【探訪日本の名城 濱口和久】

 上田城が歴史の表舞台に初めて登場するのは、天正13(1585)年、上野国沼田(現在の群馬県沼田市)の領有をめぐり真田昌幸(まさゆき)が徳川家康と衝突した第1次上田合戦の時だ。

 上田城に籠城する真田軍は昌幸以下兵2000人、一方、徳川軍は兵7000人で上田城を包囲した。3倍の兵力を擁する徳川軍の勝利は火を見るより明らかであった。

 しかし、徳川軍は1300人にも及ぶ死傷者を出し大敗北を喫したのである。対する真田軍の死傷者は40人程度だったと真田方の記録に残されている。この合戦で徳川軍を破った昌幸の知謀は、近隣に留まらず全国へと鳴り響いた。

 昌幸が天正11(1583)年に築城した上田城は、南側を千曲川支流の尼ケ淵の崖に守られ、北側と西側にかけては矢出沢川を引き込み天然の外濠とした。比較的攻めやすいと見える東側にも蛭沢川や湿地帯があり、天然の要害であった。
上田城。江戸時代から残る西櫓
上田城。江戸時代から残る西櫓
 第1次上田合戦から15年後の慶長5(1600)年9月、再び上田城に危機が訪れる。関ケ原の合戦に向かう徳川秀忠率いる徳川軍3万8000人との衝突(第2次上田合戦)である。

 秀忠は、豊臣方(西軍)に属し兵3000人で上田城に籠城する昌幸・幸村父子に降伏を勧告するが、父子は拒否した。逆に「十分に準備ができたので一合戦つかまつろう」と徳川軍に宣戦布告をする。秀忠の怒りは頂点に達し、徳川軍は直ちに総攻撃したが、上田城の堅い防備と真田軍の強さは秀忠の予想をはるかに上回るものであった。

 かつて第1次上田合戦で昌幸に散々煮え湯を飲まされた徳川軍には、悪夢の再来となった。その惨状は目を覆うもので、徳川家公式文書『烈祖成蹟(れっそせいせき)』にさえ「我が軍大いに破れ、死傷算なし」と記されているほどだ。

 徳川軍は上田城を落せずいたずらに日を過ごし6日間も足止めをくらい、秀忠は関ケ原の合戦に間に合わず、家康から叱責を受ける。関ケ原後、上田城は家康によって徹底的に破壊され、昌幸・幸村父子は紀伊国(現在の和歌山県と三重県南部一帯)九度山に配流となる。

 「真武内伝(しんぶないでん)」をはじめ江戸期に成立した戦記物によれば、家康は大坂冬の陣において真田が大坂城に入城した知らせを受けると、思わず立ち上がり、体を震わせながら「父か子か」と尋ね、子の幸村と聞いて、ほっと胸をなで下ろしたという。家康にとって、2度も徳川軍を退けた上田城の攻防は、トラウマだったことを物語っている。

 天下人・家康をも恐怖にさらした上田城は、戦国大名として生き抜くための昌幸の知謀が結集された城だったのである。

 平成19(2007)年12月14日放送のBS熱中夜話(日本の城 前編)「お城ファンが選んだ 好きな城ベスト10」では、堂々の1位に選ばれている。

 【所在地】長野県上田市二の丸【城地の種類】平城【交通アクセス】JR長野新幹線・しなの鉄道「上田駅」から徒歩10分。



 はまぐち・かずひさ 1968年、熊本県生まれ。防衛大学校卒業。陸上自衛隊、舛添政治経済研究所、栃木市首席政策監などを経て、現在、拓殖大学客員教授、国際地政学研究所研究員。日本の城郭についての論文多数。