水野俊平(北海商科大学教授)

 最近、韓国では「旭日旗」を「日本帝国主義の象徴」と見なして糾弾しようとする運動が顕著化している。昨年9月、仁川アジア大会に出場した陸上ホッケーの日本男子選手が、旭日旗を連想させる模様のバッジを記念品として韓国の女子高生に渡したことが非難の対象になった。また、国際サッカー連盟(FIFA)の公式マガジンの表紙に「旭日旗」が描かれていたとして、非難が浴びせられた。

 こうした運動は韓国国内だけではなく、アメリカやヨーロッパにも飛び火している。2013年にはイタリアの「BENJAMINS」というメーカーが販売していたスマホケースのデザインが旭日旗に似ているとして、「旭日旗を使うな!」と韓国人が抗議メールを送る騒動があった。昨年にはアメリカのペンシルバニア大学構内に設置されたステンドグラスの意匠が旭日旗に似ているとして、韓国人学生が撤去を要求している(大学側は撤去を拒否)。

 日本と戦争したアメリカも旭日旗を問題にしていないのに、なぜ韓国人がなぜ旭日旗に言いがかりをつけてくるのだろうか? その理由は簡単である。彼らが旭日旗を「日本帝国主義の象徴」と見なしているからだ。ただし、その「見なし」にはかなり突発的で恣意的な側面がある。そうである故に、日本人は、なぜ韓国人がいきなり旭日旗を非難と糾弾の対象とするようになったのか、いまいち理解できないでいるのである。

 韓国で旭日旗が「日本帝国主義の象徴」として非難の対象になったのは2012年前後からである。サッカーの国際試合における日韓戦の応援で、日本サポーターが旭日旗を使用した(と韓国内で報じられた)ことから、「あれは日本帝国主義の象徴だ」という非難が突如沸き起こった。ただし、それまではサッカーの応援や公式の場(海上自衛隊の韓国寄港など)に旭日旗が登場しても大した話題にもならなかった。韓国の有力日刊紙・朝鮮日報の記事を検索してみても、旭日旗を非難する記事が登場するのは2012年からである。つまり、韓国における旭日旗糾弾が顕著化したのは、2、3年前からのことであり、かなり突発的な現象なのである。

 ただし、韓国では「日本帝国主義(=日帝)」と関連があるとして、一度糾弾や非難の対象になると一切の反論は許されない。それまでの経緯がどうであれ、非難や糾弾の妥当性の有無にかかわらず、一切異論をさしはさむことは許されない。異論をさしはさむ輩は、それこそ「日本帝国主義」を擁護する「親日派(=売国奴)」と見なされる。こう述べると、きまって韓国人から「それは極論である」「韓国人全部がそうではない」「韓国にはそうした感情的な反日感情は存在しない」などという反論が提起される。ならば、日本に対する非難や糾弾に対して、反論が提起できる雰囲気が韓国にあるのか問い返したい。そうした反論を試みた場合、反論の内容や妥当性に関わらず「親日派(=売国奴)」と見なされて、旭日旗よろしく糾弾の対象になるのは、過去の事例から見て明らかである。