村上春樹のノーベル賞落選が「既定の事実」だったホントの理由

『黒古一夫』

読了まで9分

黒古一夫(文芸評論家)

 10月5日から始まったノーベル賞ウイーク、すでに医学・生理学賞を大村智北里大学特別栄誉教授が、物理学賞を昨年に引き続き梶田隆章東大宇宙線研究所長が受賞し、「科学」分野における日本の基礎研究・応用研究が世界水準にあると証明され、日本中が歓びに沸き立っている。

村上春樹さんのノーベル文学賞受賞がかなわず、肩を落とす“ハルキスト”たち=2015年10月8日夜、北海道美深町
 そんな「科学」分野におけるノーベル賞フィーバーに拍車をかけたのは、昨夜(8日)結果が発表された文学賞である(受賞者はベラルーシのスベトラーナ・アレクシェービッチ)。2006年にノーベル文学賞受賞の登竜門と言われるチェコのフランツ・カフカ賞を受賞して以来、イギリス政府公認のブック・メーカー(賭け屋)によって毎年のように予想される受賞者の上位にランクされ、出版不況や純文学衰退説が流れる文壇や文学愛好者(特にハルキストと呼ばれる村上春樹の熱狂的なファン)、更には「明るい話題」を求めるマスコミが「今年こそ絶対に受賞する」と大きな期待を寄せるということもあって、「村上春樹、今年も落選」の報は日本中を駈け巡った。

 欧米以外の国々に暮らす作家がノーベル文学賞の候補者となる条件の一つに、その中心的作品のいくつかが英語をはじめとする欧米語に翻訳されていることがある、と言われている。その意味では、欧米各国語だけでなく中国語、韓国語、ベトナム語、スペイン語、トルコ語など約50カ国語に翻訳され、世界中に何千万人もの読者を持つ村上春樹が、毎年のようにノーベル文学賞の「候補」に挙げられてきたのは、先のフランツ・カフカ賞の後もエルサレム賞(イスラエル 09年)やカタルーニャ国際賞(スペイン 11年)などの国際的な文学賞を受賞していることも考えれば、当然と言っていいかも知れない。

 にもかかわらず、なぜこれまで村上春樹はノーベル文学賞を受賞できなかったのだろうか。村上春樹が『風の歌を聴け』(79年)でデビューして、『ノルウェイの森』(87年)で爆発的な人気を博するようになった直後の1989年に『村上春樹――ザ・ロスト・ワールド』(六興出版刊)を上梓して以来、同じ1970年前後の「政治の季節」を経験した団塊の世代(全共闘世代)に属する作家として、私は同伴者意識を持って村上春樹の作品を読み続けてきた。そして、2007年には2冊目となる『村上春樹――「喪失」の物語から「転換」の物語へ』(勉誠出版刊)を上梓し、今年の7月には35年以上にわたる村上春樹文学を総括し、併せて最近の村上春樹文学の方向性を見失ったような、あるいは行きつ戻りつするような「迷走」ぶりを批判した『村上春樹批判』(日中同時出版 アーツアンドクラフツ刊)を上梓した。そんな私から見ると、村上春樹の「落選」は、大騒ぎするようなことではなく、納得できるものであった。ノーベル文学賞というのは、「人気」ではなく、その文学がどんなメッセージを内包しているかが重要だ、と思っているからである。
村上春樹の文学はどんな「生きる指針」を示してきたのか

 つまり、何百万部も売れ、例えば中国での翻訳権が9800万円、韓国でのそれが1億数千万円であったと言われる『1Q84』(BOOK1~3 09~10年)の刊行から、発売1週間で百万部を売り上げたという『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(13年)や連作集『女のいない男たち』(14年)は「失敗作」だったと判断し、さらには「自伝的エッセイ」とされる『職業としての小説家』(今年9月)も、結局「自己弁解」に終始したエッセイではないかと思っていた私には、村上春樹のノーベル文学賞落選は「既定の事実」と言っていいものだったのである。

 その理由についての詳細は、拙著『村上春樹批判』を読んで頂くしかないのだが、ここでその根幹の理由について簡単に記しておけば、その文学的特徴として指摘されてきた「村上春樹の文学は、ポスト・モダン文学だ」という評価と関係しているのだが、明治の20年代に成立したとされる日本近代文学の根底に存在してきた「人間(個人)は、いかに生きるべきか」という問い、それはまた社会的・歴史的存在である人間の生き方を問うということでもあったが、村上春樹の文学にはそれが欠如しているのではないか、ということである。つまり、高度に発達した資本主義社会(都会)に生きる人間の「喪失感」や「疎外感」、「孤独感」、「絶望感」を描くことに成功し、若者を中心に世界中に多くの読者を獲得した村上春樹であるが、ではそのような「喪失感」や「孤独感」などを内に抱いて生きる若者たちに対して、村上春樹の文学はどんな「生きる指針・ビジョン」を示してきたのか、ただその文学世界に存在するのは現状を「消極的」に追認するだけのものだったのではないか、ということである。

 1994年にノーベル文学書を受賞した大江健三郎は、そのような村上春樹の文学的傾向について「村上春樹の文学の特質は、社会に対して、あるいは個人生活のもっとも身近な環境に対してすらも、いっさい能動的な姿勢をとらぬという覚悟からなりたっています。その上で、風俗的な環境からの影響は抵抗せず受身で受けいれ、それもバック・グラウンド・ミュージックを聴きとるようにしてそうしながら、自分の内的な夢想の世界を破綻なくつむぎだす」(傍点原文「戦後文学から今日の窮境まで」86年)と喝破していたが、この大江による(初期の)村上春樹文学の評価は、未だに有効性を失っていないと私は思っている。
日本人ノーベル文学賞作家に相応しいのは誰か

 村上春樹自身も、このような現在もなお有効な大江評価と同じようなことを、河合隼雄との対談『村上春樹、河合隼雄に会いにいく』(96年刊)の中で語っていた。村上春樹は、1995年に起こった阪神淡路大震災とオウム真理教による地下鉄サリン事件を契機に、大江が言う「(社会に対して)能動的な姿勢をとらぬという覚悟」と同じ意味の「デタッチメント(社会的無関心)」であった文学傾向を転換させ、今後は「コミットメント(社会との関わり)」を主題にした作品を書く、と宣言していたのである。しかし、試みは壮大だったが結果は「失敗作」となった『1Q84』(1~3 09~10年)や、これもまた多くの批評家に「失敗作」と断じられた『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』や連作集『女のいない男たち』を見ると、60代になって村上春樹はまた初期の「デタッチメント」的作品に本卦還りしてしまっていて、「転換」は実現しておらず、その「迷走」ぶりこそノーベル文学賞から遠ざけられた原因になっているのではないか、と思わざるを得ない。

 また、「エルサレム賞」の受賞式でパレスチナ(弱者)とイスラエル(強者)との争いが絶えないイスラエルに出掛けて行き、「壁=システム・権力(強者)」と「卵=個人(弱者)」との関係において、一人の作家として自分は「卵(弱者)」、つまりパレスチナの側に付くと言いながら、その後パレスチナとイスラエルの紛争(戦争)に関してどんな発言もせず行動もしない在り方や、東日本大震災(福島第一原発の爆発事故)直後の「カタルーニャ国際賞」の受賞スピーチ「非現実的な夢想家として」の中で、それまでの反核運動を否定するような「我々日本人は核に対する『ノー』を叫び続けるべきだった」と断じながら、その後のフクシマの事態や原発再稼働問題について沈黙を守り続けてきたその「核」に対する姿勢も、村上春樹の「言行不一致」としてノーベル文学賞(候補)作家に相応しくないと判断されたのではないか、と思わざるを得ない。今回、1986年に起こったチェルノブイリ原発の事故について発言し続けてきたアレクシェービッチ受賞者になった理由を忖度すると、余計そのように思う。

 更には、拡大する「貧富の格差」など様々な問題を抱える「日本」の作家でありながら、その作品世界が「日本の現実」に根差していないのではないかという問題もある。日本初のノーベル文学賞授賞者になった川端康成の文学が、あくまでも遅れて近代化した日本の自然と芸術(文化)との関係を考えざるを得なかった日本人の苦悩と哀しみを主題にしていたことを思い起こすと、村上春樹文学の「無国籍性」(世界文学の性格を持つ、とも言えるが)こそ欠点=弱点なのではないか、思わざるを得ない。

 以上、村上春樹がノーベル文学賞を受賞できない理由をいくつか簡単に述べてきたが、ではもし次の日本人ノーベル文学賞作家に相応しいのは誰かということになると、私は文句なしにナガサキの被爆者であり、「被爆者」として生きざるを得なかった戦後の意味を問い続け、芥川賞はじめ川端賞、谷崎賞、野間賞、朝日賞など数々の文学賞を受賞している林京子を、その第1候補として挙げたいと思っている。

この記事の関連テーマ

タグ

なぜ村上春樹はノーベル賞を取れないのか

このテーマを見る