藤本貴之(東洋大学総合情報学部准教授、メディア学者)


 筆者が大学で担当する「メディアはデータをどのように伝えるのか?」をテーマにした授業がある。そこで「データは見せ方/見え方」でその印象が大きく異なる、といった「当然」の話をすると、意外にも驚く大学生が多い。
 
 ネットメディアの台頭により、接触する情報源やメディアが多様化する中で、テレビや新聞などのいわゆる「既存メディア」「主要メディア」の影響力が低下している。

 その一方で、メディアへの不信感や疑義を持つ層が増えているとはいえ、まだまだメディアを介して伝えられるデータに一定の客観性や信頼性を感じている層が少なくないことを実感する。
 
 特に現在の大学生世代の若者層は、既存メディアへの不信感を強く持っているアラフォー以降世代(高校・大学時代に急激にネットメディアが拡大して世代)とは対照的に、意外にも情報を鵜呑みにしやすいのではないか、感じる瞬間は少なくない。もちろん、若さや経験不足なども加味した上でも、だ。
 
 その背景にあるのは、現在の大学生世代がアラフォー以降世代よりも、コンピュータやインターネットとの「距離が遠い」という部分にあるように感じている。意外に思うかもしれないが、現在の10代、20代のコンピュータのリテラシー能力は予想以上に低い。
 
 大学に入学してきた新入生たちと面談などをしていると、「自分の専用のパソコンを保有していない」と答える学生は意外と多い。むしろ「学校の授業ではやっている」、「家族で共有のパソコンが一台あって、親が使っていない時に利用できる」など、生活の中で接触する機会は必ず設けられているが、個人的にコントロールできているかと問われればそうではない、という印象だ。
 
 もちろん、スマートフォンを中心としたネットに接続されたIT機器が生活の中に自然の浸透していったことで、「ネット利用を意識させることなく、ネット利用ができる生活環境」が構築されている、という現実はある。

 かつてはパソコンでしかできなかったほとんどのことが、小なスマホ一つで全て事足りてしまう。しかも、現在の大学生世代は「初めても保有する携帯電話がスマホ」となる世代だ。パソコン保有を飛ばして、いきなり「モバイルコンピュータ(スマホ)の保有」になっているのだ。これでコンピュータのリテラシー能力が高まるはずはない。若者層の情報を検索し、検証する能力は社会の情報環境の変化とは裏腹に、驚くべきほど低い。

 そういう現状に日々、直面しつつ感じることは、ジャーナリズムのあるべき姿の重要性だ。局部的であったり、偏った情報・データの提供や、ミスリードを誘導するような恣意的な表現などを見ると、現在の若者たちの生態を利用して「何かブーム」「社会の動き」を創作しているのではないか? と感じることもある。

 未成熟な若者とその現在的な生態を利用した情報戦略には、いささか「情けなさ」を感じる。「メディアの矜持(きょうじ)」はいづこへ、だろうか。