碓井真史(新潟青陵大学大学院教授)

 神戸児童連続殺傷事件の元少年Aに出したメールに、返信が来ました。彼の更新されたホームページ内での返信です。

犯罪によって利益を得ることは、道義的に許されません。被害者は保護されるべきです。同時に、彼の更生には支援が必要です。


元少年Aとのコミュニケーション


 神戸連続児童殺傷事件の「元少年A」。彼の著作「絶歌」と彼のホームページ「存在の耐えられない透明さ」を読み、9月10日に彼にメールを出していました。その返信がありました。私個人へのメール返信ではなく、10月12日に更新されたサイトに返事が載っていました。


元少年Aに出したメール


先月9月10日。次の内容のメールを元少年Aに出していました。

「存在の絶えられない透明さ」ウェブマスター 様

はじめまして。私は、新潟青陵大学にて心理学を担当しております碓井真史と申します。

貴サイトに関しまして、マスメディアの方からの取材を受けた関係で、一般の人より一足早く、サイトとメールアドレスを知りました。

ご著書とホームページを拝読いたしました。

ご著書の出版に関しましては、様々な意見があります。出版に関しては、私も問題を感じざるを得ません。しかし同時に、ご著書を拝読し、心震える思いを持ったこともまた事実です。教育や少年司法に関わる人々には、ぜひ読んでもらいたいと感じました。

ホームページも、興味深く拝見いたしました。インターネットは、たしかに自由な表現の場としては、良いものだと思います。

「ギャラリー」にある、昆虫のようなものが、祈っているように見える絵が、私は気になりました。なめくじは、あなた自身の象徴なのでしょうか。メイキングは、普通の人にとってはかなり気持ちの悪い画像でしょう。

「レビュー」を拝見し、私も「ひげよ、さらば」をアマゾンで注文しました。「NIGHT HEAD」は、私も当時テレビで見ていて、とても印象的なドラマでした。

佐川一政さんに関するコメントも、納得させるものがあります。

さて、ホームページとメールアドレスを公開すれば、様々な意見が寄せられるでしょう。批判的な意見が来ることもご覚悟の上かと存じます。

犯してしまった犯罪事実は消えませんが、法的にはすでに終わっています。どうぞ、今後とも心穏やかに、そして優れた表現者としてご活躍されますことを、お祈りしております。

新潟青陵大学 碓井真史(うすいまふみ)


元少年Aからの返信


 元少年Aからの返信は、「存在の絶えられない透明さ」の「告知」→「元少年Aの “Q & 少年A”」に掲載されていました。

 昨日10月12日にアップされたようですが、私は先ほどマスメディアの方から連絡をもらって、初めて知りました。
(補足10/15:現在このページにはアクセスできなくなっています。「元少年Aの有料ブロマガが「閲覧不能」に…運営元が凍結か」)

 返信の内容は次のようなものです。

 「~『彼は彼なりに深く反省し後悔していると思います。』『犯行当時の彼とは違い、今は人の優しさも彼なりに感じ取れるようになっているようです。』と書いてくださっていたことが印象的でした。普通、こういった行動を取れば「ほら見ろ、あいつは全然治っていないし、反省もしていない」という、判で押したような意見しか出ないものと思っていたのですが、碓井さんは人間全般への理解が他の人たちよりも一段深い方なのだなと、素直に感動したものです。」

 「それにしても、「真史(まふみ)」ってユニセックスで美しい名前ですね。ご両親のネーミングセンスが素晴らしいです。」


 このほかに、彼が感想を書いていた『ひげよ、さらば』に関しての話題や、人間の心の複雑さなどについての話題がありました。

 彼の本の出版も、ホームページの開設も、「元少年Aの “Q & 少年A”」というコーナー名も、被害者ご遺族の心情を逆なでするようなものだと思います。彼の過去の犯罪行為自体、ほんのわずかも認めることはできません。

 しかし、その上で、あえて誤解を恐れずに正直な気持ちを言うならば、私は彼からの返信を読んで、「好感」を持ちました。このようなメールのやり取りをすれば、その人と友人になりたいと思うほどです。もちろん、ほめられているといった単純な理由ではありません。歯の浮くようなお世辞を言われても、少しもうれしくありませんから。

 彼は元凶悪犯罪者であり、またある意味とても注目されている有名人ですが、だからと言って不自然な虚勢や自己卑下がなく、まるで青年からもらったメールのようなナチュラルな印象を受けました。そこが好印象につながっているのかと思います。
(もちろんその自然さが、無反省だという世間からの怒りにもつながるのでしょうが)

 彼は、別の人からのメールにも返信しています。あるメールには次のようにありました。

 「罪がこれから先も消えることはない。」「罪を一生背負って生きていくことを要求する。反省のなかで、自殺したところで、多くの人々及び、被害者遺族がご自身を許すはずがない」。

 このメールに対しては、たった一言、「“禿同”です。」(激しく同意です)との返信がありました。