地下鉄サリン事件から3月20日で20年。事件の2日後には、山梨・旧上九一色村の教団施設へ強制捜査が入り、約2か月後、教祖・麻原彰晃(松本智津夫・現死刑囚)が逮捕された。現在、麻原ら幹部13人の死刑と5人の無期懲役が確定。裁判によって、東大を筆頭とした高学歴の教団幹部たちが、麻原の洗脳によって凶行へと突き進んだ過程が明らかになった。

 強制捜査初日には2500人以上が動員されるなど、日本の公安・警察が全力で戦いを挑んだ歴史的事件。『極秘捜査』の著書がある作家・麻生幾氏が、知られざる捜査の内幕を明かした。

 * * *

 20年の月日が、これまで語ることを許されなかった記憶を溶かしてゆく。それは例えば、警察vsオウムの戦いもそうだ。語り尽くされた感がある言葉だが、20年前の、あの時の“壮絶”さは未だに多くのことが語られていない。

家宅捜査を受けたオウム真理教教団施設では入り口に
バリケードがめぐらされ、捜査員らが立ち往生する
場面も(産経新聞社ヘリより)=1995年3月22
日、山梨県上九一色村(当時)
 3月20日の夜。地下鉄サリン事件発生の夜。東京・霞が関の警察庁。壮絶な思いで集まった幹部たちが、2日後に予定されている史上最大の強制捜査の最終確認を急いでいた。

 その頃、都内のある場所で、公安警察官と協力者(モニター)との接線(セッセン)が密かにもたれた。オウム真理教の中枢に位置する男は、これまで繰り返してきた〈供述〉を口にした。

「昨年(1994年)6月、土谷正美(現死刑囚)の実験棟でサリンを生成。一部を松本サリン事件で使用し、製造プラントは破壊した。しかし、その時生成したサリンは残っており、隠匿されている」

 警察庁首脳部は、この〈供述〉を最もレベルの高い秘密に指定。〈供述〉はもとより、男の存在ですら、警察庁の数人の最高幹部しか知らされていなかった。

 たった一人のモニターの〈供述〉は、警察庁の“オウムとの戦い”の極秘の基本方針となっていた。オウムは強制捜査後も、隠匿されたサリンを使い、数百台のサリン攻撃車両を都内に走らせ、空からはラジコンヘリによってサリン攻撃を行う──その前提に立ってすべての作戦を策定していった。強制捜査の約一ヶ月前から始まったオウム内部の協力者獲得の作業は壮絶だった。半年後には、麻原彰晃逮捕後の組織内部の権力闘争さえ把握した。

 冒頭の会議と同じ時間、警察庁から車で5分もかからない築地警察署。そこでの光景も語られざる記憶だ。

 地下鉄サリン事件の特別捜査本部が立ち上がり、数百名にも及ぶ捜査員が熱気渦巻く講堂に参集していた。

 築地署刑事課長が、緊張した面持ちで決意を新たに語った最後にこう付け加えた。

「××会社さんからのご厚意で、カップラーメンを膨大に頂いた。しかし、いずれも、豚の餌にも適さない消費期限切れのものだ! いいか、オマエらはブタ以下だ! 這いずり回って捜査に打ち込め」

 警視庁捜査第一課生え抜きの課長の言葉に、捜査員たちはまさに獣(ケダモノ)の目をしていた。

 刑事課長の傍らの雛壇で腕組みをする捜査第一課のK幹部こそ、獣そのものだった。彼は捜査第一課長の右腕として、サリン捜査の中核的存在となった。しかし、特捜本部を指揮しながら激しい胃の痛みに堪え続けた。病院に行く時間さえ惜しんで捜査に没頭した。そして麻原逮捕の数ヶ月後、末期癌であることが発覚。間もなくしてオウム捜査にかけた生涯を閉じた。

 20年の月日を経て蘇る──語ることを禁じられてきた光景は、永田町、霞が関そして丸の内や大手町のビル群の屋上の映像だ。

 警察は、それら日本の政経中枢の真っ直中に存在する全省庁と主要大手企業の担当者を必死に説得した。そして、電波ジャミング用のアンテナがビルの屋上に設置されていった。警察は恐れていた。オウム保有のサリン噴霧装置付きラジコンヘリが政経中枢を襲うことを。飛来に備えて操作電波を遮断するためのアンテナの存在は極秘とされた。

 封印されていた20年の記憶は数多い。地下鉄サリン事件直後、逃亡したオウム幹部たちが向かった北陸の地。ちょうど同じ頃、北朝鮮工作船が北陸エリアへ向かったことを、政府機関は電波傍受していた──。

 多くのことは私も語り尽くすことはできない。全容は〈オウムXファイル〉と密かに名付けられ、現在も、警察庁警備局の特殊組織犯罪対策室のスチール棚に眠っている。

文・麻生幾(作家)