『生き残る判断 生き残れない行動』

東嶋和子 (科学ジャーナリスト・筑波大学非常勤講師)

 日本列島は、危険な変動期に入ったらしい。巨大地震や火山噴火のみならず、ゲリラ豪雨や台風による土砂災害、雷、竜巻など、経験したことのない自然災害や異常気象に足下から揺り動かされている。

 「想定外」の事象に見舞われた東日本大震災を教訓に、自然災害や事故への危機対応はわずかなりとも前進しているように見える。しかし、一般市民としての私たち自身の”備え”はできているだろうか? 個人として、あるいは集団として、危機に対処し、生き延びる自信があるだろうか?

 そう問われると、私は全く心もとない。水や懐中電灯を緊急持ち出し袋に入れてはいるものの、火災が起きたら高層マンションの自室から逃げおおせるか、わからない。 

 地下鉄で、飛行機で、満員のコンサート会場で、海や山で、予期せぬ事態に巻き込まれたら・・・・・・。

9・11、欧州熱波、カトリーナ 
著者は『タイム』誌のシニアライター


『生き残る判断 生き残れない行動』(光文社)アマンダ・リプリー (著)、 岡真知子 (翻訳)
『生き残る判断 生き残れない
行動』(光文社)アマンダ・リプ
リー (著)、 岡真知子 (翻訳)
 本書は、そんな「考えもしていない」「想像を絶する」惨事に遭遇したとき、人間はどのように行動するのか、そして、生死を分けるのはどんな行動なのかを、惨事の記録と生存者たちへのインタビュー、専門家への取材を通じて明らかにしていく。

 著者は、雑誌『タイム』のシニアライター。2001年にはマンハッタンから「9・11」について、03年にはパリから欧州の熱波について報道し、05年、ハリケーン「カトリーナ」などに関する報道で『タイム』誌の全米雑誌賞受賞に貢献したという。

 08年に上梓された本書は、著者の第1作。訳者によると、15カ国で翻訳出版された。構成がやや行きつ戻りつして読みにくい点はあるが、さまざまな惨事を生々しく再現する“生き証人”たちの物語は、心を深く揺さぶる。

 一方で、心理学者や脳科学者、テロ対策専門家、警察官、消防士、パイロットの指導教官などに意見を求め、科学的な検証を試みる。模型飛行機の墜落実験や火災の模擬体験に著者が体を張って挑んだ現場レポートも、読み応えがある。

 原題のThe Unthinkableには、「想定外の惨事」という意味とともに、危機に際して我々は「考えられなくなる」という警告も含まれているように思う。

 驚くことに、人間は恐怖に押しつぶされ、制御できないと感じるやいなや、思考停止に陥って動けなくなる。文字通り、「固まる」あるいは「凍りつく」のだ。

 同時多発テロ攻撃を受けた世界貿易センタービルで、ハリケーンに襲われたニューオーリンズで、あるいは、沈みゆく豪華客船で、火が燃えさかるサパークラブで、意外なほど多くの人びとが、何事もないかのように仕事やダンスを続けたり、その場に呆然と座りこんだりする様子が目撃されている。

 ヴァージニア工科大学の銃乱射事件では、男子学生が床に倒れて「死んだふり」をした結果、ただ一人生き残ったが、これは例外で、ほとんどの場合、思考停止は死に直結した。

リスクについての歴史や科学を学び 
脳のために予行演習をする


 動物麻痺を研究する専門家によると、あらゆる種類の動物が、極度の恐怖にさらされると完全に活動を停止する強い本能をもっている、という。麻痺状態でいることは、ほかに逃げ道がない場合、捕食者から逃れるため理にかなった戦略だった。進化上、有利にはたらいたとみられる。

 しかし、現代の災害では、脅威は別の動物から与えられるものではないので、麻痺は功を奏さないかもしれない。むしろ、まちがった反応になる可能性が大きい。

 「わたしたちは、以前は適応性のあった反応が、科学技術が進歩した結果、もう適応性がなくなった状況を目の当たりにする可能性がある」。動物麻痺の専門家のこの指摘は、じつに興味深い。

 だからこそ、「生死にかかわる状況では、脳には単なるあいまいな助言ではなく、意識下のプログラミングが必要である」と、著者は訴える。ただ水を備蓄するだけでなく、「リスクについての歴史や科学を学び、脳のために予行演習をするよう努力していただきたい。手の込んだものでなくてもよい。週に一度、階段を使ってオフィスビルから出ていくだけでもいいのだ」。
 このように、人間は実際に災害に遭うと、全く何もしない、という反応をすることが最も多く、たいていの場合、心配されるような「パニック」は起こらない、と著者はいう。

 ではなぜ、将棋倒しのような「もっとも恐ろしく極端なパニックの一形態として表される行動」が起きるのか?

 イスラム教の巡礼者が群集となってひしめき合う「ハッジ」を例に挙げ、それが暴徒のせいではなく、群集の物理学のせいで引き起こされる、というスコットランドの数学者の研究は、大いに示唆に富む。

 <人間は少なくとも各々一メートル四方の空間があれば、自分の動きを制御できる。一人あたりの空間が一メートル四方より小さくなると、他人に押されても対抗できなくなってしまい、小さなよろめきが増幅されることになる。あの朝十一時五十三分過ぎに、フセインとサディークは群集から衝撃波(音速を超える速さで伝わる強い圧力変化の波)の振動を感じた。その時点で、群集は不安定になって揺れた。>

 <将棋倒しで死ぬ人々は、通常は踏みつけられて死ぬわけではない。窒息死するのである。ごみ圧縮器の中で圧搾されるのと非常に似ていて、四方八方から圧力をかけられて息ができなくなるのだ。肺は圧縮され、血液中の酸素は欠乏する。一人の人間を殺すのにたった五人が力を合わせるだけで十分なほどだ。>

人はパニックになるという考えが 
逆に多くの人の命を奪ってきた


 将棋倒しが、おもに時間、空間、そして密集の度合いの相関作用で起こること、加えて、大きな物音や爆撃の噂のような心理的作用も急激な動きのきっかけになること、つまり物理学と心理学を知っていれば、悲劇は防ぐことができる、というのだ。

 「群集の殺到を防ぐ方法は知られている。それはもはや問題ではない。問題は、責任者が変更を加えるべき点を受け入れないことだ」。憤りをあらわに、著者は続ける。「パニックは、犠牲者を非難する手段としてあきれるほど何度も利用されてきた」し、災害が起きる前でも、国民を軽視する口実に利用されてきた。「人々はパニックになると昔から言われている。だから情報や訓練――自らが生き延びるための基本的な手段――を与えたところで彼らを信頼するわけにはいかないのだ、と」。

 ある災害専門家は、こう問いかけた。「警告を与えたら人々がパニックになるおそれがあると考えた人のせいで、何人のアメリカ人が亡くなったか知っていますか?」と。

 この問いは、わが国でも発せられるべき問いであろう。さまざまな意味で「unthinkable」に対処すること、それが現代における危機対応の要であると感じた。