水島宏明(法大社会学部教授)
 
 最近、テレビの「ニュース番組」で“週刊誌”のパクリの内容のニュースが目立つようになった。
 
 しかも恥ずかし気もなく、定時ニュースで堂々と放送する。

 でも、そのニュース、ちゃんと自分の会社で事実関係を確認したものかどうかあやしい。

 自分の会社で「ウラを取っていない」ニュースは放送してはいけない。新聞なら記事にしてはいけない。

 それはテレビや新聞の記者たちにとって仕事の大原則だったはず。

 テレビ局でも新聞社でも「記者」になったら、必ず先輩から教わる鉄則なのだ。

 「ウラは取ったか?」

 「自社でウラを取れ!」

 つまり、どんなニュースも、ニュースとしてそのテレビ局や新聞社が「報道」する以上、必ず「事実かどうか」を確認し、それが1つのニュース源だけでなく、複数のニュース源から「間違いなく、事実」という場合に、初めて「ウラを取った」という状態になって報道できるようになる、という原則だ。

 だから、どこの社でも新米の記者は「ウラは取ったか?」「間違いないか?」を先輩たちから何度も確認された上で、どんなニュースでも「ウラ取り=事実確認」をしていく作業を重ねていく。
 さて、こうして訓練された末に今は現場を離れて大学教員として報道のあり方を見つめている私が、「ありえない!」と目を疑ったニュースが最近あった。

 2月9日のフジテレビの朝、昼、夕方、深夜の定時ニュース番組だ。

 そのうち昼の「FNNスピーク」の内容は以下のようなものだった。

 男性議員として初めての育児休暇取得を公言していた自民党の宮崎謙介衆議院議員(当時)が妻の出産入院中に地元京都の自宅で女性タレントと不倫していた疑惑があるとこの日の「スポーツニッポン」が報じことを伝えた。フジテレビはこの朝、宮崎議員が車に乗り込む直前に直撃し、逃げるように去り際に本人が「お騒がせして申し訳ない。事実関係は改めて説明する」とコメントした言葉を字幕タイトルにしてニュース番組の一項目にして放送した。


フジ『FNNスピーク』タイトル「自民・宮崎議員に“不倫疑惑” 『お騒がせ して申し訳ない』」(2月9日)

アナウンサーが「宮崎議員はFNNに対して『お騒がせして申し訳ない。事実関係は改めて説明する』 と述べました」という原稿を読み上げた。

(スタジオ・アナ読み)

「男性国会議員として初めて育児休暇を取得する意向を示していた自民党の宮崎謙介衆議院議員は今日、一部報道で不倫疑惑を報じられたことに対して、FNNの取材に『お騒がせして申し訳ない』と謝罪しました。

(VTR)

(ビルから歩いて外に出てきた宮崎議員に対して、カメラと記者が近づいて)

記者「一部報道で不倫疑惑が報道されていますが・・・」

宮崎謙介衆議院議員「お騒がせて申し訳ございません」

記者「事実関係については?」

宮崎議員「また説明します」

(車に乗り込んでいく姿)

(当日のスポーツニッポンの紙面)

アナ読みの原稿「これは今日の『スポーツニッポン』が宮崎議員が女性を地元の京都の自宅に連れ込むなど不倫疑惑を報じたもので、

(ビルから歩いて外に出てきた宮崎議員=冒頭と同じ映像)

宮崎議員は今日午前、FNNの取材に対して、

『お騒がせして申し訳ない、事実関係は改めて説明する』と述べました。

宮崎議員は周辺に対して女性との不適切な関係を認めているということです。

(去年の結婚当時の映像)

宮崎議員は去年2月、同じ自民党の金子恵美衆議院議員と結婚し、先週、第一子が誕生したばかりで、男性の育児休暇を促すために男性国会議員として初めて育児休暇を取得する意向を示していました」

 というものだった。

 つまり、不倫疑惑の主な内容は「スポーツニッポン」の記事に依拠した内容だった。実はこの「スポーツニッポン」の記事は「週刊文春」が今週発売の号でこの問題を書くと記した記事でニュースソースの大元は「週刊文春」。それを伝聞で書いたスポニチの記事だった。
このニュースを見た時に私が思った疑問は「フジテレビは独自にウラを取ったのだろうか? もし取ってなければ他のメディアのパクリではないか?」というものだった。宮崎議員の「不倫」の事実についてウラを取った、というのであれば、他のメディアを引用せずに「宮埼議員が不倫していたことがFNNの取材でわかりました」と堂々とニュースにすればいい。それをやらなかったのは本当に自社でウラを取ったのかどうかあやしい。

 想像するにフジテレビ報道局としては、ニュース原稿の「宮崎議員は周辺に対して女性との不適切な関係を認めているということです」が、自分の社で取材した内容でウラを取ったのだ、というかもしれない。しかし「周辺」という不明確な表現は「関係者」というのと同じで、一般的にかなり根拠としては薄弱なものである。「党の幹部」でも「派閥の幹部」でもない。これはテレビニュースの原稿の書き方としても根拠を明言できない、かなりいい加減な部類の原稿の書き方だということができる。

 フジテレビはこの「FNNスピーク」の他にも朝の「めざましテレビ」のニュースコーナー、夕方の「みんなのニュース」、深夜の「あしたのニュース」とニュースのたびに同様のニュースを繰り返した。