山口組の分裂騒動についてマスコミの多くは、山口組と神戸山口組両陣営のトップである司忍組長と井上邦雄組長をクローズアップして分裂劇を報じている。だが一方で、抗争の当事者となる中堅組長や末端組員たちの声が、届くことはない。そんななか、ある組長の声なき悲鳴が轟いた─。フリーライターの鈴木智彦氏がレポートする。


 10月26日、長野県飯田市の組員銃殺事件に続き、山口組分裂で2人目の犠牲者が出た。

「死体が見つかった! 殺しかどうかわからん」

 山口組は一気に色めき立ったが、ネットを当たると既に報道されていた。暴力団筋の伝達スピードが遅かったのには理由がある。事件ではなく自殺だったのである。

 通報した男性が大阪・浪速区のマンションにある暴力団事務所を訪れたのは、午後0時20分頃だったという。寝室として使っていた和室に入ると、布団を敷き、寝間着姿の元倉本組三代目・河内(本名は川地)敏之組長が倒れていた。胸に銃創があり病院に運ばれたが、すでに心肺停止状態だった。右手近くにリボルバーの拳銃が落ちており、争った形跡はなかった。

 河内元組長は、10月半ば、山口組を除籍になったばかりだった。三代目倉本組は奈良市に本部を置く山口組の実力派組織(二次団体)で、いわゆる直参組長である。山口組分裂後は定例会を病欠しており、本部には代理を出席させていた。実際、体調は悪かったらしい。

 もともと倉本組の初代は、今回、山口組を離脱した宅見組の出身である。河内元組長自身も宅見組・入江禎組長に恩義があったという。
神戸山口組傘下組織事務所を訪れる関係者ら
=10月8日、神戸市長田区(猿渡友希撮影)
神戸山口組傘下組織事務所を訪れる関係者ら =10月8日、神戸市長田区(猿渡友希撮影)
 「自分が組長になれたのは入江さんのおかげだと、なにかにつけて話していた。ハートのある人で、義理堅い性格だった。入江さんからは、神戸に来ないかと再三誘いをうけていたと聞く」(山口組直参組長)

 出るか、それとも留まるか……山口組にすれば、これ以上、二次団体単位で移籍されてはたまらない。結果、河内元組長は除籍となったが神戸側に移ることなく身を引き、倉本組自体は山口組にとどまることで、形としては円満に山口組を辞めた。だとすれば自殺する必要はないようにみえる。山口組関係者がいう。

「その後、河内元組長の下にいた組織の幹部が神戸山口組に走ったんです。ちょうどいい潮時と思って、カタギになろうとしていた若い衆もいたそうですが、彼らはこちらの倉心会に合流することになった。つまり、神戸側と六代目側に分かれることになり、自分が身を引いても問題は解決しなかった」

 倉心会とは倉本組から分裂した組織である。倉本組は初代組長が亡くなった後、跡目を巡って内部闘争が勃発し、貴広会と倉心会に分裂した。貴広会側はその後、倉本組を名乗ることを許され、跡目となったのが河内元組長だった。山口組は二つの倉本組系列を、どちらも直参組織に取り立てることで混乱を終息させた。河内元組長は、山口組分裂の前から、自らも分裂劇を体験していたのだ。

「事情を知らない人間から陰で裏切り者と罵られ、ずいぶん気に病んでいたらしい」

 とある関係者は言う。山口組から詰められたのか、神戸側に非難されたのか、そのあたりは判然としない。いったんは神戸入りを決めたが、説得によって撤回したという可能性もある。山口組から離脱した神戸側から、裏切り者の汚名を着せられたのかもしれない。

「自分の命で決着を付けた。男らしい結末」(独立団体幹部)

 自殺を選んだ河内元組長に、おおむね好意的なのが、暴力団というものである。組織が分裂し、自殺者が出るのは珍しくない。2006年から足かけ8年続き、一般人を含む14人の死者を出した九州・道仁会の分裂抗争でも、最初の犠牲者は両者の間に挟まれ苦しんだ結果、自殺を選んだ玉名(熊本県)の組長だった。

 大組織になればなるほど、対立軸とは無関係な人間が増える。憎しみを強制され、無理矢理踏み絵を踏まされる。抗争が勃発せず、にらみ合いを続ければ、これからも自殺者が出るだろう。



名古屋繁華街の飲食店をまとめあげた山口組若頭の「経営手腕」
暴排条例対策で山口組 破門状は郵送からファクスに切り替え
暴排条例で海外に拠点移す組織増えると山口組系企業舎弟証言
38年ぶりに新創刊の山口組新報 俳句や川柳、釣り特集もあり
山口組組長実子挙式 大物政治家や大スター列席の時代あった