原野城治(ニッポンドットコム代表理事)

日本人宇宙飛行士、油井亀美也さんが、国際宇宙ステーション(ISS)での約5か月に及ぶ長期滞在を開始。8月には日本の補給機「こうのとり」がISSに向かう。日本の宇宙開発の現状をまとめた。

宇宙飛行した日本人は油井さんで10人に 


 宇宙航空研究会開発機構(JAXA)の宇宙飛行士、油井亀美也(ゆい・きみや)さん(45)が2015年7月23日、国際宇宙ステーション(ISS)での長期滞在のためソユーズ宇宙船に搭乗して出発。宇宙空間に出た日本人は油井さんで10人目となった。
モスクワ郊外「星の町」のガガーリン宇宙飛行士訓練センターで、最終試験を前に記者団とやりとりする油井亀美也さん=5月7日(NASA提供)
 日本人初の宇宙飛行となった1990年のTBS社員の秋山豊寛さんが、旧ソ連のミール宇宙ステーションに行ってから今年で25年。また、毛利衛さんが宇宙開発事業団(現JAXA)で初の宇宙飛行士候補に選ばれてから30年がたった。(毛利さんが米スペースシャトル「エンデバー」で宇宙へ旅立ったのは1992年)

 一方、JAXAは7月8日、2020年度に初打ち上げを予定している新型国産ロケット「H3」の開発計画を発表した。開発費用は約1900億円で、1回の打ち上げコスト、作業日数を大幅に削減し、年6回の打ち上げを予定している。

目覚ましい中国の宇宙開発、日本も「宇宙基本計画」を決定


 世界の宇宙開発は、相変わらず激しい競争が続いている。特に活発なのは中国で、2020年代に大型宇宙ステーションを建造するとともに、同時期にロシアと協力しての“有人月面探査”の実現を目指している。中国は03年に有人宇宙飛行に成功、13年には無人探査機を月面着陸させた。

 一方、日本政府は15年1月9日の宇宙開発戦略本部会合で、2024年度までの宇宙政策の指針を定める新「宇宙基本計画」を決定した。安倍晋三首相は会合で「新たな安全保障政策を十分に踏まえ、長期的かつ具体的な計画とすることができた。歴史的な転換点となる」と強調した。

 具体的には、人工衛星を利用した船舶監視や情報収集など宇宙システムを安全保障目的に直接的に利用できる体制を整備する。また、今後10年間で人工衛星など最大45基を打ち上げ、その費用は官民合わせて5兆円規模とする目標を盛り込んだ。

 特に宇宙の探査・研究では、今後10年間に大型「H2A」ロケットによる中型衛星3基、小型の「イプシロンロケット」による小型衛星5基の打ち上げを行う計画だ。有人宇宙探査についても「慎重かつ総合的に検討を行う」とした。