原発のごみ、日本に埋める場所ありますか?


3.処分場の選定条件は?

THE PAGEより転載)

 日本科学未来館で2015年1月17日に行われた、サイエンティスト・トーク「原発のごみ、日本に埋める場所ありますか? ― 高レベル放射性廃棄物の地層処分」の全文書き起こしをお届けします。

 日本ではこれまで原発を使用してきたことで核のごみである高レベル放射性廃棄物が大量に生まれていますが、その処分の手段を未だ持ち得ていません。本イベントでは地質学者の吉田英一氏を講師にお招きし、日本独自の地質現象を踏まえて、地層処分が可能な場所が日本にあるのかを科学的に見ていきます。

 第3部は「処分場の選定条件は?」です。動画はページ内のプレイヤーでご覧いただけます(45分35秒~1時間10分30秒)
吉田:はい。それで、この長期的な安定な場所。じゃあ、地下の状態は分かったよと。それはバリア機能もあるかもしれないと。でも、それ自体がひっくり返ったり断層で壊れたり、あるいは火山が噴いたりしたらどうすんの、それ自体が隆起したらどうするの、それも、もう皆さん、あるいは私自身も含めて、そこもちゃんと把握しておく必要のある部分でしょうと。
 そういうのを現在、ここにちょっと書いてありますが、日本列島と地質環境の長期安定性という形で書いてありますが、実はこの、今、地質図を見せていますが、こういう、あ、引っくり返してもらったほうがいいかもしれないですね。マップ、データをまとめたものが日本の地質学会から出されています。これは一般の方も購入することができます。

 これは何かっていうと、日本の実際の地質状態がどういったものなのかっていうのをまとめたものっていうか、できるだけ分かりやすく、現在の最新の知見等に基づいてまとめたものです。日本はご存じのように、プレートが沈み込んで、こういうフィリピン海プレートとか、あるいは日本海プレート、そういったものがこちらのユーラシアプレートの下に沈み込んでいる。

 で、それこそ今日も神戸の地震のちょうど20年の節目っていいますか、日に当たりますが、例えば福島の地震なんかも基本的にはこういうプレートの運動によるものっていうことが分かっているということなんですけど、そういった現象から、日本の実際の状態、例えば地層処分に影響を及ぼすものは何かということを考えたときに、地質、活断層、隆起沈降、火山活動と、そういったものの状態を把握しておく必要があると。

 それが、例えば地層処分であれば地層が古いほうがいいでしょうと。あるいは活断層であれば、それはサイトにはないと。で、隆起速度はもちろん遅いほうがいいと。10万年後に地表に出てきてもらっては困りますので。そして火山活動もやっぱりないほうがいいと。そういった状況のものが、いわゆる日本に存在するかどうかということですよね。
 それを、そういう観点から見たときに、例えば日本列島の地質であればこういうふうに、ちょっと色がパッチ状に表せていますが、どこにどういう地層が、古い地層があるのかっていうのはちゃんと分かっています。で、これはもう日本の地質調査、明治時代から地質調査の積み上げで分かってきていますので、そこにはやっぱり200万年前よりも古い地層っていうのが、どういうところに分布しているかというのも分かる。日本も意外と古い地層はあって、一番古いのでは4億年とか、そういった地層もあります。
 そういう地層がやっぱりどれくらいの広がりで、どういうふうにあるのかっていうのが分かっていますので、それらが次の、例えば今度は隆起しているか、してないか。で、これも隆起量のマップっていうのが、現在の測地で、データで、まだ完全にデータがそろいきれてないところもありますが、かなり分かってきていると。

 それを見たときに、例えば10万年間で30メートル以下のところで示すと、これくらいあるんですが、10万年、基本的には300メートルっていうふうに言っていますので、もっと500メートル、800メートルっていうふうに深くすれば、さらに隆起しても可能な場所っていうのは広がることになります。
 あるいは活断層があるかないかということですね。今、活断層もいろいろな観点で注目を得ていますが、どこでもここでも全て活断層があるっていうことではなくて、その偏りがあるということですね。

 先ほども言いましたが、プレートはこちらとこちらから押されていますし、そのときにこういう例えば活断層の、いわゆる分布の形態とか、そういったものがどういうふうに配列しているかとか、そういった傾向も分かってきています。もちろんこれが全ての日本の地表にある、あるいは確認できている活断層ではないというふうにも言えます。それはある場所がもし選定された場合に、さらに詳細な調査を行うというのは、もちろん重要なことになります。
 そして、地温勾配とか火山フロントということなんですけど、これは何かっていうと、日本の火山列島の配置っていうのも、実は偏りがあります。これはどうしてかっていうと、こちらからプレートが沈み込みますので、実はそのプレートの沈み込みに従って、ある地域、ある線から日本海側でしか火山っていうのは発生しないということも分かっています。この線上の配列のこの部分のところを火山フロントというふうに言っています。ちょうどフロントガラスのようなフロントになっているという意味ですね。

 このフロントに応じて、実は赤い、あるいは黄緑とかいうところは、地温が高いところです。地温っていうのは地面の温度ですね。これは温泉地域とも一致していると。で、東北日本とかにいい温泉場所とか、そういったものが多いのは、こういう地下の状態によるというものです。

 こちらが実は火山を、地温の低いところと火山をクローズアップしたものですが、基本、もし15キロっていうと、どれくらいは排除しないといけないかっていうと、この円がちょうど直径15キロになります。こういうところはやっぱり選べられないということですね。ただ、青いところは地温の低いところなので、そういう地域はもちろん火山があるところは地温が高いので、白いところになりますが、そうでないところは青い、地温の低いところだということになります。

 で、そういう意味では、これらの知見を踏まえた上で科学的に選定するっていうことは可能であろうと。これはより安定、より地温の低いところって、そういう意味で、それが最終的にベストかどうかっていうのは、またその地域に行って調査・研究をする必要があると。ということで、そういう意味では日本の状態は地質が古いとか、活断層がないとか、火山活動がないとか、そういう隆起速度が速い地域ではないというような知見も踏まえて、重要なことは日本の地質は不均一だということです。どこもかしこも同じように火山が噴くわけではなくて、火山が噴くところは決まっていて、それは過去500万年間とか、そういったオーダーで、もう予測する、予測というよりは調べられているということですね。

 あるいは地温とか、あるいは地質の分布とか、そういったことも分かっているので、そういった認識を経た上で、やっぱり日本の場所でどういうところが最初に言った地層処分場も踏まえた上で、広さも踏まえた上で適切な場所と言えるのかっていうことのサイト選定はできるだろうと。