産経新聞「ニッポンの還暦 戦後60年 人・世相」(平成15年5月15日付)より
※肩書、年齢等は当時のまま


 昭和36(1961)年11月11日午後4時、東京・羽田空港。つるべ落としに日が暮れていくなか、韓国航空特別機が到着した。こげ茶のサングラスをかけた小柄な男性が、軍人らしい足取りでタラップを降りてきた。朴正煕(パク・チョンヒ)・国家再建最高会議議長(のちに大統領)だった。

 朴議長は、ケネディ大統領の公式招請で訪米する途上、日本へ立ち寄った。米国の仲介なしに、日韓の問題は同じ東洋人同士で解決したいという池田勇人首相の提案を受け入れたものだった。

 日韓国交正常化交渉の予備会談が始まってからすでに十年以上の歳月が流れていた。

 交渉の突破口を開くことになる訪日の陰に、GHQ(連合国軍総司令部)の元通訳将校だった韓国人、朴哲彦(パク・チョロン)(79)の存在があった。

◆◇◆

 朴は終戦後まもなく来日。退役後も、日本で会社を設立するなど、約40年間、日本に滞在した。国交のなかった20年間を、朴は「日韓関係史上、最悪の時期だった」と振り返る。

 「当時の日本人は、韓国が植民地だった事実すら忘れかけるくらい無関心で、食べることに精いっぱいだった」
日韓基本条約の調印式に臨む日韓両国の外相ら。14年の交渉が実った=昭和40年6月22日、東京・首相官邸大ホール

 一方、韓国でも状況は同じだ。「植民地支配した日本人をみな嫌いだった。韓国は敗戦国日本よりも貧しく、発展の遅れなど何でも日本のせいにした」

 反日感情は国民だけではなかった。李承晩(イ・スンマン)大統領も大の日本嫌いで知られ、米軍からの援助もあり、国交正常化を端(はな)からやる気はなかった。

 交渉に前向きになったのは、続く張勉(チャンミョン)政権からだ。1960年代に入り、米国からの援助が減る中、「新経済開発五カ年計画」を打ち立てており、日本からの支援が必要だった。

 張勉政権が日本との非公式チャンネルとして目をつけたのが、日本の政界に影響力を持つ陽明学者、安岡正篤と、日本の政財界に人脈が豊富な朴だった。朴は張総理の密使として、日韓を行き来し、国交正常化に向けた整地作業を手伝った。

 結局、朴正煕少将らによる軍事クーデターで張政権が倒れ、すべて水泡に帰したが、朴は張政権下で田中角栄、野田卯一ら自民党議員団が訪韓したときのこんな秘話を口にした。

 「日韓の非公式接触で、韓国側が十八億ドルの請求額を提示し、日本側は12億ドルで対抗。訪韓団の一員だった田中角栄さんが『仲割り』という独特な日本語を使って、15億ドルでの妥協を示唆したというんですよ」

 当時の日本の外貨保有高は十四億ドル足らず。15億ドルは法外な額だった。

◆◇◆

 安岡・朴のラインは朴正煕政権にも受け継がれ、冒頭のシーンに続く池田・朴会談の実現となった。日本の資金で近代化を図ろうとする朴政権は、交渉に積極的だった。しかし、安岡・朴らの手を離れ、表舞台に協議の場が移ると、請求額などをめぐって紛糾。さらに4年余の歳月を要することになる。

 昭和40年6月22日、日韓基本条約が調印された。国交正常化に至るまで、会談は第七次に及び、諸会合は約1200回。

 最終的に対日請求額が六億ドルで合意したことを考えると、「張政権のときに日韓基本条約が結ばれていたら、韓国にもっと有利な形になっていたかもしれない」と朴は残念がる。

 それでも朴は「万感の思いがあった」という。

 「安岡先生に『国士』と呼ばれ、ある種の義務感とか使命感で、国交正常化や日本からの支援で建設された浦項(ポハン)製鉄の設立にもかかわってきた」

 朴は滞日40年余の間に体験した日韓国交正常化交渉の舞台裏などをつづった自著の日本語版『日韓交流 陰で支えた男-朴哲彦の人生』(産経新聞ニュースサービス発行)を来月、出版する。

 日韓国交正常化から40年。この間、「金大中拉致事件」「教科書問題」「竹島問題」などが日韓間に立ちふさがり、必ずしも平坦(へいたん)な道のりではなかった。

 そんな日韓関係に大きな変化が表れた。昨年はヨン様ブームで韓流に火がついた。国交正常化から40周年の今年は「日韓友情年」。民間の文化交流も盛んだ。

 「互いに理性的に見られるようになり、あれだけあった怨念(おんねん)が、40年の間にヨン様という形になった。これが一時的な現象でないとよいが」

 15年前からハワイで暮らす朴は、日韓両国を遠くに見ながら、こんな感想を漏らした。=敬称略

 (水沼啓子)