2月2日の夜、元プロ野球選手でタレントの清原和博容疑者が覚せい剤所持の疑いで現行犯逮捕された。このとき、TBSだけが警察官に伴われて任意同行される場面を撮影していた。もっともセンセーショナルな場面をTBSに独占された同業他社は「ずっとマークしていたのに」と悔しがり、挽回のためにいま必死で独自ネタをとろうと走り回っている。
報道陣に取り囲まれた、送検される清原和博容疑者の乗った乗用車(中央)=2月4日、東京・霞が関(寺河内美奈撮影)
 「清原が警視庁に覚せい剤でマークされていることは知られていましたから、ずいぶん前から自宅だけでなく、行きつけのサウナ、銀座の店、常連の焼肉屋など姿を現しそうな場所の目星をつけて、折に触れて彼の動向を確認していました。TBSが今回、独占で同行される場面を撮れたのは、偶然なのか、独自ルートで情報をつかんでいたのか。とにかく悔しいの一言につきますよ」(在京テレビ局社会部記者)

 清原容疑者の覚せい剤疑惑が初めて大きく報じられたのは、2014年3月13日号の『週刊文春』だった。それ以前から、関係者の間では何かまずい薬に手を出しているのではとの噂が広まっていたが、『週刊文春』で具体的に報じられたことをきっかけに、警視庁が捜査対象として清原容疑者への照準を定めたといわれている。

 それ以来、清原容疑者については何度も「もうすぐ逮捕らしい」という話が出ては消え、の繰り返しが続いていた。今回の逮捕には、実は予兆があった。

 「雑誌編集部やカメラマンへの情報提供が何件かあったんです。あるときなどは『●月●日●時ごろに▲▲で待て。清原があるものを買う場面を撮影できるぞ』とやけに具体的な内容でした。結局、思うような場面は撮れなかったらしいのですが、逮捕させてクスリを止めさせようと身近な人間に思われるほど清原は重症なのかもしれない、と部内で話題になりました」(中堅出版社編集部員)

 薬物リハビリのために入院したこともあると噂された清原容疑者だが、結局、止められなかったようだ。今回の逮捕をきっかけに、周囲が願うようにクスリと縁を切れるか。

関連記事