平山優(歴史家・大河ドラマ「真田丸」時代考証)

撮影も開始され、にわかに話題に上り始めている2016年の大河ドラマ「真田丸」。主人公の真田信繁(幸村)は戦国随一の人気を誇る武将だが、彼の祖父と父もまた、上杉謙信や武田信玄が一目置く武将であった。真田幸隆と、昌幸。この父子抜きにして、信繁を語ることはできない。「真田丸」時代考証が語る、父子の魅力とは。

真田氏への評価は「過小」!?


 真田信繁(幸村)をはじめとする戦国時代の信州真田氏といえば、綺羅星の如く居並ぶ戦国武将の中でも、1、2を争う人気を誇ります。しかし、その一方で「真田の活躍の多くは『伝説』に過ぎず、過大評価されているのではないか」という声を耳にすることも少なくありません。
真田氏の居城・上田城
真田氏の居城・上田城
 しかし、私は2つの点で、そうした論調とは異なる考えを抱いています。

 まず、真田氏の活躍は「伝説」に拠るところが多いと捉えられがちですが、彼らは決して史料に乏しい一族ではありません。

 真田氏は、独立大名となる前は数カ村単位で地域を支配する「国衆」と呼ばれる存在でした。実は、戦国の国衆の中で圧倒的に史料が残っているのが真田氏であり、むしろ「恵まれている」と言えます。後述しますが、それは信繁の祖父と父にあたる真田幸綱(幸隆)・昌幸父子が、武田信玄・勝頼の右腕として活躍したことと無関係ではないでしょう。

 そしてもう1つ、真田氏に対する評価は決して「過大」ではありません。

 かく言う私も当初は、実力・実績以上の評価を受けているイメージを抱いていました。しかし、研究を進める過程で、たとえば昌幸がいわゆる「天正壬午の乱」で、北条氏、徳川氏、上杉氏という錚々たる大大名と渡り合った姿に一次史料で触れ、過大評価どころか、むしろ過小評価されているのではないか……。そう考えるようにすらなりました。

 ゼロから出発しながらも、智謀を武器に戦国の荒波を潜り抜け、これほどドラマティックに乱世を歩んだ一族は、真田氏を置いて他に存在しません。そして、最初の一歩を踏み出し、文字通り真田躍進の礎を築いたのが幸綱であり、その跡を継ぎ、独立大名としての地位を築いたのが昌幸でした。

 真田氏の中では、昌幸の息子で、来年の大河ドラマの主役でもある信繁にばかり目を向けられがちですが、その祖父と父の存在に触れずして信繁を語ることはできません――。

「謎」の多い真田氏のルーツ


 戦国以前の真田氏については、その発祥は上野国(群馬県)であるという説が一部から提起されるなど、今も多くの謎に包まれています。

 清和天皇の子孫を称する名族・滋野一族の海野氏の嫡流ともされますが、近年の研究では完全なる脚色と考えられています。恐らくは真田氏が自称したのでしょうが、これは滋野姓海野氏を名乗ることが豪族を束ねる上で効果的であったからで、当時においては珍しいことではありません。

 そんな一族が歴史の表舞台に登場したのが、真田弾正忠幸綱の代でした。

 幸綱の誕生は永正10年(1513)ですが、諱(実名)がよく問題にされます。幸綱は、一般的には「幸隆」の名で知られます。確かに、江戸幕府が編纂し、幸綱の孫・信之健在の時代に成立した『寛永諸家系図伝』にも「幸隆」と記録されています。

 しかし、一次史料を追うと、壮年期まで「幸隆」と記されたものは皆無です。様々な史料を照らし合わせれば、幸綱は出家を契機として「幸隆」に改名したと考えるのが自然であり、ならば読み方は「こうりゅう」ではないか……。以上が、現時点での私の考えです。