徳力基彦(アジャイルメディア・ネットワークCMO、ブロガー)

 先月、JIAAのネイティブアド研究会のガイドラインが発表されて、各所で話題になっていましたが、昨日それに関連してCNETにネイティブアド研究会の長澤さんと長崎さんの長文インタビューが公開されました。

 長文のインタビュー記事ですが、ポイントが良くまとまっており、ネイティブアドの関係者の方はもちろん、メディアの記者やブロガーなど情報発信に携わられている方やネット広告に関係する方にとっては必読のインタビューだと思います。

 個人的には長澤さんとはadtechのパネルディスカッション書籍の対談など、何度もご一緒させて頂いているので、長澤さんがネット広告を本当に心の底から愛していて、一方でステマややらせがなかなか無くならない実態から、ネット広告の未来を心の底から憂いている方だというのは良く知っているので、以前からネイティブアド研究会の活動についてもお聞きしておりずっと影ながら応援しているのですが。

 ネイティブアド研究会のガイドラインが発表されたタイミングでは、いろいろと曲解していたり、勘違いして反発している人達も多かったように見ています。

 ネイティブアドについては以前に「「騙された気分」にさせないネイティブアドのポイントとは」というコラムを宣伝会議に寄稿したこともあるのですが、Facebookのスレッドにいろいろコメントをもらったこともあり、自分なりの考え方をまとめてみることにします。

 そもそも「ネイティブアド」という概念自体が、元々は「コンテンツ」と「アド」は全く別のモノとして明確に分離されているべきであるという編集と広告の分離の常識に対して、コンテンツ部分にアドを出す、つまり編集部分に広告を混じらせてしまうという構造になっているので、当然、読者や視聴者からすると文脈的にステマややらせに近い構造の印象になるわけです。

 だって、今まで広告が入るわけがない、と思っていた場所に広告を入れようという話なわけですから、ユーザー目線ですると精神的に気持ちが良いはずな話なわけはないですよね。

 インターネット広告推進協議会という名称の組織であるJIAAが、ネイティブアドのガイドラインを作る、と聞くと、ネット広告業界の人たちが自分達に都合の良いネイティブアドをもっと売りやすくしようとしてるんでしょ、と誤解する人達が出てきても仕方が無い構造にある気はします。でも、実はこれ違うんですよね。ネイティブアドを推進したい一番のプレイヤーは実はメディア側。何しろネット広告の代表であるバナー枠がその地位を確実に失いつつあるわけです。

 そもそもバナー広告のクリック率って年々低下していて平均で0.2%以下とからしく

 そもそも多くの人がバナー広告を無視する技術を体得してきているという話もあり。

 さらにはアドネットワークの台頭でメディアが獲得できるアドの単価は下落する一方。アドテクノロジーの進化やリターゲティングの普及で、バナー広告が「誰に見せるか」を重視するようになったこともあり、メディアの質の重要性が薄くなっていることも影響は結構大きいようです。もはや企業メディアが、バナー広告枠の収入では生きていけなくなってきているわけです。