしドライバーやライダーから見ると、交差点ではどこから自転車が走ってくるか分からない状況であり、事故に結び付きやすい。自分の安全のためにも左側通行を遵守してほしい。

 信号無視や一時停止義務違反が確信犯であることは、多くの人が認めるところだろう。赤信号や「止まれ」の文字を見たら停止しなければいけないことは、小学生でも知っている。ところがそれすら守れない自転車利用者がいる。

 幹線道路で自動車やオートバイと競うように高速走行する自転車が最近目立つ。街中では自転車が一番速いとアピールしているかのようである。 それでも自動車やオートバイのほうがスピードが出るので一度は追い抜くが、赤信号で停止すると自転車はそのまま通過していく。本人は「勝った」と優越感に浸っているのだろうか。

 自転車に税金が掛からないのは、環境負荷の低さや道路占有率の小ささを考えれば納得できるところであるが、度を超えた高速走行による事故が頻発するようになれば、免許制度や速度制限などが導入される可能性もあるだろう。

 懸念しているのは、ルールを知らない人とルールを破る人とが、相手側の事故や違反ばかりを取り上げ、自分たちの不備を認めようとしない傾向である。自動車の世界における、いわゆる走り屋とサンデードライバーと呼ばれる人々の関係に似ている。走り屋は高速道路の追い越し車線をノロノロ走る車両を非難するが、サンデードライバーは左から高速で追い抜く車両を怖いと感じており、意見が噛み合わない。

 すべての自転車利用者が現状の問題を共有し、ともに解決を目指すような状況を作ることができれば、厳罰化は避けられたかもしれない。ただ今回の講習制度は、自動車の交通違反取り締まり制度に似ており、自転車は車両であると認識する人が増えるのではないかという期待はある。また取り締まりの対象は14歳以上なので、家庭や学校での自転車教育充実も望める。

 しかし今回の講習制度導入ですべてが解決するわけではない。なによりもインフラの整備は欠かせない。自転車レーンの整備を早急に進めるべきである。そうすれば歩行者との接触事故はかなり減るだろう。 ただし私は、一部の自転車専門家が提唱するような、自転車レーンであっても車道左側にこだわる主張には同意しかねる。

 日本の多くの都市はインフラが出来上がっており、自転車レーンを新たに構築するには困難がつきまとう。車道左側が無理な場合は歩道を区切って設置したり、両側への設置が無理な場合は対面通行にするなど、臨機応変な対応があって良い。車道でも歩道でも対面通行は当たり前なのに、自転車だけが危険という主張は理解に苦しむ。

 現に私が見てきたヨーロッパの都市も、自転車王国と言われるオランダの首都アムステルダムをはじめ、対面通行や歩道通行の自転車レーンは存在していた。レーンの位置にこだわるよりも、まずレーンを作ることが大事である。そして「自転車は自転車レーンまたは車道左側を走りましょう」と呼びかければ良いだろう。

 フランスの首都パリなどで設置が進んでいるバイクバスレーン、つまり自転車とバスの共用レーンを日本でも導入する例も出てきた。自家用車よりも環境に優しい交通をまとめる、分かりやすい施策である。この場合に心掛けたいのは、お互いのペースに合わせるという共存の精神である。

 パリのデータによれば、バスレーンを走るバスの平均速度は約12㎞/hで、 自転車と大差ない。もちろんバスは停留所に停車するが、それを無理に抜こうとするのではなく、待つぐらいの余裕が欲しい。現に私も現地でサイクルシェアリング(公共自転車)のヴェリブを借りて走った際にはそうしていた。

 自転車は車両であり、歩行者とは違う。しかし歩行者も自転車も自動車も、道路という公共空間を共同利用するという立場は同じである。 私は常々、交通については競争よりも共存が大事であると言い続けてきた。他の乗り物を思いやる気持ちもまた、事故の減少につながるはずである。