榊裕葵(社会保険労務士)

 正月早々、日経ビジネスの2015.12.28・2016.01.04合併号を衝動買いしてしまった。

若き女性エンジニアの正体とは?


 表紙を飾っていた、天使の羽のようなロボットデバイスを身に付けた若き女性が誰なのか、気になったからだ。家に帰り、早速彼女に関する記事を読むと、彼女は「きゅんくん」という名前で活動するロボティクス・ファッション・クリエーターなのだそうだ。

 きゅんくんさんは、子供のころ、家にあった鉄腕アトムでロボットに興味を持ち、また、ファッションも好きだったため、自分の好きなことを両方やりたいということで考え付いたのが、「ロボティクス・ファッション」という分野を切り開くことであったということだ。

 具体的には、ロボットのような機械的なものを日常的なファッションの一部として取り込んでいきたいという試みである。現在は、大学の機械工学科の学生として勉学に励みながら、ロボティクス・ファッション・クリエーターとしての活動を続けているということである。

 私は、彼女のことに興味を持ち、インターネットで調べてみたのだが、本名は松永夏紀さんといい、1994年生まれの21歳。国内外のロボットに関係するイベントに積極的に参加をしたり、電通グループの研究機関で研究員に就任したりなど、大活躍をなさっている様子であった。

 ただ、私が大きく意外性を感じたのは、彼女が「ロボットに機能を求めず、純粋にファッションとして身に付けたい」と考えていることである。

 彼女は、Webメディアの取材に対し、次のように答えていた。

「機能的なことは求めてないんです。私はファッションとしてロボットを身にまといたい。好きなキャラクターや絵柄がプリントされているTシャツとかを着たくなっちゃう心理と同じで、私はロボットをファッションにしたいんです。」


 ロボットとファッションを同じくらい愛する彼女は、世の中がロボットに対し機能面ばかりを重視して求めていることに対し、違和感を持っている様子で、それが上記のような発言になったようだ。

機能とファッションの両立を期待


 確かに、彼女の意見には一理あると思う。だが、機能とファッション性を高い次元で両立させることができれば、世の中を変えるようなトレンドが生み出せるかもしれないとも私は思った。
 きゅんくんさんも、ロボットの機能偏重に違和感を持てど、ロボットが機能を持つこと自体については否定をしないはずである。

 例えば、ソニーのウォークマンや、アップルのiPhoneは、機能面だけでなく、ファッション性としても抜群で、ファッショナブルでライフスタイルを変えるようなアイテムとして提案されたからこそ多くの人に受け入れられたわけだ。

ウェアラブルロボットが日本を救う


 私は、彼女が打ち出した「ウェアラブルロボット」というコンセプトには、少子高齢化の日本を救うポテンシャルがあるのではないかと期待をしている。

 というのも、これからの日本、高齢化社会が進むなかで、介護問題がより深刻なものになっていくことは、誰の目から見ても明らかであるが、もしウェアラブルロボットが一般的なものとして世の中に普及したならば、少なからずの人が、介護に頼らなくとも、機械の助けを借りながら、人間らしい自立した生活を送れるようになるのではないかということだ。

 例えば、足の不自由な方が膝に装着したデバイスが段差をまたぐサポートをしたり、手の不自由な方が背中に装着したアームがドアノブを開けてくれたりすれば、寝たきりにならない限り、介護に頼らなくても多くの高齢者の方が自活できる世の中になる可能性がある。

 トイレ、歯を磨く、靴ひもを結ぶ、などもウェアラブルロボットが助けてくれるようになれば素晴らしい。その結果、介護離職の防止や、介護予算の抑制など、社会問題の解決にもつながっていくはずだ。