1951年1月3日、ラジオ放送から始まった紅白歌合戦。一年を締めくくるにふさわしい、豪華な出演者たちを1つにまとめ、独特の緊張感の中、“歌のバトル”を仕切る司会者は、相当の大物揃い。個性と実力溢れる、その時代の“顔”が揃っている。

 2015年を締めくくる紅白歌合戦の司会者は、V6の井ノ原快彦(39才)と綾瀬はるか(30才)だ。

 「お茶の間にアットホームな空気を届けます」(井ノ原)、「前回の経験を踏まえて臨機応変に対応したい」(綾瀬)とそれぞれ意気込みを語った。総合司会は、黒柳徹子、有働由美子アナが務める盤石の態勢だ。

 「紅白歌合戦の面白さは、司会で決まるといっても過言ではありません」。『怪物番組 紅白歌合戦の真実』などの著者でもある合田道人さんは断言する。
第46回NHK紅白歌合戦 優勝旗を手にする、白組司会者の
古舘伊知郎と紅組司会者の上沼恵美子(左)
第46回NHK紅白歌合戦 優勝旗を手にする、白組司会者の 古舘伊知郎と紅組司会者の上沼恵美子(左)
 「“紅白”は一年を締めくくる歌番組である一方、チーム対抗戦。紅白両者のリーダーの司会者がお互いに火花を散らし合うことで、番組がさらに盛り上がるんです。平成の“名司会コンビ”は上沼恵美子さんと古舘伊知郎さん(1994年)。あの2人の熱気に、周囲は巻き込まれて酔わされていく。“次はなんと…このかたです!!”とハイテンションに紹介されると、つい“何だ何だ?”と見てしまいますよね。

 そして、黒柳徹子さん。初司会だったのが、1958年の第9回。まだ当時最年少の25才でした。この時は会場が新宿コマ劇場でしたが、他の番組と掛け持ちしている歌手がほとんどで、なかなか来ない。歌う順番もぐちゃぐちゃです。

 “紅のかた、到着しました”なんて、着いた人から順番に紹介して歌手名をミスってしまったり(笑い)。そんな黎明期から紅白をご存じの黒柳さんが、今年はどんなふうに総合司会を務めるのか、そこに注目しています。何しろよき時代の紅白も知っている人ですからね」

関連記事