いかに有能であっても、活かせる環境にいなければ宝の持ち腐れで終わってしまう。無能な上司が優秀な部下の才能を殺してしまうことが少なくないし、部下の側で言えば、上司の能力や将来性を見極めることが重要。戦国の世で、有能な上司を見極めることで出世した典型例が脇坂安治である。

 羽柴秀吉の家臣となった安治は、若い頃から勇猛でならし、戦場で大いに武功を挙げた。賤ヶ岳(しずがたけ)の戦いで「七本槍」のひとりに数えられて活躍。戦功で山城国に3000石を与えられると小牧・長久手の戦いでも伊賀上野城を攻略する大手柄により、所領は淡路洲本3万石に。16歳で秀吉に召し抱えられた時はわずか3石だったというから、年収「1万倍」の大出世である。

 安治は秀吉を「天下人」であると心から信じて身を捧げた。伊賀上野城攻めでは、母親を人質に差し出して敵を油断させて討ち取るという際どい作戦を見せている。肉親を危険にさらしてでも秀吉の忠義に尽くした。そんな安治の忠誠心が本物であると見抜き、秀吉は大いに目をかけたのだ。単なる御機嫌取りであればこうはいかなかったろう。
イラスト・奈日恵太
イラスト・奈日恵太
 だが、秀吉の死によって運命が暗転する。安治の秀吉への忠義は本物であったが、それは秀吉を天下人と見定めたがゆえだった。そして秀吉亡き後、安治が次の天下人にふさわしいと感じたのは徳川家康だった。

 しかし、関ヶ原の戦いに際しては三成らに取り込まれる形で、不本意ながら西軍に参加する。それでも事前に寝返りを決意していた安治は、小早川秀秋の裏切りに乗じて東軍に呼応。ただし、他の寝返り武将とは異なり、事前に立場を明確にしていたことから、家康から戦後も所領を安堵されている。

 秀吉が寵愛した秀頼には槍を向けられなかったのか、大坂の陣には参戦しなかった。豊臣家に対する恩義を忘れられなかったからだろう。その後は家督を次男の安元に譲って隠居し、出家して73歳で亡くなるまで京都に住んだ。

 関ヶ原で東軍に参加できなかったのは大ピンチだったが、土壇場で寝返りを決断したことが彼の身を助けた。単なる勝ち馬に乗ったのでなく、日和見をせずに事前に態度を決めていたことが決め手となったのだ。

 敏感に時流をキャッチし、有能な上司を見極めることができたからこそ、彼は生き延びた。いわば、2代目社長の将来性に不安を持ち、ライバル社の引き抜きに応じたことで、人生の成功者となった…。結果論で見れば単純な図式だが、渦中にいる当人にとっては決して簡単なことではなかったはずだ。
(渡辺敏樹/原案・エクスナレッジ)