小宮信夫(立正大学文学部教授)

 神戸連続児童殺傷事件(酒鬼薔薇事件)の加害男性(元少年A)が世間を騒がしている。手記「絶歌」の出版、自身のホームページの開設、週刊誌のスクープと続いたからだ。猟奇的犯罪を再び犯すのではないかという不安も生まれている。そこで以下では、犯罪学者の視点から、元少年Aの再犯の可能性と少年法の更生システムの問題点について考えてみたい。

殺人の原因と再犯の可能性


 神戸家裁の少年審判では、性的サディズムが殺人の原因だったと認定された。これは、通常であれば、女性の身体的特徴(視覚的刺激)によって起こる性的興奮が、相手に苦痛を与えることで起こる性的嗜好である。
神戸連続児童殺傷事件、土師淳君の頭部が見つかった友が丘中学の現場を視察する佐藤英彦・警察庁刑事局長ら=1997年6月1日
神戸連続児童殺傷事件、土師淳君の頭部が見つかった友が丘中学の現場を視察する佐藤英彦・警察庁刑事局長ら=1997年6月1日
 この認定に基づき、医療少年院では性的サディズムの解消に向けた治療プログラムが行われた。そのかいがあって、少年Aは女性に関心を示すようになったという。治療効果が確認できたので、少年Aは少年院を退院していく。

 もっとも、性的サディズム自体は合意があれば犯罪にはならないので、少年Aの場合は、それがエスカレートし、人を殺したり遺体を損壊したりすることで性的満足を得る「快楽殺人」に至った点も忘れてはならない。

 エスカレートさせた要素は、単なるキレやすい性格なのか、あるいは殺人さえも表現形態とみなす自己顕示欲なのか。いずれにしても、性的サディズムが解消されたとしても、そうした要素が減退していない限り、再犯の心配がないとは言えない。

 元少年Aのホームページには、難解な絵が多数掲載されている。この絵を見たとき、FBI(米司法省連邦捜査局)を訪問したときのことを思い出した。FBIの行動科学課は、プロファイリングを開発したことで有名だが、その一角に、連続殺人犯が描いた絵や彼らが書いた手紙を集めた「邪悪心研究博物館」がある。そこで見せてもらった絵も、不気味なものばかりだった。元少年Aの絵とは明らかに違うと言えればいいのだが、そう言い切る自信はない。

 このように、人々の不安をかき立てることが続くと、必ず少年法がクローズアップされる。厳罰で臨むべきだとか、適用年齢を引き下げるべきだといった議論だ。しかし、こうした改正は少年犯罪の抑止力にはならない。なぜなら、犯罪をする瞬間は「絶対に捕まらない」と思っているからだ。逆に言えば、「捕まるかもしれない」「捕まったらどうしよう」と思う人は、犯罪はしないのである。

少年法の根拠とその揺らぎ


 そもそも、少年法のルーツはアメリカの「犯罪原因論」にさかのぼる。犯罪原因論は、生物学的原因、心理学的原因、あるいは社会学的原因を取り除くことによって、犯罪を防止できると考える立場だ。しかし20世紀後半、犯罪原因論に有効性と有害性の両面から厳しい批判が向けられた。

 有効性を否定する論調に大きな影響を与えたのが、ニューヨーク市立大学のロバート・マーティンソンが1974年に、「これまでに報告されている更生の取り組みは、再犯に対して目に見える効果を上げていない」と発表した論文だ。

 この「何をやっても駄目」(Nothing works)と考える立場は、要するに、犯罪の原因を特定することは困難であり、仮に特定できたとしてもその原因を取り除くことは一層困難である、ということを根拠としている。

 更生プログラムに再犯防止の効果が期待できないとなると、刑罰の存在意義が疑われることになる。その結果、「犯罪が行われないように罰する」という未来指向の見方(功利主義的刑罰観)から、「当然の報い」(Just Deserts)として「犯罪が行われたから罰する」という過去指向の見方(応報主義的刑罰観)へと、刑罰の位置づけが変わった。