「(和歌山県)太地町で捕獲されたイルカの入手をやめよ」という世界動物園水族館協会(WAZA)の要求を日本動物園水族館協会(JAZA)が受け入れた。欧米のイルカ漁反対派は「日本のイルカ漁は残酷で野蛮」と主張する。
出港する漁船を撮影する反捕鯨団体のメンバーら=和歌山県太地町
 イルカ漁は娯楽ではなく食文化である。日本では古来よりイルカが貴重なタンパク源であった。欧米人は、「あんなにかわいいイルカを食べるなんて」と眉をひそめるが、自国で食べないものを食べる者を「野蛮」と決めつけるのはレイシズム(民族差別)の最も典型的パターンだ。

 例えばヒンズー教では牛を神聖な生き物として扱って決して口にしないが、我々日本人や欧米人は食べる。それでもインドなどに多いヒンズー教徒が批判しないのは、「食文化の違い」を理解しているからである。欧米人よりずっと文化を理解している。
 
 中国ではアルマジロを食べるし、韓国では犬を食べる風習がある。国によって事情が異なって当たり前だという意識が欧米人には希薄すぎる。
 
 食文化でいえば、餌を強制的にガチョウやカモの胃に詰め込んで太らせてから肝臓を食べるフォアグラは“残酷”な生産方法だが、このほど欧州連合(EU)議会で「残酷な方法で生産されるフォアグラの輸入と販売を禁じる」とした提案は反対多数で否決された。他国の食文化に口出しをしても、自分たちの伝統文化だけは守るダブルスタンダードである。

関連記事