THE PAGEより転載)

 2020年東京五輪の公式エンブレムが、ベルギーの劇場のロゴに似ていると指摘された問題が、いまだ収束する気配をみせません。エンブレムのデザインを担当したアートディレクターの佐野研二郎氏は今月5日に会見を行い、構図の考え方や、書体の違いなどを指摘し、盗作との疑惑に対して「全くの事実無根」と否定しました。しかし、ベルギーの劇場ロゴをデザインしたオリビエ・ドビ氏は、佐野氏の会見について「デザインの背景となっている哲学の違いを述べただけだ。結果としてロゴは似ている」と述べ、今月14日には、国際オリンピック委員会(IOC)を相手に、エンブレムの使用差し止めを求めてベルギー・リエージュの裁判所に訴えを起こしました。どうして、ここまで問題がこじれているのでしょうか。(ライター・関田真也)

ベルギーのロゴは「商標登録」されておらず


 今回の問題をめぐっては、商標登録と著作権の2つの問題点が考えられます。

 ただ、ベルギーの劇場ロゴはそもそも商標登録がされていなかったため、商標権については問題になりません。仮に商標登録されていたとしても、五輪エンブレムは文字とセットで使われており、また両者の図柄は右上の赤丸の有無などの違いがあるため、2つが誤認混同される恐れはなく、結論は変わらないでしょう。

ドビ氏による「著作権」侵害の証明は困難


 そこで、もう1つの論点である著作権の問題に絞って考えていきましょう。著作権侵害が認められるためには、既に存在する他人の著作物を利用して作品を作出したこと(依拠性)と、比較対象となる両者のデザインが類似していると判断されること(類似性)が必要です。裁判では、この2つの要件を著作権者、すなわち今回の場合はベルギーのデザイナーが証明しなければならないということがポイントです。「オリビエ・ドビ氏が、佐野氏が劇場ロゴに依拠したという事実を証明することは、難しいでしょう」と著作権に詳しい桑野雄一郎弁護士は言います。
ベルギー・リエージュ劇場のロゴ(左)と2020年東京五輪の公式エンブレム
 ベルギーの劇場ロゴは、アルファベットという文字を基調としたものですが、単に文字の組み合わせではなく、文字をベースにデザインがされたものであり,著作権そのものが否定されるということはないでしょう。ただ、劇場ロゴのような作品は、どうしてもシンプルなものになりがちで、他のものに似た作品ができやすいという性質があります。似ている部分があるというだけで著作権侵害とされてしまうと、他のデザイナーに対して不当な制約となってしまいます。そこで、著作権侵害となる範囲はある程度絞りこむ必要性があり、類似性の要件はわずかな差異を理由に否定されることも多いといいます。今回の五輪エンブレムと、ベルギーの劇場ロゴは、どの部分の差異に着目すればいいのでしょうか。

「まず、五輪エンブレムは、モノトーンであるベルギーのロゴとは色彩が全く異なります。また、右上にある赤丸は、五輪エンブレムにしか存在しません。さらに、中心の縦線と左上・右下から伸びる線との接触の有無でも、両者には違いがあります。以上の点から、2つの作品には差異があり、類似性は否定されると考えられます」(桑野弁護士)

佐野氏の会見は法的に「満点」だったが


 以上のように考えると、五輪エンブレムは著作権侵害にもならないということになるでしょう。会見で、佐野氏は、「劇場ロゴは見ておらず、また、両者は似ていない」と説明をしていますが、前者は依拠性を、後者は類似性を否定する趣旨だと考えられます。これらの発言について、桑野弁護士は、「著作権侵害の要件を的確に押さえたもので、法的責任を否定する説明としては100点満点のもの」としつつも、佐野氏の会見については「同じデザイナーとして、ドビ氏への敬意やその心情への配慮が十分伝わってこなかった」点を残念に感じたといいます。
5Natsuki Sakai/
五輪エンブレム問題で、制作者の佐野研二郎氏は5日の会見で「ベルギーの作品は見てもいないし、似てもいない」と説明し、盗作を否定した(Natsuki Sakai/アフロ)
「満員電車の中でうっかり他人の足を踏んでしまったのに、法的責任はないと居直って謝ろうとしない、そんな印象も受けました。ドビ氏については、もともと著名なデザイナーではないということもあり、『売名行為ではないか』と揶揄(やゆ)する声もあります。しかし、私は、劇場ロゴは洗練された美しい作品と感じましたし、このデザインが劇場という芸術空間の顔として現実に使用されているという事実には、もっと敬意が払われてよいと思います」(桑野弁護士)

 確かに、法律論はともかく、両者が構図などの点で「似ている」という印象を受けることは否定できません。桑野弁護士もそのように感じるといいます。ドビ氏が五輪エンブレムを見て、自身がデザインした劇場ロゴと似ていると感じたことも、無理はないでしょう。今回の問題に対する著作権についての法的分析から考えると、確かに、ドビ氏が勝訴する見込みは少ないといえます。しかし、クリエイターが「自分の作品が模倣された」と感じた場合、どのような理由で似た作品ができたのか、その創作過程を知りたいと考えることが自然であり、相手がその説明をしないと「やはり模倣したからできないのではないか」と疑ってしまうものだと、桑野弁護士は指摘します。

「佐野氏が、法律論を離れて、創作過程について試行錯誤の内容も含めて丁寧に説明し、その上でドビ氏に対する敬意と謝意を表明しておけば、ドビ氏の納得と理解も得られたのではないでしょうか。才能ある2人の芸術家が、結果の見えている裁判で本来の活動時間を費消するとしたら、法律家として非常に残念に思うところです」(桑野弁護士)

 この問題については、複数の専門家がメディアなどで見解を示していますが、ほぼ一致して「著作権侵害とはならない」という結論になっています。2つの作品が、一見して似ているという印象を抱いたとしても、裁判で著作権侵害が認められるハードルは、かなり高いということが現実のようです。しかし、法律的に問題はないとされても、倫理的な問題などを含め、人の納得を得られるかどうかはまた別の問題です。佐野氏の反論は、法律的にはパーフェクトな回答でしたが、桑野弁護士も指摘するように、別の観点からの真摯な説明が、もう少し必要だったといえるでしょう。


《取材協力》桑野雄一郎(くわの・ゆういちろう) 弁護士。1991年早稲田大学法学部卒業、1993年弁護士登録、2003年骨董通り法律事務所設立、2009年より島根大学法科大学院教授。著書に「出版・マンガビジネスの著作権」社団法人著作権情報センター(2009年)など