加賀孝英(ジャーナリスト)

 日本と韓国が、関係改善に向けて動き出した。国交正常化から50年となった22日、安倍晋三首相と朴槿恵(パク・クネ)大統領の双方が、首脳会談の早期実現に前向きな発言をしたのだ。世界中で「反日・告げ口」外交を展開し、「慰安婦問題解決が首脳会談実現の条件」と強弁してきた朴政権を豹変させたものとは何か。安倍外交の勝利と、崖っぷちの韓国。ジャーナリストの加賀孝英氏が迫った。

 安倍首相「韓国は最も重要な隣国であり、日韓両国はお互い信頼し合いながら関係を発展させていかねばならない。これまでの50年の友好と発展の歴史を振り返り、次の50年を展望し手を携えて新しい時代を築き上げていこう。朴大統領と力を合わせ、努力していきたい」

 朴氏「韓日両国に懸案はあるが、協力が必要な分野では協力していかねばならない。両国には歴史認識という重荷があるが、和解と協力で下ろしていかねばならない。今年を新たな未来を切り開いていく元年にすべきだ」

 日韓首脳は22日午後、東京とソウルで開かれた国交正常化の記念行事で、それぞれ、こう語った。旧知の官邸関係者は「これで米国が心配していた、日韓首脳会談の道筋も見えてきた」と胸をなで下ろした。

日韓外相会談に臨み握手する岸田文雄外相(右)と韓国の尹炳世外相=6月21日午後、東京都港区の外務省飯倉公館(代表撮影)
 ご承知の通り、21日に東京で開かれた、岸田文雄外相と尹炳世(ユン・ビョンセ)外相の日韓外相会談は、劇的な結末となった。韓国側が態度を一変させ、日本が進める「明治日本の産業革命遺産」の、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界文化遺産登録を容認したのだ。日本側は関連資料に「徴用工」の歴史的事実を記載し、韓国が目指す「百済の歴史地区」の登録に協力することで、両外相が握手をかわした。

 これを受け、両国大使館が22日に開いた「国交正常化50周年」記念行事は、冒頭のように関係改善ムードが一気に高まった。

 だが、改めて怒りを込めて言わせていただく。

 朴氏は2013年2月の大統領就任以来、「(日本を)1000年恨む」といい続け、世界中で「(日本と日本人を貶める)ディスカウント・ジャパン運動」や「告げ口外交」を繰り広げてきた。そして、あろうことか中国と一緒になって日本を攻撃し、日米同盟の分断工作まで図ってきた。

 これが、どれだけ東アジアをはじめとする世界の平和と安全を危うくしてきたのか。

 そもそも、今回来日した尹氏は「朴氏と唯一会って話せる、日本攻撃政策の司令塔」(韓国政府関係者)だ。事実、慰安婦問題では日本を激しく攻撃し、世界遺産登録問題でも、世界中で妨害工作を行った張本人である。

 そんな韓国がなぜ、突然態度を変えたのか。以下、複数の官邸関係者、外務省関係者から得た情報だ。

 「日韓の外交当局は、『慰安婦像の撤去』や『安倍首相の慰安婦への謝罪』『福島などの水産物の輸入禁止解除』などで激しくぶつかっていた。だが、最大の驚きは、朴氏が就任以来、世界に宣言してきた『慰安婦問題解決が日韓首脳会談実現の条件』というハードルを下げたことだ。これは朴外交の敗北宣言、白旗だ」

 日韓外相会談前日の20日、韓国の柳興洙(ユ・フンス)駐日大使は「(慰安婦問題の解決は首脳会談開催の)前提ではない」と、毎日新聞のインタビューで答えていた。官邸・外務省関係者はこう続ける。

 「朴政権が豹変したのは4月以降だ。安倍首相が同月、インドネシアで2度目の日中首脳会談に成功し、直後の訪米で日米同盟の強化を成し遂げた。これらが、朴氏や朴政権首脳を打ちのめした」

 「韓国は米中両国から見放され、経済はどん底。中東呼吸器症候群(MERS)対策の不手際も重なり、朴氏の支持率は30%を割り込んだ(=韓国ギャラップの最新支持率は29%)。韓国内では『辞任やテロの可能性』までささやかれている。官邸周辺は『焦ることはない。近く、日本に泣きついてくる』と分析していた」

 朴氏は今月11日、米紙ワシントン・ポストのインタビューで、慰安婦問題で「(日本との協議は)かなり進展があり、最終段階にある」と発言した。世界中にまるで「日本が韓国に大幅譲歩している」かのような印象をバラまいたが、真相は真逆だったのだ。

 日韓関係の改善は、私(加賀)も含めて日本国民の多くが切望するところだ。だが、今の韓国を信用できるのか。実は大変な情報がある。以下、外事警察関係者の話だ。

 「韓国は相変わらず中国と手を結んでいる。自衛隊の重要情報が韓国経由で中国に流れ、中国はそれをもとに沖縄県・尖閣諸島に関する工作活動などを練っている」

 「与党の一部が裏で『反安倍グループ』をつくり、中韓両国と通じて情報を流している。彼らは、国民から安全保障関連法案反対の声が出ている今こそ『安倍首相を倒すチャンス』とみて、中韓と連動して卑劣な工作を仕掛けている。国会周辺や沖縄の米軍基地周辺デモを扇動している情報も確認されている」

 安倍首相に申し上げたい。日本はこれまで通り、毅然とした、天に恥じない態度で韓国に対応していただきたい。そして、もう一言。すぐそばに裏切り者がいる。油断は禁物だ。

かが・こうえい ジャーナリスト。1957年生まれ。週刊文春、新潮社を経て独立。95年、第1回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム大賞受賞。週刊誌、月刊誌を舞台に幅広く活躍し、数々のスクープで知られている。