『気候は変えられるか?』鬼頭昭雄氏著者インタビュー

ウェッジ書籍部

 11月8日、台風30号(ハイエン)がフィリピンを直撃し、甚大な被害をもたらした。日本の気象庁によると、台風の勢力は上陸時点で中心気圧895hPa、最大風速65m/s、最大瞬間風速90m/sとされ、上陸した台風としては観測史上例をみない猛烈なものであった。

日本でも今年の夏から秋にかけてこれまでになかったような猛烈な豪雨が各地を襲った。台風の勢力は強大化しているのか? また台風の発生数は増えていく傾向にあるのか?

「気候変動に関する政府間パネル」(IPCC)第1作業部会の執筆者として20年間IPCCに携わってきた鬼頭昭雄氏が、このたび『気候は変えられるか?』(小社刊)を上梓した。出版を機に、鬼頭氏に台風の現状について伺った。

――2013年は例年よりも台風が多く発生しているように思いますが、実際はどうなのでしょうか?

鬼頭昭雄氏(以下、鬼頭氏):気象庁のデータによると、11月14日現在、2013年は31個の台風が発生しています。1981年~2010年の30年間平均の発生数が25.6個なので、例年に比べると多いですね。ちなみに、観測史上最高発生数は1967年の39個です。

『気候は変えられるか?』 
(鬼頭昭雄・ウェッジ社)
『気候は変えられるか?』
 (鬼頭昭雄・ウェッジ社)
――今回の台風30号は甚大な被害をもたらしましたが、そもそも台風はどこまで予測できるのでしょうか?

鬼頭氏:まず、予測するには「気象モデル」を用います。「気象モデル」とは、気候を構成する大気、海洋などが気候システムの中で起こすことを物理法則にしたがって定式化し、計算機の中で擬似的な気象を再現しようとする計算プログラムのことで、これにさまざまな情報を取り込んで予測します。

 台風の予測項目には「強さ」と「進路」がありますが、「強さ」を予測するのは非常に難しいです。さまざまな条件、例えば、雲がどのように組織化して発達するか、海面水温がどのくらいまで上昇するか、などの予測が難しいのです。そのため強さの予測も非常に難しくなります。「進路」は、基となる気圧配置や風向きがある程度予測できるので、こちらについては予測精度が上がってきています。

 気象モデルの高解像度化が進めば、将来的には今より精緻な予測が可能になるでしょう。

――ところで、気象を予測する際に基になるデータとはどのようなものでしょうか?

著者:鬼頭昭雄氏
(撮影:WEDGE Infinity編集部)
著者:鬼頭昭雄氏
(撮影:WEDGE Infinity編集部)
鬼頭氏:世界気象機関(国連の専門機関)のデータです。世界各地で毎日決まった時刻(日本では9時と21時)に、世界の各地の気象台で一斉にバルーンを上げて気温・風向などの気象状況を調べ、そのデータを世界気象機関で集約し、世界に配信しています。

 日本の気象庁は独自の気象モデルにその情報を取り込んで気象予報を出しています。アメリカやヨーロッパも独自の気象モデルを持っています。どのようにデータを取り込むか、どのように雲が出来るかということを見積もる技術はそれぞれの国の気象モデルによって異なります。

 ちなみに、世界で一番精度が高いのは、ヨーロッパ(ヨーロッパ中期予報センター)の気象モデルです。

――今後、台風はどのような傾向にあると予測されるのでしょうか?

鬼頭氏:まず、世界的に「数」と「勢力」がどうなっていくかというお話からしましょう。IPCCの評価では、世界全体での発生数は、同じ程度か減少するであろう、と予測しています。

 台風の発生には、熱帯地域の温度の変化が関係します。大気が不安定(上空と地上の気温差が大きく、大気が混ざりやすい)だと台風が発生しやすいのですが、将来的には安定する(全体的に気温が上昇し、かつ気温差が小さくなり、大気が混ざりにくい)と予測され、発生数は減少する傾向にある、と予測されています。

 ただ、大気全体が温まることで、大気に含まれる水蒸気量が増えるため、台風やハリケーンが発達するためのエネルギー源が増え、勢力の強い台風が発生すると考えられています。

 次に、日本への影響ですが、重要になるのが「発生する場所」です。台風は北西太平洋上で発生しますが、将来的に発生場所が今より東寄りになると予測されています。そのため、台風の進路が全体的に東寄りになり、日本列島に接近および上陸する可能性は低くなると予想されます。

 ただ、東寄りの海上で発生するということは、太平洋上での移動距離が長くなる(=大気中の水蒸気を取り込みやすくなる)ため、台風の勢力が強まる可能性が高いと考えられます。

 日本から見ると、接近および上陸する台風の数は減少しますが、勢力の強い台風が襲来する可能性が高まる、ということです。
――なるほど。では、将来的に今回の台風30号のような大型台風が平均的なものになることは考えられますか?

鬼頭氏:何を平均と取るかにもよりますが、さすがに台風30号と同等の勢力の台風が平均となることは考えにくいですね。

――本書では、台風を含めてさまざまな気候や気象の問題について触れられていますが、この機会に是非読者に知っておいていただきたいことはありますか?

鬼頭氏:そうですね、よく「地球温暖化予測は不確実である(よく分かっていない)」、と言われますが、そうではなくて、“確実な要素と不確実な要素がある”ということを知っていただきたいと思います。

 例えば、確実な要素としては、世界全体での気温の変化傾向などが分かっています。逆に、不確実は要素としては、どれくらい雨が増えるのか、などはまだ不確実です。これを一括りにして、全てが不確実だと判断されてしまうのはとても残念です。

 気象科学というものは急速に進歩するものではなく、長い年月をかけて着実に進歩してきています。従って、現時点では不確実なものも、将来的に徐々に解明されていくと思われます。

――鬼頭先生は、IPCCの第1作業部会の執筆者として20年間IPCCに携わってこられましたが、20年前の予測と現状を比較するといかがでしょうか?

鬼頭氏:大きなところは間違っていないですね。例えば、気温の変化や雨の変化のパターンなど定性的には確実になってきたと思います。20年前の予測から大幅にずれていたら問題ですが、大事なところはきちんと押さえられているといえるのではないでしょうか。

――最後に、読者に一言お願いします。

鬼頭氏:そうですね。皆さんには是非、年単位といった短期間での異常気象と、長い期間での温暖化の変化について、きちんと分けて考えていただきたいですね。そして、温暖化が起こることによって異常気象のピークが変わってくる(温暖化が進めば、異常気象の規模や頻度が高まる可能性がある)ということも理解していただきたいと思います。

 2013年9月末にIPCC第1作業部会の「自然科学的根拠」を基づく第5次評価報告書の承認・公表がされました。これに続いて、2014年3月には第2作業部会から「影響・適応・脆弱性」について、4月には第3作業部会から「緩和策」について承認・公表予定です。

 皆さんには引き続き興味をつないでいただき、それぞれの報告書の内容を参考に、気候・気象と上手く付き合っていただきたいと思います。



鬼頭昭雄 (きとうあきお) 筑波大学生命環境系主幹研究員。1953年大阪市生まれ。京都大学大学院理学研究科地球物理学専攻、理学博士。専門は、気候モデリング、モンスーン、気候変動。1978年気象庁入庁後、2007年気象庁気象研究所気候研究部部長を経て、2013年5月より現職。また2011年より日本学術会議連携会員。「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」第1作業部会評価報告書の執筆者を4度務める。第2次(1995):「気候モデル:評価」、第3次(2001):「モデル評価」、第4次(2007):「全球気候予測」、第5次(2013):「気候の現象およびその将来の地域規模気候変動との関連性」を執筆。