木走正水

 中国メディアの環球網は8日、日本は核実験なしで核兵器を作る技術力があり、短期間で中国以上の核兵器大国になる能力があるとの考えを示し、警戒を呼び掛ける論説を掲載いたしました。

日本には「実験なし」で核兵器開発できる能力がある!=中国メディア

http://news.searchina.net/id/1584694?page=1

 中国城市安全研究所副所長の楊承軍教授による署名原稿です。

 論説のポイントはこうです。

・日本には世界最大のヘリカル型核融合実験装置があるなど、核融合技術で世界一流

・核爆発実験をしなくても高性能のスーパーコンピューターによるシミュレーションで核兵器を作る能力がある

・日本はミサイル搭載用の核弾頭を開発する能力もあり、極めて短期間のうちに、「世界第3位の核兵器保有国」になれる

(※2014年時点で、世界で核兵器を最も多く保有する国はロシアで総数8000発、第2位は米国で7315発とされる。第3位以下はフランス(300発)、中国(250発)、英国(225発)の順なので、この主張は日本は300発以上の中国を越える核兵器の保有が短期間で可能という意味合いを持つ)

・日本が核兵器を保有した場合、西太平洋地区、とくにわが国の安全に対する重大な脅威となる


 従って、日本の核兵器についての動向に「強い関心を持ち続けねばならない。絶対に警戒を緩めてはならない」との主張で論説は結ばれています。さて、たいへん興味深い楊承軍教授による署名原稿でありますが、これ、本当なのでしょうか。
 さて究極の攻撃兵器「核弾頭」を保有するには、これはもう「自衛権」におさまるはずもなく、憲法9条がある限り不可能でありますことは自明ですから、憲法改正をしなければなりません。

 国是としてきた非核三原則も吹っ飛びますし、同盟国特にアメリカがそれを許すのか大きく疑問符が付きますし、唯一の被爆国である日本の国民感情からしても、日本が核兵器保有を可能とするのは、技術的以前に大きな大きなハードルがありますので、現状では実現性ゼロと言っていいでしょう。

 ですが、これらの諸問題をすべて解決したと仮定(可能性は限りなくゼロでしょうが)して、思考実験的に「日本には実験なしで核兵器開発できる能力がある!」のか、考えてみたいと思います。

 なお、当ブログは工学系の人間ではありますがあくまで素人の論考でありますから、以降の文章で技術的誤りとかあればご指摘いただければ幸いですが、あくまで読み物として、愛をもってお読みくださいませ。

・・・

 論説のポイントを押さえていきましょう。

・日本には世界最大のヘリカル型核融合実験装置があるなど、核融合技術で世界一流

 これは事実です。核融合の研究で日本が世界の先端を走って居る事は有名な話であります。

 実は、アメリカは長い間、この研究は水爆の研究と同じなので日本は中止すべきだと凄い圧力を掛けて来ました。しかし、弱腰の日本政府には珍しく毅然とした態度で突っぱねて来たんですね。

 「これは、日本の未来だけでは無く人類の未来の為に必要な無限のエネルギーを開発可能な平和利用目的の開発だから、アメリカが文句を言う筋合いでは無い!」、まあ本当はもう少し軟弱な言い方(苦笑)でしたが、そう言って毅然として継続し、莫大な予算を投入して来たんです。

 核融合は、世界最先端の爆縮技術が無いと実現不可能な超高度技術です。その為に、日本政府は昭和30年代から研究を継続しております。こうした技術の積み重ねと実験データが有りますので、日本の核融合技術は世界が認める最先端技術であります。

 で、次。

・核爆発実験をしなくても高性能のスーパーコンピューターによるシミュレーションで核兵器を作る能力がある


 これも半分は本当です。

 すでにアメリカはスパコンでシミュレートする技術が確立していますから、実際の核実験は行っていません。日本の技術力をもってすれば、高性能のスーパーコンピューターによるシミュレーションで核兵器を作る能力はあります。

 ただし正確にスパコンでシミュレートするためには、たくさんの実データ(原爆実験を何度も行い豊富な実験データを蓄積する)がどうしても必要ですが、核実験をしたことがない日本にはこの蓄積がありません。

 従って、ずばりアメリカが有する核実験データの情報提供を日本にしてくれるのか、ここがポイントになると思われます。なので他国依存が少し関わりますので「半分は本当」としておきます。