しばらく前の話ですが、作家・コラムニストの勝部元気さんがツイッターで「ドッジボールは暴力的なので学校でやらせるのを早く禁止すべき」と呟いた件で、大炎上し、ドッジボールを禁止するかどうかという議論が盛り上がっておりました。

 さて、ところで、このドッジボールは暴力的なので学校スポーツには向かない、いじめの温床になるからやめるべきだ、という議論、日本だけの話ではありません。

 私は学部の一部と大学院をアメリカで過ごし、その後は、イタリアで国連専門機関に勤務したり、イギリスで働いたりしているので、日本と欧州と行き来する生活を送っています。ドッジボールはアメリカでは盛んですが、欧州では、競歩とか水球とかダーツよりも知名度が150倍ぐらい低い感じのスポーツです。

 アメリカの俗語では、ドッジボールはwar ball(戦争玉) Bombardment(爆撃) murderball,(殺人玉)killerball(殺害玉)poisonball(毒玉)と呼ばれています。

 こういうネーミングからわかるように、アメリカでは、ドッジボールというのは、極めてアグレッシブかつエキサイティングなスポーツの一つで、長年、小学校や中学校の体育や、レク活動で人気のある運動でした。

 ところが、アメリカでは、なんと1986年から、ドッジボールが学校体育における議論になっています。日本との違いは、その議論が、一般人の意見の交換や、単なる感情的な言い合いだったのではなく、専門家による研究であった点です。スポーツだけではなく、科学的裏つけや数値データによる証拠を元に、政策を立案したり、教育カリキュラムを考えるという、大変アメリカ的な考え方が議論の出発点になっています。

 アメリカの議論を見てみると、学校体育で何か問題があると、教育的な価値観や意味など、感情的な議論だけで終始してしまったり、根性論に行き着きがちな日本の議論というのが、いかに野蛮で原始的なものであるかが、よくわかります。根性論だけで太平洋戦争を勝ち抜こうとし、自国の兵士の多くを餓死においやった、日本の無能な意思決定者達も、科学的根拠やデータを無視していましたが、現在の日本でも、その根本は全く変わっていないのです。