パ・リーグを圧倒的な勝率で制し、日本シリーズでもヤクルト・スワローズを寄せつけず、ソフトバンク・ホークスは二連覇を果たした。あまりの強さに、「ホークスがメジャー・リーグに参戦したら通用するだろうか?」と話題にする人たちも現れ始めた。

   そのような声が上がったのは、V9を果たした巨人以来ではないか。

   あくまで想像に過ぎないが、「短期決戦ならばホークスは互角以上の戦いができるのではないか」と思う。長いシーズン、長距離移動や時差のあるペナントレースを戦い抜くには、戦力だけないプラスアルファが必要。だから、そう簡単にシーズン優勝が可能とは言えないが、もしワールド・シリーズを制したロイヤルズと対決したら、好勝負を期待するのは夢物語ではない。
ソフトバンク・武田翔太=ヤフオクドーム(撮影・中川春佳)
ソフトバンク・武田翔太=ヤフオクドーム(撮影・中川春佳)
 
  日本シリーズ初戦で好投し、スワローズ打線の牙を抜く役割を果たした武田投手の落差のあるカーブ、緩急を生かした投球はメジャーリーグの強打者には有効だ。中継ぎを担う森、千賀らの真っ向勝負、硬派なマウンド姿はアメリカの野球ファンに好感を持たれるだろう。

    攻撃陣の多彩さもメジャーの破壊力に引けを取らない。あくまで全選手がトップ・コンディションで臨めたらの条件付きだが、長打力に加えてスピードもある「トリプル3」達成の柳田、大砲・李大浩、ハッスルボーイ松田、くせ者・明石と個性豊かなキャラクターが揃っている。日本シリーズは欠場した中軸・内川の打棒が本場でも通用することは過去のWBCで実証済みだ。

 それでも、「個々の力量を比べたらやはりメジャーリーガーのパワーには一歩及ばないのではないか」と疑問の声が上がりそうだ。

 たしかに捕手陣はメジャーリーグに少し見劣りするか。メジャーでは捕手も投手のリードより肩の強さ、打力が重視される。日本はリード優先だから、そこに大きな違いがある。

   明らかにホークスがメジャーリーグを凌いでいる強みを挙げよう。そのひとつが「監督と選手の信頼関係」だ。メジャーでは最近、監督の指導力不足、人望の無さがしばしば話題になる。

 今年のワールドシリーズ開催中にも監督采配を嘆く報道があった。選手は、「どうせプレーするのはオレたちだから、監督の指導力なんてどうでもいいさ」と気にしない姿勢だと書いたメディアもあった。ホークスはといえば、工藤監督への信頼、監督の選手への信頼が日本シリーズでも感じられた。

    端的に言えば、工藤監督は、自分の眼と感覚で選手を起用している。良い意味で、現役時代に磨き上げた眼力、予測力を采配に生かしている数少ない指揮官のひとりではないかと感じる。中日の落合前監督もそうだった。自分を信じている。結果やデータに左右されない。シリーズの第3戦で山田に一発を浴び敗戦投手になった千賀投手を4戦目でも意に介さず投入し好投を引き出したのはその好例。「千賀の球なら絶対に抑えられる」、確固たる自信がある。見込んで起用されれば選手も意気に感じる。野球にはそういった心の力も大きく作用する。その辺の化学反応を起こす素養をホークスは持っている。

2年連続7度目の日本一を達成したソフトバンクの(左から)武田翔太投手、孫正義オーナー、内川聖一、松田宣浩=神宮球場(撮影・中川春佳)
2年連続7度目の日本一を達成したソフトバンクの(左から)武田翔太投手、孫正義オーナー、内川聖一、松田宣浩=神宮球場(撮影・中川春佳)
 球団を買収したときから、孫正義オーナーは「世界クラブ選手権構想」を打ち上げ、「目標は日本一でなく世界一」と公言している。野球界ではその実現性の薄さ、非現実感が蔓延しているため、ファンからも失笑を買ったが、同じ夢を抱く私はひそかに喝采を送り、その実現を待ち望んでいる。真のワールドシリーズの実現は、日本野球を愛する者なら夢見て不思議ではない目標だ。

 野茂英雄、イチロー、松坂大輔、松井秀喜、ダルビッシュ有、田中将大ら幾多の日本のスター選手がメジャーリーグで活躍している実績を見れば、日本のチームだって互角以上にやれて不思議ではない。

 来春からは60億円の予算を投じた新しい二軍の施設も誕生するという。12球団でいち早く3軍を組織して若い選手たちに試合経験の場を確保したホークスの選手層の厚さは、内川欠場の影響をまったく感じさせなかった日本シリーズの戦いでも実証された。ホークスの強みは、実力のある選手がたくさん揃っているだけでなく、彼らが常に「準備OK」でいつでも一軍で活躍するコンディションで待機しているところだ。他チームはどうしても「調子を崩して2軍落ち」「2軍でくすぶっている」雰囲気になりがちだ。ホークスは違う。2軍にいる投手や打者がウエスタン・リーグの個人成績上位を占めていることでも明らかなとおり、ファームが力を伸ばす準備の舞台になっている。これも、あえてチームを別々にし、各レベルでシーズンを戦うメジャーリーグ、マイナーリーグに通じる姿勢を感じる。

 こうしたチーム一体の取り組みも含めて、「ホークスがメジャーでも通用する」と言うのは空想ではない。