安倍晋三首相は未来の労働人口減少を見据え、移民受け入れ策の検討に入った。しかし移民の受け入れで避けて通れないのが、在日コリアンや在日中国人の問題だ。李明博・前韓国大統領が竹島に上陸した2012年以降は、大阪のコリアンタウン・鶴橋や新大久保でのデモがピークを迎えた。関西ローカル紙の記者が語る。

 「昨年、鶴橋の在特会デモに参加した女子中学生が『鶴橋に住む在日クソチョンコの皆さん、いつまでも調子に乗っとったら、南京じゃなくて鶴橋大虐殺を実行しますよ!』と叫んだのには開いた口がふさがりませんでした」

 警察がデモの許可を出さなくなった新大久保では、今年に入りヘイトスピーチは鳴りを潜めている。だが、韓国ショップ店員たちの警戒心は解けず、記者が街の様子を撮影していると30代の韓国人女性に「アナタ、ナニ撮ッテル。ワタシ悪イコトシテル?」と詰め寄られる一幕もあった。

「在特会メンバーは“お散歩”と称し、店頭の商品を蹴飛ばしながら街を練り歩いていた。そしてショップ店員らに『竹島はどこの国のものだ、答えろ!』と食ってかかり、相手がうろたえる姿を動画配信する。抗議ではなくただのイジメです」(ジャーナリストの安田浩一氏)

 そんな光景を見てきた地元民は複雑な胸の内を明かす。

 「戦後から住み着いた在日韓国人とは仲良く暮らしていました。彼らは日本に溶け込もうとしていたし、国籍に関係なく仲間意識を持てた。でも、10年ほど前に入ってきたニューカマーに『郷に入っては郷に従え』は通用しない。商店街にある街灯の電気代の負担をお願いしたら、『うちの店の前には街灯がないじゃないか』と逆切れする。付き合いもないし、正直やりづらい」(商店街組合関係者)

 新大久保に30年住む主婦も話す。

 「狭い歩道に陳列棚を置いたり大音量で音楽を流したりして迷惑を被っています。でもトラブルが恐くて注意はできません。近所に建った一軒家には複数の韓国人が出入りしてまるで民宿状態です。誰が住んでいるか把握もできないから不安です」

 そう話す地元住民もヘイトスピーチには冷ややかだ。

 「苦々しい思いでデモを眺めていたら、その中の1人に『なんや、お前、朝鮮人か!』と因縁をつけられて嫌な思いをした」(60代男性)

 ※SAPIO 2014年6月号