越智小枝(相馬中央病院 内科診療科長


「結局のところ福島は安全なんですか、危険なんですか」

 福島についての話をすると、今でもそのような質問を受ける。しかしノウハウ本のような「結局Yes/No」という回答を求める方には、今の福島を理解することはできないだろう。本当に福島を知りたいのであれば、まず簡単に脳みそを預けずに、きちんと現状を見ることから始めていただきたい。

専門家のためらい

 例えば福島でがんが増えているかいないか、という議論にはいまだ決着がついていない。

「『専門家』と称する人がそれぞれまったく逆のことを主張するから混乱するのだ」

とお叱りを受けることが度々あり、それは全くもってその通りである。

 しかし実はこの言葉こそが、福島の現状を端的に表している。つまり、福島の健康問題は専門家ですら意見が二分するほど複雑な問題なのである。まっとうな専門家であれば、現在の福島における「結局…」という質問には、多少なりとも曖昧さを残したスタンスをとるだろう。
 
 一方で、メディアはその体質上、過激な断言にのみ飛びつく傾向にある。そのメディアの注目を浴び、名を売ろうと、福島には断定調の似非科学を携えた自称「専門家」たちが次々と訪れ、良識ある専門家たちの声を排除しようとしている。
 

科学の限界

 少なくとも現在の時点で、福島で「放射能が原因によるがんが」「確かに増えている」

という事実を科学的に説明することは難しい。その理由は2つある。

 1つには、ほかの地域で起きたことが福島でも同様に起こる、ということ(再現性)を証明することが難しいから。もう1つは、現在の福島の問題の原因が放射能である、という因果関係が証明できないからである。

1)再現性の限界

 例えばチェルノブイリで起きたことと福島を比較するときに問題となるのは、対象となる人々の背景が異なりすぎる点である。食料と情報の流通が乏しく、放射能未測定の食品を食べ続けなくてはいけなかったチェルノブイリの人々と、自給率が非常に低く、地産地消で暮らすことがむしろ難しい日本に暮らす人々で、内部被ばく量を比較することは難しい。
 
 それだけでなく、元々ヨード不足で外から放射性ヨウ素が入ってくれば大量に被ばくしてしまうチェルノブイリの住民の例をもとに、ダシの文化があり普段からヨード過剰気味で、放射性ヨウ素が飛んできてもあまり甲状腺には取り込まれない可能性の高い日本の住民の甲状腺がんを予測することも難しいのである。
 
 さらに、サンプルバイアス(偏り)の問題がある。例えば健康診断で見つかったがんは、自覚症状も出ない数ミリメートルの大きさで見つかるが、病院データは自覚症状があって受診した患者のものであるから、既に進行して数センチメートルの大きさになったものが殆どである。つまり、これまで病院ベースで得られていた甲状腺がん発症率と、福島の甲状腺スクリーニングで見つかったがんの発症率を比較して「数十倍もある」といっても、それは放射能によってがんが増えている証拠にはならないのである。
 
 (実際に韓国でも甲状腺スクリーニングを受診率が25%ほど増えたら、甲状腺がんの発症率が15倍にもなったという報告もある。)

2)因果関係証明の限界

 「風が吹いたら桶屋が儲かる」

ということわざがある。では桶屋が儲かった時は風のお陰なのだ、ということを証明できるだろうか。桶屋の営業努力かもしれないし、空き家が増えてネズミが増えただけかもしれない。別の桶屋が倒産したかもしれない。

東京電力福島第1原発事故による避難指示が9月5日に解除された福島県楢葉町の木戸川で5年ぶりにサケ漁が再開された=福島県楢葉町(鴨川一也撮影)
東京電力福島第1原発事故による避難指示が9月5日に解除された福島県楢葉町の木戸川で5年ぶりにサケ漁が再開された=福島県楢葉町(鴨川一也撮影)
 同じように、今例えば福島県の住民がんになった場合、それが「原発の放射能による増加なのか」ということを証明することは難しい。特にがんは色々な要因で起きるため、もし原発の後に起きても、「原発のストレスによって起きたがん」かもしれないし、「原発後にやけ酒を飲んだせいで起きたがん」「外へ出ず運動をしなくなったせいで起きたがん」かもしれない。また、まったく関係なく「日本人の2人に1人ががんになるから」という可能性も十分にある。これを放射能のせい、と断定することは非常に難しいのである。
 
 少し難しい話になるが、疫学の世界では、A(原発事故)という事象の後にB(甲状腺がん)という事象が起きたときに、因果関係はどのように証明されるのか。

 因果関係の判断基準で一番有名なものは「Hillの基準」というもので、以下の9項目を検討するものだ。

1. 関連の強さ :原発事故と甲状腺がんがどの程度強力に関連しているか
2. 一貫性:色々な手法でデータが集められているか
3. 時間的関係
4. 生物学的容量反応勾配:量が増えた時に効果も大きくなっているのか
5. 特異性:Bの原因としてA以外のものが考え難いか
6. 生物学的説得性:AがBを起こすことは生物学的に納得がいくか
7. 整合性:AがBを起こすことは論理的に矛盾しないか
8. 実験・データの質
9. 類似性:過去に類似した報告がなされているか

 このHillの基準を用いて福島のがんを検討するとどうなるだろうか。事故の前と今とでは何倍増えているかわからないので、事故とがんの関連の強さを判定できないため、1や3の項目は満たさない。住民の被ばく量データが正確ではないので、4も証明は難しい。放射線以外にも癌の誘因があるため6も困難。がんのデータベースすら作られていないので、2や8はこれからの課題である。
 
 とすると、因果関係があると「科学的に」主張するためには、6の生物学的説得性(放射能でがんになりえる、という理屈)と9の類似性(チェルノブイリの先例がある、という事実)で勝負するしかない。つまり、既存のデータは、福島の放射線ががんを引き起こしたという因果関係を示すには十分でないのである。 
 
 誤解のないように言うが、「因果関係を示すに十分な情報がない」ということと、「因果関係がある・ない」ということは別物である。つまり、たとえば福島の子供たちの間で原発事故による甲状腺がんが増えているかどうか、ということに関しては、今どんなに議論を尽くしても、結論は出ないのである。