いまや戦後生まれが総人口の8割近く。先の大戦の記憶を持つ者は年々減ってきている。今こそ、あの大戦を振り返るべく、元日本軍兵士の証言を聞いてみよう。

証言者:幸愛志公(89) 元海軍駆逐艦「磯風」主計科

 大正13年生まれ。昭和19年1月大竹海兵団合格、7月駆逐艦「磯風」に乗艦して主計科配属。レイテ沖海戦、坊ノ岬沖海戦(沖縄水上特攻作戦)に参加。最終階級は二等兵曹。

* * *

 大竹海兵団を卒業して呉海兵団に仮入団中の昭和19年7月、ハワイ作戦以来百戦錬磨の第17駆逐隊が呉と柱島の中間辺りに並んでおり、私は「磯風」に乗艦した。普段は烹炊所(厨房)で、乗員300名分のメシ炊き係だった。日中50度近くにもなるところで、フンドシ一丁での作業となる。

 レイテ沖海戦を前に栗田艦隊がブルネイに集結。一度にあれだけの艦船を見るのは初めてで頼もしかった。だが、出撃翌日の10月23日早朝に戦闘配食で握り飯を作っていた時に「ドスーン、ドスーン」と音が聞こえ、早くも重巡洋艦「愛宕」「摩耶」が敵潜水艦に撃沈されてしまった。

ポール・アレン氏が公開した3月初めに見つかった武蔵とみられる船体の写真で、「空氣壓力計 右砲噴氣用」などと記されている部分
ポール・アレン氏が公開した2015年3月初めに見つかった武蔵とみられる船体の写真で、「空氣壓力計 右砲噴氣用」などと記されている部分
 翌24日にシブヤン海を通過中、敵空母艦載機編隊が猛攻撃を加えてきた。私の戦闘配置は後部二番主砲塔弾庫だったが、空襲の合間には烹炊所へ戻って作業した。

 途中、外を見るたびに味方艦の数が減っていった。集中攻撃を受けた味方戦艦が左舷側に傾きつつ前のめりになっていき、夜沈む時には後甲板に生存者がすずなりになっていた。「あれ『武蔵』らしいで」と誰かが言い、“不沈艦”の現実を思い知らされた。

 結局、レイテ突入を果たせず呉へ帰還することとなった。帰還中の11月21日未明にも攻撃を受け、戦艦「金剛」と第17駆逐隊「浦風」に火柱が立った。

 連合艦隊が大損害を受けたレイテ沖海戦後は、艤装完成のため横須賀から呉へ回航される世界最大の空母「信濃」(「大和」型三番艦を改造)の護衛を命ぜられた。「信濃」は11月29日未明に敵潜水艦の魚雷を受け、やがてグリグリ旋回しだすのが烹炊所から見えた。

 曳航を試みたが、巨艦を支えきれず曳航索(ロープ)が切れてしまった。目の前で「信濃」のスクリューが空回りし、飛行甲板の後ろから乗員がズルズルと滑り落ちて行った。全く戦果が無くこんな沈み方をするとは、いよいよ戦争は負けるなと思った。

 沖縄特攻作戦では戦艦「大和」を護衛し、昭和20年4月6日徳山沖を出撃。7日に敵機から至近弾を受け、機械室が故障した。電気が消えて、非常燈(赤ランプ)がついた。弾庫長が「上へ上がれー!」と叫ぶのが早いか、海水が入ってきた。砲塔に上がり、「来たぞ!」と声がしたと思うと、敵機が機銃掃射してきた。

 海水を烹炊所の一斗缶で汲み出そうと試みた時、「大和」の巨大な火柱が見えた。その後「雪風」移乗の命令が出て、「雪風」へと乗り移った。処分命令が出された「磯風」はその夜、「雪風」の砲撃により沈没。「磯風」がほぼすべての日米主要海戦に参加していたことを戦後改めて知り、乗船できたことを誇りに思う。

●取材・構成/久野潤(皇學館大学講師)

関連記事