LINE上でママ友から陰湿ないじめを受け、同じ小学校の2人の母親が自ら命を絶つという栃木県佐野市で起きた衝撃的な“事件”から2か月が経った。

 「ママ友問題」には多くの芸能人が関心を寄せる。1年前、ママ友たちとのトラブルをブログで告白し騒動となった江角マキコ(48才)もその1人だ。

 「江角さんは栃木のニュースが報じられて以来、ずっと気にしているようです。彼女は“ママ友いじめの最大の被害者は子供”だと言っています。“ママ友同士のLINEは子供に無関係ではいられない。スマホを見た母親の表情が曇ると子供はすぐに気づくし、子供に大きな影響を与えることに親は気づくべき”と話していました」(江角を知る芸能関係者)
無料通信アプリ「LINE(ライン)」のアイコン
無料通信アプリ「LINE(ライン)」のアイコン

 『女性セブン』には「私もママ友との関係に悩んでいる」という電話が多数届き続けている。とくにLINEやSNSは「学校行事やPTA、塾などの情報交換には便利だが、相手との距離が近くなりすぎて、軋轢が生じやすい」(教育評論家の松本肇氏)傾向があり、大きなトラブルのもととなる。

 LINEのママ友6人グループのメンバーである30代主婦が言う。

「本当の仲良しは5人で、残り1人は嫌われています。その5人で別の“裏LINEグループ”を作って、建前と本音を使い分けてるんです。表LINEで『今日は素敵なお洋服ね』と褒めても、裏LINEでは『胸開きすぎ。そんなに男の目を引きたいのか』と毒を吐く。いつか自分も裏LINEからはじかれるのではないかと怖くて、つい調子を合わせているうちに、どんどん内容もエスカレートして…もう抜けられないんです」

 実際にいじめ被害を受けたというママは深刻だ。

 「一度、自分の子供と一緒に遊んでいるお子さんの顔をボカさないで、ジオタグ(位置情報)込みでSNSにアップしてしまったんです。それ以来、ママ友グループのLINEで私が発言するたびに活発なやりとりがピタッと止まり、発言スルーが繰り返されるようになりました。普段直接会うと挨拶はしてくれますが、いくらメッセージを送ってもLINEでは完全無視。どうすればいいのかわかりません」(40代パートママ)

 20代後半の事務員ママは「意識高い系」の“ボスママ”に睨まれた。

 「30代前半のママが保育園の同じクラスの母親に声をかけ全員がLINEメンバーに。このママは 母親対象の食育や子育ての勉強会を主催し、何度も案内が送られてきました」

 案内状に返事を出し忘れたことがきっかけで子供もいじめの対象になった。

 「知らないうちに別のママ友LINEグループが結成されて、私は見事に外されていました。そのグループでは“あの母親の教育では子供もレベルが低い。子供同士もつきあわせないほうがいい”といわれているそうです。私はまだしも、子供まで…」(事務員ママ)

関連記事