iRONNA読者のみんな、まんにちは!まんこの妖精・まんこちゃんだヨ!

 ここんとこパッタリ動きがなかったろくでなし子さんのまんこアート裁判が、10月15日(木)、やっと再始動したヨ!

 今までは検察側の攻撃だったけど、これからは弁護団側の攻撃がはじまるんだって。秋冬は盛り上がりそうな、よ・か・ん??

 そのルポは次号じっくりお伝えすることにして、今回は、9月19日からはじまった文京区目白にある永青文庫の「春画展」に、なし子さんとまんこがイッてきたお話をビラっとお届けするネ??

 iRONNA 読者のおじさんたちならみんな大好き、春画の世界??

 ちんことまんこのハメハメシーンが堂々と生々しく描かれていているので、いやらしいポルノのイメージが強いけど、欧米では芸術作品としてまじめに評価されているんだ。

 それで大英博物館が、「春画が生まれたYouの国で、ウチで所蔵してる春画コレクションの巡回展しようYO! 」と長らく声をかけてくれてたのだけど、日本の美術館が受け入れてこなかったんだって。

 てか、春画の生まれ故郷が受け入れ拒絶って、おかしくね?

 その話を聞いた時、まんこ、こう思ったの。

 春画とまんこ、似た者同士やん!

 人間なら当たり前に持ってるちんこやまんこ、誰もがそれを経て生まれてきたセックスを、「ワイセツだからダメだ!」って、謎の規制をかけられる…。それが悪いことなら、人類みんな、大悪党だよネ!?

 そんな中、ついに勃ちあがった日本の美術館が、旧熊本藩主細川家伝来の美術品や歴史資料を所蔵している永青文庫。理事長は、あの細川元首相。

 おかげで春画展が日本ではじめて正式に開催されることになったんだ。

 なし子さんもまんこも、その吉報に思わず小躍りしたヨ!ヤッタネー!

 しかも、9月18日のプレス用内覧会は細川元首相ご本人も来るというので、なし子さんとまんこ、前のめりで凸って来たヨ!!

 一歩中にはいったら、スゴイのなんの。

 江戸時代から続いてる細川家の上品でオシャンティなお屋敷で、ワイセツ図画が不特定多数に向けて堂々と陳列されとるヨ~。激ヤバ~~~((((o゚▽゚)o))) 


  ウッヒョ~。ちんことまんこだらけや~ん!ヽ(゚∀゚)ノ

 …あっ!細川元首相がやってきた!
  ヤバーイ!本物??
 まんこ、名刺交換してこよーっと+。:.゚?(?>?<?)?:.。+゚

 さてさて、せっかくなので、ほんの少しだけ展示作品をご紹介するネ。

喜多川歌麿「歌満くら」浦上満氏蔵
喜多川歌麿「歌満くら」浦上満氏蔵

渓斎英泉『あぶな絵 源氏物語』
渓斎英泉『あぶな絵 源氏物語』 
 春画には、上記のように作品名自体をダジャレにしたものや(「歌まくら」→「歌満くら」)、「書入れ」という登場人物の冗談っぽいセリフが入っているのが多くて、まるで現代のマンガを見ている気分だヨ。

 あとね、描かれている女の人も結構セックスに積極的なの。
 女の人が「早くちんこ入れて~??」とせがんでて、男の俺、トホホ的な自虐パターンが多くてワロタ(^o^)

 でも、それって女の性欲を当たり前に全肯定してるってことだよネ。女がヤリマンだとドン引かれる現代とは大違いだヨ。
 それに、全部が全部セックスしてるだけの絵ばかりでもないんだヨ。
 
 まんこの内側から俯瞰している、もはや宇宙をほうふつとさせる解剖学的な作品や、人間の顔と性器を入れ替えた変わった作品もあるし。
 そういえば、春画ではちんこもまんこも顔と同じくらいオーバーに大きく描かれているよね。性器はなんにも恥ずかしくないヨ~って言ってるみたいで、いっそ清々しいネ!

 つまり、どれもこれも明るくて笑いを誘うものばかりってこと。

 なし子さんも作品の名前を全部ダジャレにしてきたから、「説明なくしてもわかる」って、うなづいてた。

 「性という逃れられない人間の欲望を客観的に笑う装置にした点でも新しいから、むしろ現代アート的。それにセックスの組み合わせも、男女だけに限ってないのもいい。男同士や女同士の組み合わせ、お年寄りから若い人、職業や身分を乗り越えて、あらゆる階層と年齢の人たちのセックスを描いていることからもわかるけど、春画はとても公平で平等な芸術だネ、江戸時代にLGBTの先駆けだったんじゃね?」

 ほんとそーだよネ~。
 こんなにすばらしい芸術を、ずっと受け入れ拒否してきた日本の美術界、イミフ!

 だから、まんこ、ほんっと細川さんに大感謝??
 細川さんといえば、まんこの名刺もきちんと受け取ってくれて、

 「すばらしい作品だから、ゆっくり観ていってくださいね~」
 って笑顔で答えてくれたヨ!めっちゃいい人やん!
 細川さん、ありがと~\(*T▽T*)/
 iRONNA読者のみんな、春画展に遊びにイッて、まんこと一緒に、ワイセツってなんなのか、考えYO!

 …それにしても、まんこ、ふと思ったの。
 こんなに「ワイセツ図画」を堂々と不特定多数に陳列している細川家の美術館、なんで警察は逮捕しに来ないのかなぁ…(。´・ω・)???
(記者:まんこちゃん)


<まんこちゃんよりお知らせ>
 10月のろくでなし子さんの裁判は、15日15時~のほか、10月21日13時半~(東京地方裁判所刑事法廷425号室)も確定したヨ! ただいま、秋のろくでなし裁判フェア開催中!裁判後の弁護団の説明会で裁判のポイントカードを配布します。ポイントが貯まるとろくでもない物がもらえるヨ!みんな、遊びに来てネ~♪
※原文のまま掲載しております



ろくでなし子

漫画家・まんこアーティスト。2013年秋、まんこを3Dスキャンし、そのデータで今性器(世紀)初のマンボートを制作、たまん川(多摩川)にて進水を果たす。その制作費用に利用したクラウドファンドで、出資者へのお礼に3DデータをダウンロードできるURLを送信した事などが要因で、2度に渡り逮捕される。釈放後は勾留中の体験を漫画や書籍に執筆し、表現の自由を訴える活動を精力的に続けている。単行本「ワイセツって何ですか?—自称芸術家と呼ばれた私—」(金曜日刊)が発売中