中泉拓也(関東学院大学経済学部教授)

 メタボという言葉がほとんど日常用語になったように、体脂肪率を気にしている人は多いのではないでしょうか。実際、世界中で体脂肪率の上昇によるリスクが指摘されています。高い体脂肪率は心不全や脳梗塞のリスクを高める訳ですね。
 特に米国では、国民の肥満率が高く、OECDの2014年の統計(OECD obesity update 2014)によると、肥満に分類される成人の割合は、日本が男性3.8%、女性3.4%で、OECD諸国でも最も低い部類に入るのに対して、米国では、男性36.6%、女性33.9%で世界ワーストワンに位置付けられてしまいます。

 オバマケアの導入もあって、体脂肪率の低減や、脂質の摂取の抑制は国民的課題になっています。その中でも、トランス脂肪酸という、マーガリンやショートニングを作る際に出来てしまう脂肪酸の危険性が90年代から指摘されています。世界保健機構(WHO)と国連食糧農業機関(FAO)合同の食品規格委員会であるコーデックス委員会では、総エネルギー摂取量のうち、トランス脂肪酸からの摂取量を1%以下に抑えることが提言されています*1 。

 トランス脂肪酸は、善玉コレステロールを減らし、悪玉コレステロールを増やすため、上述の心不全や脳梗塞のリスクが高まります。特に動物性脂質の摂取量が多い米国では、動物性脂肪にもトランス脂肪酸が含まれるため、せめて工業用に生成されるトランス脂肪酸を抑制し、摂取をできるだけ抑えるというのが国を挙げての課題となっています。

 一昨年も話題になっていましたが、今年は遂にトランス脂肪、全面排除という見出しが紙面に躍るようになりました「トランス脂肪を全面排除へ、2018年までに 米FDA」。

当然、日本はどうするかが問題になるでしょう。実際、米国で規制されたのに日本ではやらなくて大丈夫かという懸念を持つ人は多いと思います「アメリカで規制される「トランス脂肪酸」、日本でも規制すべきか?」。

 当然、これに関して日本でも独自の分析が行われています。そして、本稿でも、*2 「米国のトランス脂肪酸“禁止” 日本が振り回される必要はない - 松永和紀 (科学ジャーナリスト))」に基本的に賛同し、規制までは必要はないと考えています。しかし、食品安全委員会の議論さえ、日本ではあまり広く知られておらず、しかも専門的で分かりにくいという印象を受けないでしょうか?また、日本ではトランス脂肪酸に関する成分表示義務さえもありませんが、それはあまりにも野放しだと言えないでしょうか。

 米国では、規制案を早い段階から公開し、広くパブリックコメントで意見を集め、規制に反映していきます。また、その際に、科学的な根拠を示すだけでなく、社会的なインパクトについても、定量的に分析し、分かりやすい数値で公開しようと努力しています。こういったプロセスは我が国でもまだまだ見習うべきものです。本稿では、その米国の規制制定のプロセスについて解説し、トランス脂肪酸を規制すべきかについて、考えたいと思います。

 ※本稿の参考文献は文末にまとめました。