神田敏晶(ITジャーナリスト)

ベッキーはLINEのCMキャラクターだった


 2011年6月、今から5年前のことだ。LINEが登場した時の最初のCMキャラクターは、あのベッキーだった。

 「無料通話、無料メール」という触れ込みで、ベッキーがLINEをしながら、泣いたり、笑ったりするというコマーシャルでLINEのマーケティングはスタートした。通常ハイテク業界のマーケティングは、パソコンに詳しいギーク層からブームが伝承され、一般に普及するという潮流にあったにもかかわらず、LINEは、最初からテレビCMというコミュニケーションで、今までのパソコンやインターネットに詳しくない層に一気にリーチされた。

日本最大のコミュニケーションインフラ


 3カ月後の2011年9月には100万ダウンロードという快挙を成し遂げた。しかし、そのさらに3カ月後には10倍もの1000万ダウンロードという脅威の成長ぶりを見せたのだ。その後、2013年には1億人を超え、2014年には、世界で5.6億人を超えた。LINEは、韓国資本のNHNの日本法人であるが、韓国で流行していた「カカオトーク」のようなものを日本のユーザー向けに日本支社で独自に開発したものだった。そして、何よりもLINEをブレイクさせたのは、「スタンプ」であった。無料でプレゼントされる公式のスタンプはあっという間に日本のスタンプにおけるコミュニケーション文化を築いたのだ。キャラクターによる感情表現、有料で購買できるユニークなスタンプ。顔文字だけのそっけないコミュニケーションから多彩な表現がスタンプで一気に可能となった。文字ベースの感情表現の不足部分をスタンプが見事に補完したのであった。

バンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音とのスキャンダルについて会見に臨むベッキー=東京・新宿区
バンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音とのスキャンダルについて会見に臨むベッキー=東京・新宿区
 一番反応したのは女性であり、若年層であった。世界は、ソーシャルネットワークサービスが席巻していたが、ごく限られたクローズドな仲間だけで構成されるLINEの世界は、24時間オープンの「OL給湯室」となった。また、学校の放課後のおしゃべりも24時間365日可能となった。

 2015年末には、月間アクティブユーザー数(MAU)で約2億1500万人となった。

 国内利用者数は5200万人以上であり、そのうち毎日利用するユーザーは約3400万人、日本の人口の40%以上をカバーし、日本国内のアクティブユーザー率が63%という、まさにコミュニケーションの一大インフラへと成長している。もう一度言うが、その期間はたったの5年なのだ。iPhoneというスマートフォンの米国デビューも2007年で9年前のことだった。しかし、この9年間で世界中のコミュニケーションは大きく変革した。ありとあらゆるものがスマートフォンの中に統合化されていった。しかし、スマートフォンから新たに生み出されたものも多くなった。LINEは単に「メッセンジャーアプリ」とはいえないコミュニケーションのインフラとなり、もはやテレビやPCよりも、そして紙媒体よりも愛されているメディアといってもいいほどの浸透ぶりだ。

 さらに2013年7月に開始したLINEニュースは、月間アクティブユーザー数(MAU)が、2,200万人に及んだ。
http://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2016/1202

 コミュニケーションツールでありながらも、同時にニュースも得られるツールとなった。他にもたくさんのサービスが日々追加されている。それと同時に、トレードオフの関係で「事件」も「犯罪」も発生している。