東條英機(内閣総理大臣)










「大将を拝し奉りて」の音声はこちら

 只今宣戦の御詔勅が渙発(かんぱつ)せられました。精鋭なる帝国陸海軍は、今や決死の戦いを行いつつあります。東亜全局の平和はこれを念願する帝国のあらゆる努力にも拘(かかわ)らず、遂に決裂の已(や)むなきに至ったのであります。

 過半来、政府はあらゆる手段を尽くし、対米国交調整の成立に努力して参りましたが、彼は従来の主張を一歩も譲らざるのみならず、却(かえ)って英、蘭、支と聯合(れんごう)し、支那より我が陸海軍の無条件全面撤兵、南京政府の否認、日独伊三国条約の破棄を要求し、帝国の一方的譲歩を強要して参りました(註1)。

 之に対し帝国は、飽(あ)く迄(まで)平和的妥結の努力を続けて参りましたが、米国は何等(なんら)反省の色を示さず、今日に至りました。若(も)し帝国にして彼(かれ)等(ら)の強要に屈従せんか、帝国の権威を失墜、支那事変の完遂を期し得ざるのみならず、遂には帝国の存立をも危(き)殆(たい)に陥らしむる結果となるのであります。

 事茲(ここ)に至りましては、帝国は現下の危局を打開し、自存自衛を全うするため(註2)、断乎(だんこ)として立ち上がるの已むなきに至ったのであります。今、宣戦の大詔を拝しまして、恐懼(きようく)感激に堪(た)えません。私、不肖なりと雖(いえど)も、一身を捧げて決死奉公、ただただ宸(しん)襟(きん)を安んじ奉らんとの念願のみであります。国民諸君もまた、己が身を顧みず、醜(しこ)の御楯(みたて)たるの光栄を同じくせらるるものと信ずるものであります。

 凡(およ)そ勝利の要決は「必勝の信念」を堅持することであります。建国二千六百年、我等は未だかつて戦いに敗れたことを知りません。この史(し)績(せき)の回顧こそ、如何(いか)なる強敵をも破砕(はさい)するの確信を生ずるものであります。我等は光輝ある祖国の歴史を断じて汚さざると共に、更に栄(は)えある帝国の明日を建設せんことを固く誓うものであります。顧みれば我等は、今日まで隠忍(いんにん)と自重との最大限を重ねたのでありまするが、断じて安きを求めたものでなく、また敵の強大を惧(おそ)れたものでもありません。只管(ひたすら)世界平和の維持と、人類の惨禍の防止とを顧念したるに外なりません。然(しか)も、敵の挑戦を受け祖国の生存と権威とが危うきに及びましては、蹶然(けつぜん)立たざるを得ないのであります。
7212
昭和7年満洲国建国の「執政就任式」。溥儀(中央着座)は当初「執政閣下」だったが2年後「皇帝陛下」に就く(『満洲建国と満洲・上海大事変史』日出新聞社 昭和12)
 当面の敵は物資の豊富を誇り、之(これ)に依(よ)って世界の制覇を目指して居るのであります。此(こ)の敵を粉砕し、東亜不動の新秩序を建設せんが為には、当然長期戦たることを予想せねばなりません。之と同時に、絶大の建設的努力を要すること言を要しません。斯(か)くて我等はあくまで最後の勝利が祖国日本にあることを確信し、如何なる困難も障碍(しようがい)も克服して進まなければなりません。これこそ、昭和の臣民(みたみ)我等に課せられたる天与の試練であり、この試練を突破して後にこそ、大東亜建設者(註3)としての栄誉を後生に担うことが出来るのであります。
蒋介石と袂を分かち南京国民政府を樹立した対日和平派の汪兆銘
 この秋(とき)に当たり、満洲国及び中華民国との一徳一心の関係いよいよ敦く、独、伊両国との盟約益々堅きを加えつつあるを、快欣(ママ)とするものであります。帝国の隆替、東亜の興廃、正に此の一戦に在り、一億国民が一切を挙げて、国に報い国に殉ずるの時は今であります。八紘(はつこう)を宇(いえ)と為す皇(こう)謨(ぼ)の下(もと)(註4)に、この尽忠報国の大精神ある限り、英米と雖(いえど)も何ら惧(おそ)るるに足らないのであります。勝利は常に御稜威(みいつ)(註5)の下にありと確信致すものであります。私は茲(ここ)に慎んで微衷(びちゆう)を披(ひ)瀝(れき)し、国民とともに大業翼賛の丹心を誓う次第であります。終わり。


註1 昭和七年の満洲国建国、十二年からのシナ事変などで日本のシナ大陸への影響が拡大。対する米国はシナにおける自らの権益を確保するため、蒋介石政権(重慶国民政府)への軍事支援を実施。ABCD(アメリカ、英国=ブリテン、シナ、蘭=ダッチ)包囲網を形成し強力な対日経済封鎖(制裁)を行った。日本に協力的で蒋と対立する汪兆銘は十五年に南京国民政府を樹立(十八年に米英に宣戦布告し、対列強不平等の象徴だった租界、治外法権を撤廃した)。一方、蒋介石支援する最大の「援蒋ルート」を断つため日本軍は十五年、北部仏領インドシナに進駐。さらに日本は独、伊と三国同盟を結び、のちに枢軸へと拡大する。十六年春から日米国交改善に向け最終的な交渉が続けられ、同十月の東條内閣発足後、日本は従来の野村吉三郎駐日大使に加え、来栖三郎駐独大使を日米交渉担当として派遣し、異例の特命全権大使二人態勢で妥結をめざした。しかし、排日・差別思考のフランクリン・ルーズベルト大統領の下で交渉を担当したコーデル・ハル国務長官が十一月二十六日に提示した米側要求文書いわゆる「ハルノート」は、日本の主張、権益をことごとく否定、排斥する内容だった
15927
日独伊三国同盟締結祝賀会。陸軍大臣だった東條英機(中央軍服)は首相就任後もユダヤ人に同情した=昭和15年9月27日、外務大臣官邸
註2 ロシアの南進を食い止める半島・大陸での権益構築、欧米によるアジア差別の是正など日露戦争以来の日本の取り組みの否定、さらに在米日本資産凍結、石油の対日全面禁輸など物量面の抑圧を払拭し、国家存立をめざすこと

註3 欧米による対アジア差別を解消し、植民地支配を排除して独立した各国によるアジア連合としての大東亜共栄圏構築を確かなものにし、その指導的立場に日本が立つこと。昭和十八年十一月、東京で開かれた大東亜会議にはシナ(中華民国)南京国民政府、満洲国、タイ王国、大東亜戦争によって独立したビルマ、独立が早まったフィリピン、さらに日本の支援で独立をめざす自由インド仮政府首班のチャンドラ・ボースも参加した

註4 「八紘」は天地のあらゆる方位のことで、世の中、世界の意。「宇」はいえ(家)の意。「謨」は「はからい、計画」。「皇謨」は天皇の考え、はからい。世界が一つの家族のように和み合うことを願う天皇の御心のもとで

註5 天皇が具え持つ清らかで徳のある威光



※『別冊正論』24号「再認識『終戦』」より転載。