中宮崇(サヨクウオッチャー)

 我が国には反戦平和だの人権だの反差別だのを騙り、平気で暴力的に他者の人権を踏みにじり差別する「サヨク」ばかりがはびこり、真の左翼は希少種である。私は長年そう主張してきたが、先日あるすばらしい本に触れることができたことにより、更に確信を深めた。

 松尾匡「新しい左翼入門 相克の運動史は超えられるか」(講談社現代新書)がそれである。

 私はかねてから、真の左翼が存在しないことこそが日本の悲劇であるとの思いを抱いてきた。悲劇を終わらせるためには、独立した個々人の幸福を追求する真の左翼が存在する必要がある。そうした未来への道標となってくれるのが、本書「新しい左翼入門」だ。本書を読んだ私は、いわゆる「ろくでなし子事件」を思い起こさずにはいられない。

 複雑な事件であるが、ざっくり簡潔に説明してしまおう。反社会的サヨク組織「しばき隊」の構成員、新潟日報上越支社坂本秀樹報道部長がインターネット上で匿名で左翼人権活動家高島章弁護士を誹謗中傷した上、愚かにもその実名が暴露され謝罪に追い込まれた。それを芸術家ろくでなし子が揶揄した。彼女は自分の女性器をモチーフとした作風で知られており、昨年にはわいせつ物頒布等の罪等の疑いで逮捕され現在も法廷闘争中であるが、実はしばき隊は彼女の逮捕に反対してきた。ところがろくでなし子が構成員新潟日報上越支社坂本報道部長による卑劣な誹謗中傷を揶揄した途端、しばき隊は手のひらを返し彼女を「レイシスト」「ネトウヨ」と無根拠に決めつけ組織的に攻撃し始めたのである。

 詳しくは本誌にろくでなし子本人が寄稿した以下の記事をご覧頂きたい。

ろくでなし子独占手記「ぱよぱよちーん」騒動の全真相

 サヨクがアーティストなどを反権力のために持ち上げ悪用し、都合が悪くなると平気で悪魔化し粛清する。地道に人権活動を行う弁護士までも根拠無く「ネトウヨ」「レイシスト」と決めつけ攻撃する。サヨクのこうした醜い卑劣な生態については、私は以前本誌においても、

サヨクどもが「サイコパス」だと言える数々の症例

という記事を書いたことがある。

 松尾匡「新しい左翼入門」は、サヨクのそうした卑劣さは戦前から一貫した変わらぬ病理であるということを描き出している。

 例えば我々日本人の多くは、戦前は「右翼」が軍国主義を支え戦争を支持したと思い込まされている。しかし「新しい左翼入門」は、そうした思い込みを以下のように次々と否定する。


 陸軍が初めて公然と思想や政治に口出しした『陸軍パンフレット事件』では、保守政党がこぞって大反発して、議会で陸軍大臣が吊るし上げられる中、ひとり社会大衆党は陸軍を熱烈支持します

日中戦争にもすぐ賛成し、文部省が「国体の本義」を出すと、早速それを支持する綱領を掲げます

自由主義者の斎藤隆夫衆議院議員が国会で日中戦争を批判した有名な「反軍演説」に対しては、斎藤議員をクビにするための懲罰動議に賛成し、麻生は、これに同調しなかった党首の安部磯雄はじめ八人を党から除名しました

 サヨクというものは所詮「反戦」だの「人権」だのを都合よく騙り悪用する二枚舌の卑劣漢に過ぎない。自分たちの利益になるのであれば平気で戦争にさえ賛成する。支那の核保有や大虐殺、北朝鮮による拉致や恐怖政治にまで賛成し支援してきたサヨクどもの醜悪さは、戦後急に発露したわけではないのである。

 つまりサヨクというサイコパスは、既に四半世紀近くもの長きに渡り我が国にしつこく巣食い、非道の限りを尽くし、しかもその悪行の前科を隠蔽するばかりか「正義の担い手」であったかのごとく歴史を捏造してきたのである。