前田健太のドジャース入団が決まり、正式に発表会見が行われた。

  先発ローテーション投手となかなか契約できなかったドジャースと「西海岸志向が強い」と言われていたマエケンとは「相思相愛」と報じられ、日本のファンに馴染みの深いドジャース入りともあって、お祝いムードが大勢だ。

ロバーツ監督と握手を交わす前田健太
ロバーツ監督と握手を交わす前田健太
 前田健太は、140キロ台後半の速球と縦のカーブ、鋭いスライダーのほかカットボールなど小さな変化球をまじえて打者を打ち取る。豪球、魔球といった突出したイメージではなく、テンポの良さとコンビネーション、打者との間合いを制してアウトを重ねていく。日本野球の古き良き時代(私自身の少年時代、青春時代)に、典型的な「頼れる本格派エース」と呼ばれたタイプのように感じる。それだけに、マエケンのメジャーリーグでの活躍は、日本の野球少年、未来のプロ野球選手に明快な指標となるだろう。その意味でもぜひ、前田健太にはメジャーリーグの舞台で輝いてもらいたい。

 身長は公称182センチ。これはメジャーリーグに挑戦する日本人投手の中では小さい方だ。野茂英雄188センチ、伊良部秀輝193センチ、吉井理人188センチ、木田優夫188センチ、斎藤隆188センチ、ダルビッシュ有196センチ、田中将大188センチ。広島の先輩・黒田博樹185センチ。

 実は、メジャーリーグで活躍した日本人投手の大半が190センチ近い、あるいは190センチを超える身長の持ち主だった。現役大リーガーのダルビッシュ、マー君もそれに該当する。岩隈久志も190センチ、上原浩治も188センチ。そのことが、知らず知らず日本野球に影響を与え、中学、高校の世代から「高身長の投手が重用される傾向」につながった可能性はある。昭和の時代から180センチを超える好投手は多かったが、いまほど「高身長が投手の必要条件」と言われる度合いは強くなかったように思う。大谷翔平193センチ、藤浪晋太郎198センチの活躍もあって、さらにその認識は強くなっている。

 そんな中で、前田健太がメジャーリーグに挑戦する。182センチは一般の認識でいえば十分に「背が高い」部類だろう。だが、プロ野球の投手、ことにメジャーリーグを目指す投手としては「決して大きくない」。身長ではなく、ボールのキレ、投球術、打者との間合いを制するピッチングが世界最高峰リーグでも打者たちを翻弄できることを見せてもらいたい。前田健太自身も、その意気込みは胸中に秘めているだろう。それは、日本野球が今後、世界の舞台でどのように戦い、どのように勝利していけるかを示す手がかりになる。同時に、日本の野球少年たちがどんな選手、どんな技術習得を目指すかの貴重な手本にもなる。身体の大きさがモノを言うだけの野球では味がない、深みがない。マエケンの活躍は、日本人が日本野球に誇りを感じることにつながる。