新田哲史(「アゴラ」編集長、ソーシャルアナリスト)

 どうもニュー・ライスフィールドです、、、じゃなかった、新田です。センテンススプリングこと週刊文春による号砲一発で、自民党的にはあわやマスコミや世論の集中砲火を浴びせられそうになるところ、昨日はたった1日でいろいろありすぎて、そのスピードっぷりに小生のBody&Soulも付いていくのがやっとな本日です。

“予言”が的中したイクメン議員の不倫報道


 まあ、自慢するつもりは毛頭ありませんが、宮崎議員が週刊誌のエジキにされる恐れについて、White Loveなクリスマスの余韻が残る年末に“予言”しておりました。

 週刊誌界隈は年明け一発目のスクープを狙い、政治資金の流れの分析であったり、「本当に育休を取る必要があるのか」夜の行動をカメラマンに追跡させていたりしそうです。
宮崎議員が留意すべき「広報の罠」 http://agora-web.jp/archives/1665142.html

 宮崎センセの奥様の金子先生は大学時代のサークルの1年後輩ということもあり、私なりに老婆心ながら危惧するものがあって書き置いていたわけですが、残念であります。まあ、今や天下無双のセンテンススプリングに目をつけられちゃ詰んだも同然。甘利さんの時と同じくトラップ説もあるのですが、たとえハニトラであったとしても引っかかる方が悪いので、ご愁傷様としかいいようがないです。金子さんがあまりに気の毒。。。

陰に隠れた感のある“歯舞”問題


 そして、昨日は文春砲の炸裂が午前からお昼にかけてでしたが、自民党発で参院絡みの話題が2連発ありました。まずは、宮崎議員のおかげであまり注目されずにすんだのが、こちらです。

【共同通信】島尻北方相、「歯舞群島」読めず 会見で「はぼ、何だっけ」
http://this.kiji.is/69623846227363318

 ご案内の通り、島尻センセが北方領土の担当大臣でありながら「歯舞」諸島の漢字が読めなかったわけですが、前の前の前の前の総理をお務めになられ、現在は財務省界隈におられる某ゴルゴな重鎮がその昔、漢字が読めなくて炎上したのを彷彿とさせます。「民王」ファンとしては、きっと沖縄のユタに言わせれば、その瞬間、誰かと入れ替わっていたに違いない(キリッ)、なんてジョークも差し上げたいところですが、これが2009年総選挙前の自民退潮の折なら、ワイドショーで格好のエジキになっていたはず。しかし野党は不甲斐なく、総務大臣が放送停止の最終兵器をチラ見せするご時世なので、某元ゴルゴ総理が出火した時ほど延焼は見られないのではないでしょうか。
東京・永田町の自民党本部
東京・永田町の自民党本部
 そして、午後になると、自民党さん的には明るい方の話題、参院選目玉候補の今井絵理子さんの出馬会見です。

 いやはや、事前に報道があって出るんだろうとは思ってましたが、どうしても彼女と政治が結びつかず、記者会見の写真やら動画を初めてみて、ようやく実感した次第です。朝日新聞デジタルは動画付き、産経新聞は詳報。

SPEED今井絵理子さん立候補表明 参院選に自民から(朝日新聞デジタル)
http://www.asahi.com/articles/ASJ2956XLJ29UTFK00M.html

今井絵理子氏の出馬会見詳報(上)「政治は希望だと思います」

http://www.sankei.com/premium/news/160209/prm1602090012-n1.html

 手話を交えた出馬会見というのが、映像メディア的にも活字メディアの写真的にも「画」になる演出。「シングルマザー」「障害者」を含めた“1億総活躍”のストーリーのシンボルとしても打ち立てようという思惑がめっちゃ分かりやすい。