杉田水脈(前衆議院議員)

 選択制夫婦別姓について。裁判の結果が危惧されるところです。この問題について、四年前(議員になる前)に書いたブログです。

 選挙に出る前でしたが、公民館のようなところで、賛成派の女性達と議論しました。この様子を書いています。少し長いですが読んでいただけると嬉しいです。

【選択制夫婦別姓】

 そもそもその必要性を感じません。

 私も結婚して姓が変わりましたが、知り合いや仕事の取引相手に「結婚して、姓が"杉田"に変わりましました」と、お話したとき、「そんなややこしい」とか、「なんで変わるんや!」なんて一度も言われませんでした。

 「そうなん!おめでとう」「おめでとう、よかったね」。返ってきたのは祝福の言葉ばかりでした。不便なんて一度も感じたことがありませんでした。

 今のままでうまく機能している問題をわざわざ変える必要はないと思います。

 さて、ここからは、先日お話した賛成派の皆さんから頂いたご意見とそれに対する私の反論です。(一般的な意見への反論ではありません。その場で実際に発言したモノに少し表現を加えて、私の考えをまとめてみました)

1.あなたがおっしゃるとおり、この法案が通っても、喜ぶのは1%で残りの99%は何も変わらず、普通かもしれません。

 たった1%の人しか喜ばない法案より、今の日本はもっと早急に取り組まなければならない課題がたくさんあります。

2.いや、1%は例えです。今までは言えなかったが、このご時世になってやっと「嫌だ」といえる人が増えてきていると思います。

 「嫌だ」という理由で、法律を変えようという考えがおかしいと思います。

3.他の先進国はすべて、夫婦別姓ですよね。

 日本には世界に誇る戸籍制度があります。青年海外協力隊でアフリカに行っていた友人が戸籍制度があるのとないのとでは、「命の重さが違う」と、言っていました。「出生届」「死亡届」そして「婚姻届」もとても大きな意味を持つのです。他国の真似をする必要はありません。
(と、答えたら、『戸籍制度の話を持ち出すのは議論の飛躍です』と怒られました。)

4.アメリカや中国はうまく機能しています。なぜ、日本だけが国から強制されないといけないのでしょうか?

 まず、私は「国からの強制」と感じたことが一度もないので、その感覚は理解できません。

 アメリカ社会の悪い部分を日本は20年遅れて追っている感じです。「児童虐待」「離婚率の増加」等は、アメリカの方が先にその問題に直面していました。アメリカの真似をすることが決していいことと思えません。 中国はその日本の後を追っています。比較の対象にもなりません(文化的のも人口規模的にも)。

5.こういう問題は反対の場合を想定してみましょう。「男女」が逆になった場合、男性はどのように思うでしょうか。

 もし明日から「結婚した場合、ほとんどの男性が女性の姓を名乗る」となったら、男性は嫌でしょうね。でも、「反対を想定する」としたら、明治時代に日本人が苗字を持つようになってから、ずっと一般的には男性の方が姓を変えるとなっていたとしたら、結局同じことでしょう。その質問をされた多くの男性は私と同じ答えをすると思います。

 ただ、今も「女性が変えないといけない」とはどこにも書かれていません。実際男性が変える場合も多くあります。「女性=弱者」と考えるのがおかしいのではないでしょうか。