小浜逸郎(批評家)

♪トントトトン、チリテンシャン

 兄ぃいるかい。いつも物知り気取ってるから一寸聞きてえと思って来たんだが。

 気取ってるたぁご挨拶だな。俺は気取ってるんじゃなくてほんとに物知りなの。

 へいへい。じゃ聞くけど、セクハラって知ってっか。

 バカにすんじゃねえ。おめえみてえなスケベ野郎がよ、女が嫌がってんのに抱かせろって迫ったり、ケツ触ったり、いやらしい言葉吐いたりすることさ。熊公、やってんじゃねえか。事と次第によっちゃあお上に引っ張られんだぞ。

 兄ぃこそてめえの心配してもらいてえな。じゃ聞くけど、パワハラって知ってっか。

 知ってっかもねえもんだ。仕事場なんかで権柄づくで手下に無理強いすることよ。

 おう、なかなかやるじゃねえか。

 あったりめえよ。お次はなんでえ。どんと来い。

 お次はマタハラ。

 マ、マタ、マタハラ?……なんでえ、やけに「ハラ付き」ばっかし集めてきやがったな。いってえぜんてえどういう風の吹き回しだい。ハラハラさせんなこんちくしょう。

 (小声で)知らねえんだな。ついでにもう一丁。モラハラって知ってっか。

 この野郎、俺を試す気だな。その手は食わねえ。まずマタハラから行こう。マタハラってのはな、その、つまりな……股と腹の間あたりにツボがあるってことで、漢方のほうの用語よ。

 そんなバカな。

 バカとは何だ、バカとは。

 漢方だったらもっと小難しい言葉使うぜ。肩井とか曲泉とか。

 日本語になまったの! ……じゃ、なにかい、てめえ知ってんのか。

 知ってますよー。マタハラってのはさ、マタニティ・ハラスメント。子ども孕んだり産んだばかりで仕事してる女に、辞めてもらうためにいろんな嫌がらせすることよ。格下げとか仕事移すとか給金減らすとか辞めろって言うとかな。不景気な昨今、こういう女多いだろ。んで、いま世間じゃそういう目に遭った女が訴え起こしてる例がけっこうあるって話さ。

 この野郎、よく調べやがったな。それだけ知ってんなら俺に聞くこたぁねえだろ。でもよ、ちょっと待てよ。雇ってる親方や大旦那のほうからすりゃ、そういう女はどうしたって働きが落ちるし続かねえことが多いから、辞めてもらいてえって思うのは当然じゃねえのか。そりゃ、じめじめした嫌がらせやるなんざ、俺もでえきれえだけどな。

 なるほど。兄ぃもたまにはいいこと言うな。

 ぬかすな。だから言ってんだろ。世間よく見てる俺が知らねえことはねえんだって。

 さっきは漢方がどうのこうのとヘンなこと言ってたじゃねえか。

 うるせえ。物知りってのはな、ただ知ってる知らないじゃねえんだ。ここ(と頭を指して)が使えるか使えねえかって話のことよ。いいか、熊公。まだあるぞ。何も大きな腹抱えたり乳飲み子抱えたりしてまで無理して働くことねえだろう。うちの嬶も金坊産んだときは育てるのに手一杯でてえへんだったぞ。こう見えてもそん時は俺も仕事いっぺえ取ってきて頑張ってな、おまけに思いっきり嬶に優しくしてやったもんだ。

 ごちそうさまってもんで。でもそれができりゃいいけどよ。おまんま喰えなきゃ、嬶にも働いてもらわなきゃなんねえんじゃねえか。稼ぐのが好きで働きてえ女もいるし。

 そこよ。そりゃ働き好きの女もいるさ。だけど世の中そんなに甘くねえ。大方の女は安い給金でこき使われるのが落ちだぜ。お上はそういうことちっとも考えてくれねえからな。

 ふーむ。何だか話がややこしくなってきやがったな。

 ややこしい話持ち込んだのはてめえだろうが。もっとややこしいこと言うとな。そのハラワタとかカタハラとかいうヤツ、お上に何でも訴えりゃいいってのは少し筋が違うんじゃねえか。

 てえと?

 つまりさ、そりゃなかにはひでえ嫌がらせもあるかもしんねえけどよ、孕んだ女や乳飲み子抱えた女は負担が大きいから、親方のほうで気ぃ効かしてな、そのぶん軽い仕事に代えてやるとか、責任減らしてやるって気持ちでそういうことを勧めてる場合も多いんじゃねえの。そうだとすりゃ、そりゃむしろ人情ってもんだぜ。それをおめえ、カタハラだあ、カタハラだあって騒ぐと、親方ともギスギスしちゃう。こりゃあんまりいいことじゃねえと思うんだがな。大事なのは人情だよ、人情。

 そういう場合が多いかもな。今日は兄ぃ、何だか坊さんみてえな悟ったこと言うじゃねえか。でもたしかに、分限をわきまえねえで騒ぐのはみっともねえ。それはそうと、カタハラじゃなくて、マタハラ。

 この際どっちでもいいやね。それで何だっけ。もう一つの何とかハラは。

 モラハラ。

 モラハラってのはな、つまり、その……上方のほうじゃ、モグラのことをなまってモラっていうのさ。そんでそのモラが孕むと、たくさん仔を産んで畑のミミズを全部喰っちまう。だからモグラを孕ませねえように警戒を怠るな、モラハラに気をつけろってのが、この言葉の起こりよ。

 また始まりやがった。せっかくいい線行ってたのに、百日の説法屁一つたあこのことだ。モラハラってのはぁ、モラル・ハラスメント。上方じゃなくて遠い伴天連のお医者さんが言いだした話。殴ったり蹴ったりしていじめるんじゃなくて、言葉や付き合い方を通してじわじわといじめていって、相手の心を痛めつける、ひどいときには脳みそもやられちゃうって話さ。見かけは慇懃にふるまってながら、こういうことをしたくってしょうがねえ気性の悪いヤツがけっこういるんだってさ。いまんとこお咎めなしだけど、被害訴えるのが増えてるそうだ。

 それだよ。いるいる。まるで俺んとこの大家みてえなヤツな。だからその気性の悪いヤツがモグラだよ。モグラが孕むと子どもは親のまねしてどんどんそのいじめが広がってく。今度あのねちねちした大家が店賃の催促に来やがったら、「おい、モグラ!」って呼んでやっからな。みなさん、モラハラに気をつけましょう!

 何言ってんだか。店賃滞らせてるのは誰だよ。そろそろ帰るぜ。

 ちょっと待った。話は最後まで聞け。あのな、熊公、おめえのハラハラ話聞いてて思ったんだけどな。近頃は、海の向こうから来たそのたぐいの言葉ぁやたら使って、てめえだけがこんなに被害に遭ってまーす、何とかしてくださーいって訴えるずるっこい野郎女郎が多すぎねえか。そのモラハラとかいうヤツだってよ、要するに昔から俺たちが経験してる人付き合いの縺れだろ。長屋連中だって、そんなもめごとはしょっちゅうだぜ、だけどそんなのいちいちお上に訴えようなんて奴は一人もいねえ。みーんな辛さに耐えながらてめえたちで解決してんだ。だいたいお上なんて俺たちゃ信用してねえからな。世の中ってのは、お上が決めた決まりがどうのこうのの前に、どいつもこいつも混じり合って暮らしてんだ。いろんなことあるに決まってるじゃねえか。あの大家にだって俺は「おい、モグラ!」、これで終わりよ。伴天連の偉い先生だか何だか知らねえが、ヘンな言葉作ってやれストレスだ、心の傷だと大げさすぎるんだよ。セクハラだってよ、ちょっとケツ触ったぐれえでセクハラセクハラって騒ぐなてえんだ。いい女ってのは、たいていそのへんうまくかわしてるもんだぜ。

 やっぱケツは触らねえほうがいいと思うけど、その見え切りはなかなかのもんだな。兄ぃ、なぜかまた急に正気に返ったみてえだ。それが続きゃあ、本気で尊敬するんだけどな。知らねえくせにホラ話ばっかしねえほうがいいんじゃねえの。そのうち長屋連中にあいそ尽かされてモラハラに遭うかもよ。

 なに、そんときゃ、こっちがモグラになってやるだけのこった。

♪テンテケテン、ストトントン

こはま・いつお 昭和22(1947)年、横浜市生まれ。横浜国立大学工学部卒業。国士舘大客員教授。