古谷経衡(著述家)


とりあえずラインって言っとけ、の風潮に吐き気

 作家の瀬戸内寂聴氏が、2015年11月号の『小説すばる』にて、「さよならの秋」と題した掌編小説を掲載し話題になったことは記憶に新しい。この掌編にはのっけから「LINE(以下ライン)」が登場する。主人公の「千晶」なる女性が、独白形式の視点で吐露するのだが、要するに「瑛太」なる恋人にラインでメッセージを3回送っても既読にならないから、それは無視である云々という「一方的最後通牒」ではじまる。が、自分の方は方とて学生団体「SEALDs」に参加してそのグループの「同志男性」を好いてしまったので、「瑛太」は自分にとって最早無意味であり過去人である。そして兎に角「戦争法案」はよろしくない、という内容の小品であった。

 私は瀬戸内寂聴氏を好きでも嫌いでもないが、この掌編を「若者の感性」などという文脈の中で肯定的に紹介している紹介文を観て吐瀉しそうになった。
「ラインでメッセージを3回送っていつまでたっても既読にならない事象」というのは、それは「無視」ではなく「ブロック」ではないか、という疑問はさておき、なんかとりあえずラインを出しとけば若者風だよね、という著者の安直な作劇に無批判に迎合しているのが何とも精神的に怠惰だと思う。

「ラインを出しておけばとりあえず若者風だよね」という感性は「『カノッサの屈辱』を見ていればとりあえず当世チャラ目のインテリっぽいよね」というバブル時代のノリに似ていてとても「老人臭い」。繰り返すように私は瀬戸内氏を批判しているのではなく、それを批判しない人間を批判しているのだ。ライン、ラインといえば言うほど老人のにおいがする。

 ちなみに当世青年リア充はラインと併用して”インスタグラム”なるものを使って「今日食ったディナー」とか「◯◯ちゃん家でのホームパーティー」だのの写真をこれみよがしにアップロードしているそうだが、こちらについては私がやったことがないので論評しようがない。