坂東太郎(早稲田塾講師)
THE PAGEより転載)

 8月6日は広島、9日は長崎に原爆が投下された日です。原爆によって、広島では14万人、長崎では7万人の命が奪われました。では原爆とはどのようなものだったのか? どういう経緯で生まれたのか? 戦後70年を迎える今年、「原爆の父」と呼ばれるオッペンハイマーという人物を中心にあらためて振り返ってみました。
3/
広島への原爆投下の3日後、長崎にも原爆が投下された(ロイター/アフロ)

マンハッタン計画


 1938年12月、ヒトラー政権下のドイツの科学者が核分裂エネルギーを発見しました。分裂性のウラン235に中性子を当てて得られる巨大なエネルギーを爆弾にする可能性が生まれたのです。ナチスの迫害から逃れてアメリカにいたアインシュタインら亡命ユダヤ人は、ドイツの原爆開発をアメリカが注視し、迅速な行動を取るべきとの書簡をルーズヴェルト大統領に送ります。

 39年に「ウラン委員会」が置かれ、ニューヨーク・マンハッタン管区の陸軍研究所に由来する「マンハッタン計画」が、イギリスと共同で秘密裏に始まりました。兵器としての開発は41年10月以降です。43年設立のニューメキシコ州ロスアラモス研究所を中心に進められました。初代所長が物理学者のユダヤ系アメリカ人の物理学者ロバート・オッペンハイマー。ナチスより先に原爆を製造するのが至上命題でした。

 原爆の製造には天然ウランに0.7%しか含まれていないウラン235を濃縮する必要があるので、天然ウラン6000トンを内外で獲得し、濃縮工場はもとよりウランから、原爆に応用できるもう1つの元素プルトニウムを分離する工場、爆弾製造所などを続々と造り、最大で約12万人ともいわれる人員と、当時の日本の国家予算をも上回る20億ドルもの巨費を投じてまい進します。

 所長のオッペンハイマーは、1904年生まれ。いわば「万能の天才」で12歳で研究論文を書き上げてハーバード大学化学科をトップで卒業しました。25歳で大学助教授、32歳で教授へ就任しています。能力に加えてユダヤ系の一流原子物理学者のリクルーターとしても手腕を発揮しました。44年には最大の難関であったウラン濃縮のメドが立ちました。

 ところが翌45年5月、最大の不安材料であったナチス・ドイツが降伏。ヒトラーは直前に自殺しました。第二次世界大戦を戦う枢軸国が日本のみとなっても、4月に死去したルーズヴェルト大統領の後任として副大統領から昇格したトルーマン大統領の下、原爆製造は進められます。

 そしてついに、テネシー州オークリッジの施設でウラン型の、ワシントン州ハンフォードではプルトニウム型の原爆計3つの製造に成功し、7月にニューメキシコ州アラモゴードでプルトニウム型の核実験に挑みます。これが暗号名トリニティ(三位一体)から取った「トリニティ実験」です。

トリニティ実験


 実験は成功に終わり、オッペンハイマーは興奮に体を震わせたといわれています。実験場がある場所は観光地としても有名なサンタフェから車で約3時間半のところにあり、今でも4月と10月の2回、一般公開されています。

 45年5月には、日本への原爆投下を具体的にどこにするか会合が持たれ、京都、広島、横浜、小倉の4都市が挙がっていました。7月には対日戦争終結のため米英ソの首脳が集まってのポツダム会談が行われ、宣言が出されました。4月から就任していた鈴木貫太郎首相は表向き宣言受諾を拒否しつつも、中立条約を結んでいたソ連の仲介などで、何とか終戦に至れないか密かにはかっていました。

 トリニティ実験成功の報はポツダム会談の直前に、トルーマン大統領へ届いています。しかし宣言には原爆の存在はまったく述べられていませんでした。実験が行われたのと同じ日に、ウラン型原爆が出撃基地のあるテニアン島へ運ばれていきます。

広島・長崎に原爆投下


 8月6日朝、戦略爆撃機B29の一機で愛称「エノラ・ゲイ」が広島にウラン型原爆「リトルボーイ」を投下。世界で初めて原子力が戦争目的に使われ、14万人が亡くなりました。9日にはプルトニウム型原爆「ファットマン」が長崎に落とされ、7万人の命を奪いました。

 日本軍および政府の動揺は激しく、同日に対日参戦したソ連の動向も相まってポツダム宣言の受諾を最終的に昭和天皇が決断し、レコードに吹き込んだ終戦の詔書が15日に流され、事実上、終戦となりました。詔書に「敵は新(あらた)に残虐なる爆弾を使用して」とあるように、原爆のもたらした脅威は甚大でした。

 この結果を「原爆の父」となったオッペンハイマーはどう受け取ったのでしょうか。彼は日本への投下を支持しており、広島での「成果」を自慢げに研究員へ語ったとされています。ところが広島、長崎の惨状を知ってからは態度が微妙に変わります。

核兵器の国際的管理呼びかけ


 自らの発明で信じがたい人命を失い、トップ科学者ゆえに投下後の放射能被ばくも予見できたオッペンハイマーがふさぎ込んでいたり、後悔とも取れるような発言をしたのを多くの人が証言しています。10月には研究所を去りました。

 戦後すぐに主張を始めたのが「核兵器の国際管理」です。連合国勝利でまだ沸き返っている中、いち早くソ連が原爆を開発し、他にも拡散するのを予見して、そうなる前に核管理の枠組みを作ってしまうのが得策という発想です。果たして49年に核実験を成功させ、以後米ソの冷戦が激化していきます。

 オッペンハイマーらがイメージしていた国際管理とは多少異なった形ながら、1968年には核兵器拡散防止条約(NPT)が制定され、今日まで不完全とはいえ、核不拡散の唯一の防波堤となっています。

 また彼は原爆よりさらに大きな威力がある水素爆弾開発にも反対しました。原爆以上の惨禍を出現させないためであるとか、アメリカの水爆実験成功が却ってソ連の開発を促進する契機になるからとか、反対の理由は諸説あります。原子力委員会に所属していた彼の発言は推進派も一目置かざるを得ませんでした。

 いわば「邪魔者」になってきたオッペンハイマーを襲うのが「赤狩り」です。共和党のマッカーシー上院議員を中心とする政府内に巣くう共産主義者のあぶり出しに彼も引っかかってしまうのです。

 ナチスに対抗すべく、愛国者としてマンハッタン計画に参加する前のオッペンハイマーは、30年代の一時期左翼系の知識人と交流していたほか、弟や妻が共産党員や元党員であったなどの行動が米連邦捜査局(FBI)などの尾行や盗聴で明らかにされ、「スパイ」の疑いをかけられました。結局、危険人物とのレッテルを貼られ、公職から追放されてしまいます。そのまま静かな一学究に戻り、67年に死去しました。

 直前の63年、民主党のジョンソン大統領がアメリカの物理学に貢献した者に与えられるエンリコ・フェルミ賞を授与して名誉を回復したのが、せめてもの救いでした。

「我は死神なり、世界の破壊者なり」


 後年になって核実験を振り返って回想した言葉として有名です。ヒンズー教の聖典の一節から引き出したとされています。「原子力は生と死の両面を持った神である」とも述べています。

 オッペンハイマーは原爆投下には賛成したし、製造そのものを後悔した様子もありません。ナチスに対抗するという信念は間違っていなかったし、他に選択肢もなかったと。では何を後悔したのかというと、はっきりしたことは分かりませんが、原爆を生み出した行為自体を罪として抱えていたのではないでしょうか。

 「破壊者なり」の言葉の前に述べた「世界は今までと同じ世界ではなくなった」が、それをうかがわせます。国際管理を訴えたのと合わせて考察すると、核兵器を二度と使わせないようにしようというのが「原爆の父」としてできる、せめてもの罪滅ぼしと考えていたのかもしれません。

ばんどう・たろう 毎日新聞記者などを経て現在、早稲田塾論文科講師、日本ニュース時事能力検定協会監事、十文字学園女子大学非常勤講師を務める。著書に『マスコミの秘密』『時事問題の裏技』『ニュースの歴史学』など。【早稲田塾公式サイト