神田敏晶(ITジャーナリスト)

 KNNポール神田です!

 NHKの紅白歌合戦の楽曲が発表となった…。

 しかし、なぜ2015年の大晦日の、あの「紅白歌合戦」でこの楽曲を聞かなせられなきゃならないのかが不思議な曲が今年はさらに満載なのである。誰がこの曲とアーティストを選んでいるのか?

郷ひろみ 2億4000万の瞳
ゴールデンボンバー 女々しくて
近藤真彦 ギンギラギンにさりげなく
TOKIO AMVITOUS JAPAN
細川たかし 心のこり
美輪明宏 ヨイトマケの唄
森進一 おふくろさん
高橋真梨子 五番街のマリーへ2015
松田聖子 赤いスイートピー
和田アキ子 笑って許して

 個人的なセレクトで申し訳ないが、紅白歌合戦で、なぜこの歌手、この曲が選ばれたのかのホントの理由が知りたい。

すでに時代錯誤な「紅白歌合戦」

 ボクは、こうもいいながら、毎年「紅白歌合戦」を録画して観ている大ファンだ。あのNHKの局の中の運動会と文化祭が一緒になったような、あの緊張感はすさまじい。裏方の罵声まで含めてNHKの本気度がわかる。しかしだ。見せられている側からすれば、もうマンネリで、アドリブも入らない緊張感だらけのお祭りはつまらなくなってしまっている。さらに、楽曲が売れなくなり、歌番組もわずか…。もう昭和時代のような国民的な大ヒットは生まれようがなく、歌のランキングもニッチで知らない楽曲だらけとなってしまった。

 さらに、女性を「赤組」男性を「白組」とし、男女で唄を対抗するというのも、この「LGBT」が社会現象化しているこの時代には完全にふさわしくない。「ピンク組」も応援コーナーではなく、真剣に考えるべき時代になっているのだ。むしろ、この紅白歌合戦の「紅白」のフォーマットをそろそろイノベーションする時期だと考えている。ぜひ、NHKの経営委員会の皆様、真剣に討議してみてほしい。

ネット時代の「NHK47都道府県歌合戦」案


 すでに、男女別でどちらが勝とうが、どちらでもよくなっている。そんな「紅白」よりも、日本で生まれた人ならば、日本の47都道府県のどこかで生まれたはずだ。生まれ育った場所、現在いる場所、嫁いだ場所。大晦日で帰省して実家で正月を過ごす時の国民的番組であれば、「47都道府県」別で「歌合戦」すればよいのではないだろうか?。それだけでも地元にいながら地元愛で盛り上がれるはずだ。そして自分の属する地域の歌手を知り応援することもできる。

 フォーマットは、47都道府県から県民の選んだ歌手が登場する。さらに、各地方自治による都道府県のアピールによる応援合戦も行われ、それも審査対象とするのだ。地方の名産から訴求ポイントと一緒に都道府県のお国自慢大会となるのだ。
全国各地の祭りと食にスポットを当てたイベント「ふるさと祭り東京2015」。プレスプレビューで披露された青森ねぶた祭りの山車
 大事なのは、大晦日だけでなく、「高校野球」のように予選大会が重要なのである。

もちろん、県出身のタレントはノミネートされるが、YouTuberのような素人もオーディション参加できるようにすれば、チャンスは広がる。「◯◯県では、プロのベテラン歌手が高校生YouTuberに負ける!」なんてことがヤフー!ニュースに掲載されるのだ。