白岩賢太(iRONNA編集長)

産経新聞の連載「橋下徹研究」で、橋下本人や家族、友人ら関係者計107人を取材した筆者は、こう断言する。「橋下徹は政界復帰する」――。



 大阪にとって「国家百年の計」になるはずだった大阪都構想に、自らの政治生命を賭けて挑んだ大阪市長、橋下徹が政界引退を表明した。

 「私が提案した都構想が受け入れられなかった。間違っていたということになるんでしょうね。納税者に失礼な言い方かもわかりませんが、政治家冥利につきる活動をさせてもらって本当にありがたく思っています」

 大阪市の民意が真っ二つに割れた住民投票の大勢が判明し、記者会見に臨んだ橋下は、意外にも笑顔だった。これまでは感情をむき出しにすることも多かったが、この日は憑き物が落ちたようにサバサバしていた。

 会見の模様を生中継したNHKの瞬間最高視聴率は33.6%に達したが、衰退著しい大阪がこれほど世間の耳目を集めたのはいつ以来だろうか。

 政治家としての評価は今も賛否が分かれるが、橋下の発信力、インパクトはそれほど絶大だった。時に改革者と持ち上げられ、破壊者と恐れられた橋下徹とは結局、何者だったのか。

 そのヒントは、橋下がこれまで歩んできた生い立ちに隠されている。幼少期を過ごした東京都渋谷区から一家で大阪府吹田市に引っ越したのは、彼が小学5年のころ。その翌年、再び一家で移り住んだのは、大阪市東淀川区の府営団地だった。

 橋下自身、ここでの生活が「自分の原点」と振り返るように、多感な思春期を過ごしたこの場所でさまざまな仲間と出会い、人間関係の機微を学んだ。橋下が中学時代に書いた卒業文集の一節からは、この地域特有の複雑な事情も垣間見える。

 《私の中学では同和教育をしている。前の学校では、ひとかけらもこんな教育を受けたことがなかった》

 卒業文集のタイトルは「視野を広げる」。他の生徒が「3年間の思い出」といった内容に終始する中、橋下の文章は明らかに異質。中学で学んだ人権教育にかなりのカルチャーショックを受けていたことが分かる。

 《まだまだ同和教育に反感をたくさんいだいている。完全に納得できないのもたくさんある》

 文集に綴られた一文からは、当時橋下がこのデリケートな問題に直面して、深く思い悩んでいたこともうかがえる。

ラグビーを始めたワケ


 転校を繰り返し、母子家庭で育った橋下が、中学でラグビーを始めたのも、当時の荒れた学校や複雑な人間関係が深く関わっている。「一番ワルそうな部に入った方が安全だと思ったから」。かつて、入部の動機についてこう語ったが、ここに橋下の処世術のすべてが集約されているといっても過言ではない。

 国民的人気アニメ「ドラえもん」で喩えるなら、ガキ大将のジャイアンにいつも媚びへつらうスネ夫のような生き方だろうか。橋下は自著『どうして君は友だちがいないのか』の中で「要するにスネ夫のような生き方といえばいいでしょうか」「ジャイアンのような強い人、強い存在とうまくつきあって生きていくことは、悪いことでもずるいことでもありません。その選択を非難できる大人なんて絶対にいないはずです」と記している。
大阪都構想が否決。橋下市長は政治家引退を宣言

 このスネ夫的生き方を是とする橋下の考えは、昔も今も変わっていない。中学時代は、ラグビー仲間たちを心の中のジャイアンに見立てて自分の居場所を見つけたが、政治家となった現在の橋下にもジャイアンは存在する。それは「大衆」であり、選挙で一票を投じる「有権者」ではないだろうか。

 橋下にとって政治家としての発信力の源泉は、有権者の支持、つまり「民意」にある。ことあるごとに抵抗勢力と対峙し、過激な物言いでルサンチマンを煽る一方、一転して相手に歩み寄る姿勢をみせて最大限の譲歩も引き出す。すべて自分の思惑通り、計算ずくで畳み掛ける弁舌と交渉術を使い分ける政治手法は、「ポピュリズム(大衆主義)」の典型と揶揄され、アンチ橋下からは「独裁者」などといった非難の声が絶えない。

 こうした批判的な見方に対し、橋下は自身のツイッターで「衆愚政治だ、ポピュリズムだと言う輩は、よほど自分に自信があるんでしょうね。一般大衆よりも自分は上だと言う。気持ち悪い」と辛辣に反論したこともある。この発言の裏には、政治は限られたエリートのものではなく、多数の意見で進めていくものだという「反エリート主義」の考えも透けて見える。

 自分はスネ夫のような裕福な家庭で育ったわけではないが、スネ夫のようにジャイアンをおだてながら、その威を借りてしたたかに生きるやり方なら真似できる。政治家になった橋下にとって、「ジャイアン=有権者」が味方でいてくれる限り、自分は絶対に道を外れないという自信もあったはずだ。事実、得意の二項対立を何度仕掛けても、なかなか民意は離れなかった。

変節した橋下がこだわったもの


 では、なぜ大阪都構想は実現しなかったのか。一言でいえば、橋下がスネ夫ではなく、ジャイアンになろうとしたからに他ならない。ふわっとした民意を敏感につかみとる嗅覚と、大衆の劣情を煽る傑出した扇動者の才能を持ちながら、橋下は最後の最後で民意よりも政治家としての結果にこだわったのである。

 「二重行政の無駄をなくす」と大風呂敷を広げた都構想は、有権者の支持が思った以上に広がらず、住民投票の最終盤になっても新聞・テレビの世論調査では劣勢が伝えられた。この期間中、有権者の反応を意識して政策の方向性を示す「橋下流」はすっかり影をひそめており、橋下自らが先頭に立って有権者をリードし、支持を求めるようになっていた。言い換えれば、この時既にスネ夫ではなくジャイアンになっていたのである。

 橋下はいつからジャイアンになろうと思ったのか。橋下が2011年11月に大阪府知事から大阪市長へと鞍替えし、元部下だった堺市長、竹山修身と袂を分かったのは13年9月。都構想の法定協議会で橋下が求める特別区の区割り案が否決され、出直し市長選を仕掛けて当選したのが14年3月。これを機に橋下の言動は、都構想実現に向けた執念のような強引さばかりが際立つようになる。

 「僕自身にイエスかノーか」。橋下にとって、出直し市長選は民意に寄り添う「改革者」から「権力者」へと変わろうとする、政治家としての分岐点だった。

 だが、「にわかジャイアン」橋下への風当たりは、それから強まる一方だった。

 「物事には譲歩できることとできないことがある。ただ、都構想は市役所を前提にした様々な団体の存続が危ぶまれる。話し合いで無理な場合は、最後は民意を使わせてもらわないといけない」。政界引退を表明した記者会見でこう本音を述べた橋下だが、民意を「頼る」のではなく、民意を「使う」と表現したところに、土壇場での決断を迫られた橋下の苦悩が見て取れないだろうか。橋下はやはりジャイアンになろうとして最後の賭けをしたのである。

 かつて橋下は自著『まっとう勝負!』で、自身が抱く政治家像を次のように記している。

 「政治家を志すっちゅうのは、権力欲、名誉欲の最高峰だよ。自分の権力欲、名誉欲を満たすための手段として、嫌々国民のため、お国のために奉仕しなきゃならないわけだよ。別に政治家を志す動機が、権力欲や名誉欲でもいいじゃないか! 嘘をつけない奴は、政治家と弁護士にはなれないよ! 嘘つきは、政治家と弁護士の始まりなの!」

 政治家と弁護士の両方の顔を持つ橋下は、この一節を鵜呑みにすれば「稀代の嘘つき」である。スネ夫からジャイアンになれなかった橋下だが、政治家として再び戻ってくる日はそう遠くはない。筆者はそう確信している。

(文中敬称略)

関連記事
■ 大阪都構想 影響が大きい「政治論としての」敗北
■ 民主主義の“当たり前”を変えられないことがシルバーデモクラシーだ
■ 大阪市「特別区設置住民投票」を考える経済学的ポイント